美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.05.13
Loading

意外と知らない!? 敏感肌になってしまう3つの原因

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    90
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
意外と知らない!? 敏感肌になってしまう3つの原因

「前はこんなに肌弱くなかったのに…」と思ったことはありませんか?ひょっとすると、何らかの原因で敏感肌になっているのかもしれません。敏感肌になると、肌荒れを起こしてしまった地、外からの刺激に弱くなり、痛みや痒みを感じやすくなってしまいます。 そこで今回は、敏感肌になる原因とその対策についてご紹介します。

1.お肌の乾燥

18_1

敏感肌の人は乾燥肌であることが多いと言われています。

その理由として、肌が乾燥すると角質層のバリア機能が弱まってしまうからです。バリア機能が正常に働かないと、肌は様々な外的要因の影響を受けやすくなってしまいます。空気中の埃や花粉、細菌、紫外線などが肌に直接届き、その刺激を敏感に感じるようになってしまうのです。

肌の乾燥は誰にでも起こりうるもの。空気が乾燥している冬はもちろんですが、夏でも冷房をかけると部屋は乾燥しています。季節に関係なく、肌に乾燥を引き起こす原因は沢山あるのです。

そのため、これまで肌トラブルとは無縁だった人も、乾燥の影響で突然敏感肌になってしまうことがあります。
乾燥すると肌に痒みが生じる→我慢できずに掻いてしまうと角質層を傷つける→さらに肌のバリア機能を弱める。

結果、肌はより敏感になって、一段と痒みは増してしまうでしょう。このような負の連鎖に陥ると、敏感肌はどんどん悪化してしまいます。

2.加齢によって敏感肌に

18_2

これまでに「愛用している化粧品が肌に馴染まなくなってきた…」と感じた経験はないでしょうか。それには加齢が関係しているかもしれません。肌の状態は加齢とともに変化していくので、敏感肌になるケースも少なくありません。
年齢が進むにつれ、肌表面の組織は薄くなり、抵抗力が弱まっていきます。紫外線を防ぐ役割があるメラニン色素や殺菌作用のある皮脂も減ってしまいます。さらにセラミドという保湿成分が減って、角質層のバリア機能が低下することもあるのです。

このように加齢による肌の変化には、肌を過敏にする要素が揃っています。
そのため若い頃は平気だったのに、化粧品で肌がかぶれたり、美容液がしみて痛くなったりすることがあるのです。肌の抵抗力やバリア機能の低下が激しいと、深刻な敏感肌になってしまうこともあります。そうなると少しの刺激でも肌は大きなダメージを負ってしまうので、注意しなければなりません。

3.適切なスキンケアができていない

18_3

間違ったスキンケアも敏感肌の原因になります。特に注意が必要なのはクレンジングです。ここではクレンジングの正しいやり方とNGポイントをまとめました。

クレンジングはほどほどにが鉄則

クレンジングは化粧品に含まれている油分を除去するために行います。しかし、あまり念入りにしすぎると、肌を守る皮脂まで取り除いてしまうので、気を付けなければなりません。
肌の洗い方が原因でバリア機能が低下してしまうこともあります。肌を強く擦り過ぎると、肌表面の角質をそぎ取ってしまうことがあるからです。

過剰なスキンケアは逆効果

またスキンケアは重要ですが、頻繁にしすぎると逆効果になることも
スキンケアで肌に触れるたび、肌に摩擦が生じることになります。それにより角質が剥がれたり、肌のターンオーバーが乱れたりすることがあるのです。

自分の肌と相性の悪いものを使い続ける

案外やってしまいがちなのがこちら。

せっかく購入したスキンケアグッツが自分の肌と合わないと、もったいなくて使い続けてしまう…ということ、結構ありませんか?しかしこれはやはりお肌のためにはNGです。タレントが使用していて、どんなに口コミが良くてもあなたの肌にも合うとは限りません。

そのまま使い続けていると、敏感肌になってしまい、使える化粧水が限られてしまう可能性も…。潔くやめて肌にやさしいものを選びましょう。

日焼け対策を怠る

朝、日焼け止めをぬって出かけようとすると時間はかかるし、夕方ベタついてきて気持ち悪い…という理由から、日焼け止めをぬるのが好きではない人も多いのではないでしょうか。

しかし、やはり紫外線はお肌にとっては大敵です。丈夫なお肌を維持するためには、日焼け対策は怠ってはいけません。

紫外線にさらし続ける

若い女性の中には健康的な小麦肌を目指して日焼けをしようという人もいるでしょう。好みの問題なので、日焼けをやめたほうがいい、とは言えませんが日焼け後の保湿だけはきちんとすることをおススメします。

紫外線にさらし続けてヤケド状態になったお肌には絶対に水分が必要です。シミなどの原因にもなってしまうので、肌を焼いたあとはしっかりと保湿して美肌をキープしましょう。

あなたは大丈夫??

今回の記事では、敏感肌を引き起こす主な原因についてご紹介しました。

皆さんいかがでしたでしょうか?敏感肌になってしまうと、お肌がさらにデリケートになってしまい、スキンケアもこれまでよりもしっかりとしていかないと美しさをキープできなくなってしまいます。

いつまでも健康で丈夫なお肌でいられるように、敏感肌対策はバッチリしておきたいですね。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
意外と知らない!? 敏感肌になってしまう3つの原因

この記事が気に入ったら
いいね! しよう