美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

脱毛なんでも○○ってみた
2016.03.17
Loading

ボタニカル女子必見!ムダ毛処理後に使えるオーガニック化粧水を自作してみた

編集部
オススメ度
  • 美容

    100
  • お役立ち

    60
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
ボタニカル女子必見!ムダ毛処理後に使えるオーガニック化粧水を自作してみた

ボタニカルとは「植物の」という意味。2015年にボタニカル柄が流行してから、そのブームは未だに継続中です。服だけにとどまらず、スキンケアにも植物を取り入れるようになりました。植物由来の成分のみを配合した化粧品、ボタニカルコスメは天然由来であることからお肌に優しいと大人気。そこで今回はそのボタニカルコスメについて詳しく紹介していきます。

2016年もボタニカルブーム!肌に良いメリットとは

shutterstock_287683664 copy

ボタニカルの意味からも分かる通り、ボタニカルコスメは植物由来成分を使用したコスメなので、肌に優しいのが特徴。自然由来といえばオーガニックコスメを思い浮かべる方も多いと思いますが、ボタニカルコスメは単純に植物由来、オーガニックコスメは化学肥料などの化学成分を使用していない植物由来なので、オーガニックボタニカルコスメだと尚良いということになります。
♡オーガニックコスメについて詳しくはこちら

肌にオススメの植物由来成分

ボタニカルコスメの中でも保湿ができて、美肌に効果的な植物由来成分は大人気。
植物由来成分のひとつである「植物オイル」は高い抗酸化力が特徴。高い抗酸化力をもつ成分を肌に塗布すると、紫外線によるシミやシワから肌を守り、健康的な肌に導いてくれます。

また植物オイルはミネラルオイルよりも分子が小さいため、より肌に浸透しやすいです。ですから、ミネラルオイルよりも高い保湿効果を期待できます。

以下におすすめの植物由来成分とオイルを紹介します。これからボタニカルコスメを購入の際に是非成分を見てみてくださいね。

oilkouka

オイルを使ってボタニカルローションを作ってみた!

kansei

そこで今回、Kenasiii編集部は植物オイルを使ってボタニカルコスメを実際に作ってみました!材料はすべて薬局やネットで購入でき、簡単に作れます。
今回作るのは、ムダ毛処理後の保湿ローションなので、保湿重視。セラミドとグリセリンの両方を入れ、高保湿ローションを作ります。

用意したもの

・精製水 40ml (ローズウォーター)
・セラミド 5ml
・グリセリン5ml
・フレグランスオイル 1滴
・アルガンオイル 2滴
・消毒済みのガラス容器(50ml容器)
プラスチック容器でも構いませんが、煮沸消毒ができるガラス容器にしました。

3分で完成!ボタニカル化粧水を作る手順

材料や容器が準備できたら、さっそくボタニカルローション作りに取り掛かります!

① 容器に精製水を入れる

seiseisui

精製水は化粧水のベースとなるもの。今回はよりボタニカルを追求し、天然のローズウォーターを使用しました。

② 高保湿化粧水の要!セラミドを入れる

セラミドは水分をキープする働きがあり高い保湿力があります。トロトロしているので少し入れにくかったですが、保湿に重要な成分なので、しっかり入れていきます。

③ 多く入れるとしっとりとした使用感!グリセリンを入れる

guriserin

グリセリンも保湿成分。セラミドより保湿力は劣りますが、多く入れるほどしっとりとした使用感に。
グリセリンを入れると一番下に沈殿しました。まだ全体的に透明で、香りもローズウォーターのローズの香りが残っている状態です。

④ アルガンオイルを入れる

arganoil

アルガンオイルはキメの細かい肌に導いてくれる美容オイル。オレイン酸を多く含むので、オレイン酸不足で起こるインナードライのニキビ肌の人におすすめです。これも2,3滴入れていきます。

⑤ 化粧水の香りづけにフレグランスオイルを1滴

oil

今回はレモンのフレグランスオイルを使用しました。これは化粧水の香りづけなので、好みに合わせてレモンにしました!入れすぎると化粧水が肌に浸透しにくくなったり、べたついたりしてしまう可能性あるので、1滴にしました。

⑥ 30回が目安!容器をしっかり振る

huru

すべての材料を入れたら容器にフタをしてしっかりと振ります。しっかり混ぜないとオイルなどの油分と、水分が分離してしまうので30回を目安にしっかり振っていきます。

よく浸透してつけ心地バッチリ!翌朝までモチモチの肌に

tukeru

化粧水を手のひらに出してみるとレモンとローズがうまく調和していい香りです。これは保湿ケア時に癒やされそう!

つけてみてまずびっくりしたのが伸びのよさ!するすると伸びてとてもつけ心地がよいです。最初は少しとろみがあって重ためのテクスチャーでしたが、時間が経つととサラサラに。朝に使用しても、洗顔後すぐにメイクできそうです。

夜、お風呂あがりの毛穴の開いた状態で塗ると驚きの浸透力!肌のなじみのよさはもちろん、セラミドを入れたおかげで肌はぷるぷるに。翌朝もしっとりしていて乾燥を感じませんでした。

ムダ毛処理後の保湿は肌のダメージを抑えるために重要!

shutterstock_63493180 copy

ちゃんとムダ毛を処理した後、保湿していますか?処理後に「ヒリヒリする!」「赤いポツポツができてる!」という声を多く聞きます。実は脱毛や自己処理は少なからず肌にダメージを与えるため、乾燥をまねくことに……。

ムダ毛処理後の肌をいたわり、赤みやかゆみといったトラブルを抑えるのに重要なのが十分な保湿です。保湿ケアアイテムの代表格といえば、化粧水。しかし、市販の化粧水に含まれる添加物などが気になる方も中にはいるのではないでしょうか?

そんな方にはオーガニックで、さらに植物由来成分のみを使用した「ボタニカル化粧水」を検討してみるといいかもしれません。

手作りだと自分の肌にぴったりの化粧水ができる

pixta_18697628_M copy

手作り化粧水は簡単にでき、自分の肌の状態に合わせて成分を変えて作ることができます。日焼けが気になるならビタミンCを配合して美白化粧水に、ニキビが気になるならククイナッツオイルなどの抗炎症作用のある成分を入れてニキビ用の化粧水に……。

また、アルコールを加えなければアルコールフリーの化粧水になりますし、防腐剤を使用しないので敏感肌の人でも使用できます。

ただ、防腐剤が入っていないため、化粧水は冷蔵保存して1~2週間で使い切るようにしましょう。

良い点

・自分の肌に合った化粧水を簡単に作れる
・市販よりもお手頃価格でボタニカル化粧水を作れる

気になる点

・防腐剤不使用のため保存期間が短い
・肌に合わないことがある

化粧水を自作すると安く自分の肌にあった化粧水を作れます。しかし、手作りだからこそ保存に気を遣わなくてはならないことも。また、市販の化粧水と同じく人によっては肌に合わないこともあります。

天然由来成分だからといって誰の肌にも優しいわけではありません。人によってはアレルギーが出ることもあるので、使用する際は必ずパッチテストを行ってください。

ボタニカルコスメを取り入れてみよう!

ムダ毛の処理後の肌をキレイに保つには保湿が要。
肌に優しい植物由来のボタニカルコスメを日々のスキンケアに取り入れて、毛穴レスなツルスベ素肌を目指しましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
ボタニカル女子必見!ムダ毛処理後に使えるオーガニック化粧水を自作してみた

この記事が気に入ったら
いいね! しよう