美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.11.14
Loading

その姿勢、NGかも!デスクワークの正しい座り方について◎

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    70
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
その姿勢、NGかも!デスクワークの正しい座り方について◎

長時間のデスクワークをする場合、座り方が悪いと疲れてしまいますし、集中力が続かず仕事の効率も下がってしまうでしょう。そこで、正しい姿勢で座ってデスクワークをするためのポイントとして、坐骨を意識して座る、肘を上手く使う、机やいすの高さを調節するという3点についてご紹介します。

坐骨を意識して座面に深く座る

24-2

正しい姿勢で座ることによって疲れることなく長時間のデスクワークができるようになります。疲れなければ集中力が保てますし、肩こりや頭痛、腰痛といった症状が出にくくなることにもつながります。

正しい姿勢で座るためのポイントは坐骨の使い方にあります。坐骨で座る意識を持つことが大切です。

座骨で座る正しい座り方とは

それでは早速坐骨を意識した正しい座り方を見ていきましょう。

①まず両手を座面に置いて手の上に座ってみる。

座ってみてお尻の骨が手に当たる感覚があれば、坐骨がいすに正しく接している証拠です。その感覚を確認したあとで手を外し、座面に坐骨があたるようにして深く座ります。

②背中が丸くならないように意識する。

座面に坐骨が当たったら、背中が丸くならないように骨盤をしっかり立てることも大切です。

③座骨上に方と頭があるイメージをする。

最終的には、坐骨の上に肩と頭がある状態を意識します。イメージとしては、肩の中央と耳の穴が坐骨の真上にある状態が理想的な姿勢です。この姿勢がとれれば背筋も伸び、長時間のデスクワークでも疲れずに仕事ができるようになるはずです。

肘は90度以上を意識する!

Fotolia_120738322_Subscription_Monthly_M

坐骨を意識して正しい姿勢で座ることが長時間のデスクワークに良いということがわかっていても、いざ試してみると上手くいかないという人も多いでしょう。正しい姿勢をとることに慣れていないと、正しい姿勢を長時間キープすることが大変なのです。

正しい姿勢を意識して座っていればそのうち慣れて、姿勢をキープすることが自然にできるようになるのが一般的ですが、どうしても正しい姿勢がキープできないという人は、肘を上手く使って姿勢を保つことをおすすめします。

座っている間は、肘を90度に保つようにしましょう。パソコン画面や机の上の書類などを見る場合は、肘かけがあればその上に肘を置いていることが多いはずですが、そのときも肘が90度になっていると、正しい姿勢を保ちやすいでしょう。
パソコンで作業をするときも、肘を90度に保つ意識を持つと、自然に背筋が伸びて、疲れずに作業ができるようになるはずです。

正しい姿勢は、本来は楽に感じるものです。慣れるまでは意識が必要ですが、続けることによって、気がつくと正しい姿勢がとれるようになっているでしょう。

机やいすの高さを正しく調節する

The office chair from black leather and fabric. Isolated

正しい姿勢を保つためには、机やいすの高さを正しく調整することも大切です。いすの高さが合っていないと、床に対する足の角度が悪くなってしまいます。
低すぎると足を投げ出す形になり、姿勢は反り返ってしまうでしょう。
高すぎれば足をつけると膝が坐骨よりも高くなってしまい、前かがみにならないと安定しない姿勢になってしまいます。

坐骨を意識して座ったときに、一番楽に背筋を伸ばせる高さにいすを調整することが大切です。
また、机の高さの調節も重要です。机が低すぎると、作業するときにどうしても前かがみになってしまいます。肘の角度が90度になる高さに合わせることがポイントです。

正しい姿勢で姿勢美人に♡

どんなに美人でも猫背であごを突き出したような座り方では、その美貌もかすんでしまいますよね。キレイなメイクやヘアスタイルも大切ですが、姿勢も同じくらい大切だということを忘れずに意識しましょう!

また、正しい姿勢は、机やいすの高さを調整しなければとることができないということを忘れずに。正しい姿勢をとってデスクワークをすることで、健康と効率的な作業を手に入れましょう!

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
その姿勢、NGかも!デスクワークの正しい座り方について◎

この記事が気に入ったら
いいね! しよう