美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.05.04
Loading

ダイエットと言えばささみ!ささみの効果とおすすめの食べ方

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    70
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
ダイエットと言えばささみ!ささみの効果とおすすめの食べ方

「美は一日にして成らず」と言いますが、特にダイエットに関しては日数をかけて頑張るほど、効果が出るものです。 そんなダイエットのポイントは、高たんぱく低カロリーのものを摂取しつつ適度な運動をすること。きちんと食べて栄養を摂取しながらダイエットをしないと、リバウンドやボロボロ肌の原因になってしまいます。 では、どんな食べ物がおすすめかと言うと、ズバリ鳥のささみです。今回はそんな鳥のささみのダイエット効果やおすすめの食べ方についてご紹介していきます。

ささみの栄養素

8.アイキャッチ

ささみは鳥の胸肉の部分からさらに奥にある、両手羽に1つずつある深胸筋の部分になります。
胸肉もささみ同様に高たんぱく低カロリーの食材としてダイエットに適していると言われますが、ささみのほうがさらに脂肪が少なく、上質だと言われています。

ささみには、免疫系を正常に保つセレンやビタミンBのひとつで三大栄養素の代謝を助けるナイアシンと呼ばれる栄養素が豊富に含まれています。

ダイエットをはじめると人によっては栄養素が不足しがちになり、風邪をひいてしまったり肌荒れを起こしてしまいがちですが、ささみを食べることでセレンで免疫系を強化し、ナイアシンでビタミンを摂取しつつ栄養素の代謝を促すことができます。
そういった点でもささみは非常に優秀だと言えますよね。

ささみが持つダイエット効果とは

8_2

それでは実際に、ささみはどのようにダイエットに優れた食品なのでしょうか?ご紹介します。

とにかく低カロリー

ささみ100gあたりのカロリーは約100kcalです。同じ鶏肉でも、皮付きのもも肉が100gあたり200kcalということを考えても約半分になります。豚バラ肉が100gあたり約380kcalなので、それと比べてもダントツで低カロリーだと言えますよね。

高たんぱく質

ささみは高たんぱく質であることからも、ダイエットで運動をした際に筋肉をつくる手助けをしてくれると言われています。たんぱく質はダイエットにおいて非常に重要な役割を果たしており、具体的には食欲を調整してくれる役割が挙げられます。

つまり、過度な空腹やそれによる苛立ちを軽減させる効果があるために、ダイエットには非常に適しているということです。

ビタミンBが豊富

ささみにはビタミンBが豊富に含まれており、そのビタミンBは疲労回復効果を持っていると言われています。そのため、ささみを食べることでダイエットで行った運動の疲労回復効果も得ることができます。

【おすすめの食べ方】満足度大!パン粉の香草焼き

8_3

そんなささみですが、おすすめの食べ方はパン粉の香草焼です。
ささみだとどうしてもパサパサになりがちで、料理のメニューを選ぶ際も苦心してしまうという人が多いようですが、このレシピだと、ささみがパン粉にコーティングされるため、しっとりして美味しくいただけます。
それでは、作り方をご紹介します。

1.下準備

作り方は簡単です。まずはささみの筋を丁寧に取ります。それをだいたい3センチずつ削ぎ切りにします。

2.衣をつける

料理用のビニール袋に切ったささみ、塩、胡椒、薄力粉を入れて馴染むまで揉みます。溶いた卵にささみをくぐらせたら、パン粉とバジルやローズマリーなど好きなハーブを混ぜたものを丁寧につけていきます。

3.じっくり焼く

最後にフライパンで両面をじっくり焼いたら出来上がりです。
好きなハーブを選ぶのが面倒だという人は、あらかじめ美味しいハーブがミックスされた調味料が売っているのでそれを使ってみてくださいね。

ささみを食べて健康的に痩せよう!

ダイエット中だからと言ってすべてのお肉を断つ必要はありません!しっかり食べてキレイに痩せるためにも、食べるメリットいっぱいのささみをぜひ活用してみてくださいね♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
ダイエットと言えばささみ!ささみの効果とおすすめの食べ方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう