美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.05.08
Loading

昔はもっと綺麗だったのに…。いつまでも垂れない美胸の作り方

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
昔はもっと綺麗だったのに…。いつまでも垂れない美胸の作り方

胸は年齢を重ねるにつれて垂れてゆくものですが、できるだけ上を向いたキレイな形をキープしたいものです。そのためにはどうすればいいのでしょうか? 実は、垂れない胸をつくるには下着選びや姿勢にも気を付けなければなりません。今回は美しい胸をキープさせる方法をご紹介します。

ブラはジャストサイズのものを選ぶ

Woman Wearing Bra Examining Breast

垂れない胸を作るには、ジャストサイズのブラを選ぶことが大切です。多少のゆとりがあり、着け心地が良いのがジャストサイズではありません。

自分の胸に合っているか要確認!

まず、ブラがきちんと自分の胸に合っているかを確認する必要があります。ブラを着けた状態で軽く体をひねり、両腕を上げ下げしてみると、どの部分がフィットしていないのかが良く分かります。バストが揺れたり、ブラジャーが上にずれたり、カップの上部が浮いていたりしているならば、正しいサイズのブラを着けていないと言えるでしょう。

クーパー靭帯とは…

元々、胸には筋肉がなく乳腺や脂肪を支える「クーパー靭帯」が存在しますが、日常の動きや運動でバストが揺れることにより、その靭帯に負担がかかります。

クーパー靭帯が伸びてしまうと、胸を支えることができず、垂れるといった状態になるわけです。

ですから、自分の胸に合ったジャストサイズのブラを選ぶことで、胸に負担のかからない状態をキープすることができ、エイジングを遅らせることができるのです。

大きい胸の人は胸筋を鍛えよう

30_2

胸の大きい人は、その重力でどうしても垂れやすくなりがちです。エイジングを遅らせるためにも胸筋を鍛えることのできる、簡単なストレッチを取り入れてみましょう。

大胸筋と小胸筋とは…

胸筋には大胸筋と小胸筋がありますが、バストアップ効果が期待できることで知られているのが「大胸筋トレーニング」です。しかし、小胸筋を鍛えることがより効果的だと言われており、「小胸筋トレーニング」も注目されています。

小胸筋は胸部のインナーマッスルのひとつで、大胸筋を下から支えるような形になっています。また、胸を垂れないように引っ張り、肉が背中に流れるのを防ぐ役割をしています。
ですから、小胸筋を鍛えることが何よりも大切といっても過言ではないのです。

小胸筋トレーニングのやり方

小胸筋トレーニングは、椅子を使うと簡単に行うことができます。

まず、自分の後ろに椅子が来るように立ち、肘を伸ばした状態で、椅子の上に手を置き、体を支えます。
指先は、自分の方に向けた状態にしておきます。
次に、膝を90度になるように曲げキープしたら、そのまま、ゆっくり肘を曲げ伸ばします。このとき、腕に体重がかかっていることを確認しましょう。1日5回が目安です。

毎日続けることで、重力に負けない美しいバストラインを保つことができるはず。ぜひ試してみてください。

姿勢を正しくするのも大切

Hands of woman undressing brassiere. Close-up photo

垂れない胸をつくるには、姿勢にも気を付けなければなりません。

猫背は胸が垂れる原因に…

特に「猫背」は、胸が垂れる原因になると言われています。姿勢が良い人は、胸筋が胸を引っ張るためハリのある胸を作ることができるのですが、猫背の人の場合は、胸筋が胸を引っ張ることがないため、どうしても胸が垂れてきてしまうのです。

また、日頃から姿勢に気を付けていないと、大胸筋など胸まわりの血流が悪くなり、女性ホルモンの分泌が妨げられるため、冷えにも繋がります。
そうなると胸に栄養が行き届かなくなり、ハリを失ってしまうことになるのです。常に背筋を伸ばすことを心がけることで、胸筋を再び発達させることが可能です。

常に姿勢を意識することから

まずは、背中を反らして背骨と肩甲骨の位置を正すことから始めましょう。イタ気持ち良いなら、普段から猫背になっている可能性が高いです。そして、歩く時も姿勢を正すことを意識しましょう。
キレイな姿勢や歩き方は、最初は辛いかも知れませんが、それだけ筋肉を使っているということを覚えておくと良いでしょう。慣れてくると、意識しなくても正しい姿勢を保つことができるようになります。

いつまでも美胸でいるために

最近ではスマホが普及し、電車などで夢中になって画面を眺めているうちに、猫背になっていることに気づかない女子も多いのではないでしょうか?

すっと背筋を伸ばしましょう。美胸を意識すると姿勢が正されます。血流が良くなり、冷え性が改善されてポジティブになります。健康面でもプラスになることがたくさんありますね。

今日から始められる簡単なことばかりなので、ぜひ試してみてください。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
昔はもっと綺麗だったのに…。いつまでも垂れない美胸の作り方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう