美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.04.29
Loading

私はまだ大丈夫・・・?結婚適齢期のホントの中身と根拠

編集部
オススメ度
  • 美容

    20
  • お役立ち

    20
  • トリビア

    20
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
私はまだ大丈夫・・・?結婚適齢期のホントの中身と根拠

20代でも半ばを過ぎてくると、両親や親戚、友人から「結婚はいつ?」と聞かれる機会が増えてきているのではないでしょうか? 「まだ自分は結婚しなくても良い!」と考えていても、周りはそうは思っていない…というギャップを経験した人も。 結婚適齢期というのは一体いつからいつまでを指すものなのでしょうか。自分にはまだ関係ないと思っていた結婚も、社会的には遅い…と思われる年齢かもしれません。 そんな悩みを抱えている女子へ、結婚適齢期の中身と根拠を解説していきます。

俗に言う”結婚適齢期”って何?何歳から?

19_2俗に言う結婚適齢期って何?何歳から?

結婚適齢期は時代によって変わるので、何歳から何歳までという絶対的な基準はありません。

例えば、人間の寿命がまだ今よりもずっと短かった時代には、女性は10代で結婚して妊娠、出産をしていました。20代で行き遅れと言われた時代もあったことを考えると、今の価値観とは到底合わないことが分かりますよね。

このように結婚適齢期というのは社会が作り出す基準なので、実はあまり気にしない方が良いかもしれません。

むしろ、今後出産を考えている女子は出産適齢期を気にかけるほうが重要と言えるでしょう。出産は結婚と違って、ある年齢からできなくなります。言ってしまえば、結婚はいくつになってもできるもの。結婚自体には気軽に構えても問題はないでしょう。

しかし、結婚適齢期という期間が明確になかったにしても、社会的に結婚をした方が良いと思われている時期はあります。

様々な基準がありますが、一般的に大学を卒業し始める22歳以降から、出産にリスクが伴い始める30代前半くらいまでのおよそ10年間が、現代の結婚適齢期と言えるかもしれません。

結婚適齢期に結婚するのって本当に良いの?

19_3結婚適齢期に結婚するのって本当に良いの?メリットデメリットを紹介

「結婚適齢期に結婚しないと、何か後ろめたさを感じる日がくるのかな…。」

今は全く結婚願望がなく、漠然とこのように思う女子も少なくないのでは?

物事には両面があり、メリットもあればデメリットもあります。それぞれについて具体的に考えてみましょう。

結婚適齢期に結婚するメリット

結婚適齢期に結婚するメリットといえば、やはり出産が挙げられます。

妊娠率も高く、母子ともに健康的に出産に挑めるのは大きなメリットの一つでしょう。また、例え結婚に失敗したとしても、まだ若いのでやり直せるチャンスがいくらでもあることも利点に挙げられます。

結婚適齢期に結婚するデメリット

一方、デメリットは、仕事を続けたいのに道半ばで結婚してしまい、キャリアを諦めざるを得ないこと。

本来結婚は仕事を制御するものではありませんが、結婚をするとどうしても妊娠、出産、育児の負担が女性側に大きくのしかかってきます。

昔から考えると、女性の社会進出が進み、企業によっては女性の働きやすさも重視されるようになってきました。しかし、まだまだそういった企業は少数派なのが現状です。

大学を卒業してから30台前半までの現代の適齢期は、キャリアを積んでいくうえでも非常に重要な時期です。

しかし、妊娠から出産まではあまり身体に負担をかけられないので、どうしても仕事は休みがちになってしまい、出産後も育児のため仕事を制限せざるを得ません。夫婦のどちらかが育児に専念しようとなると、やはり男性が仕事を続けるという選択をする夫婦が多いのが現状です。

このようなことからも、キャリアに影響を与えてしまうことがわかりますね。

「結婚適齢期」はあなた次第

19_4結婚適齢期女子はこれをしとかないとマズイ!

いずれは子どもが欲しいと考えている女子にとって、やはり結婚適齢期に相手を見つけて結婚することは非常に重要です。なぜならあなた自身はもちろん、これから生まれてくるあなたの子どものことを考えても、母子ともに健康で出産を迎えることを第一に考えたら、若いに越したことはないからです。

結婚をするには、もちろん相手が必要となります。素敵な結婚生活に向けて相手を探している結婚適齢期の女子は、仕事をしながらも自分をきれいに、美しく保とうとする気持ちを忘れずに。

異性との出会いは第一印象が非常に重要です。いつ素敵な出会いがあっても大丈夫!というくらいに、外見も磨くことは自分の幸せにも繋がるのです。

もちろん、「子どもを産み育てるよりも、今は仕事で成功することにしか興味を持てない!」という女子がいるのも当然です。

そう感じている間は思い切り仕事に打ち込みましょう。

結婚は無理にするものではなく、自分が「したい」と思ったタイミングでするものと割り切るのも、
一つの結婚適齢期の考え方です。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
私はまだ大丈夫・・・?結婚適齢期のホントの中身と根拠

この記事が気に入ったら
いいね! しよう