美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.05.22
Loading

サロンの技を盗みたい!素敵なネイルリペアをする方法

編集部
オススメ度
  • 美容

    70
  • お役立ち

    60
  • トリビア

    70
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
サロンの技を盗みたい!素敵なネイルリペアをする方法

普段、どのようなネイルケアをしていますか。ネイルサロンに通って定期的にケアをしている方もいれば、仕事や育児で忙しくてなかなかサロンに行く時間が取れないという方、サロンで綺麗にネイルをしてもらっても、時間がなくてリペアに行けないと嘆いている方も多いのではないでしょうか。 そこで、簡単にセルフで出来るリペア方法を紹介します。

何が違うの?サロンのネイルリペア

6_2

プロはどのようにネイルのリペアをしているのでしょうか。サロンで施術してくれるリペアには3つの方法があります。

1.ジェルやグルーを使う

最も一般的なのが、「ジェル」や「グルー」を使う方法です。プロは、爪の状態によって使い分けます。状態を確認しながら剥がれた部分を接着し、ジェルやグルーを選んでリペアをします。

2.シルクラップを使う

2つ目は「シルクラップ」を使う方法です。シルクラップとは、シルクを使って捕強するテクニックで、強く滑らかな爪先に仕上がります。

3.アクリルを使う

3つ目は「アクリルをかぶせて補強する」方法です。アクリルリペアとは、いわゆる人口爪のことです。アクリルのリキッドとパウダーを混ぜ、この柔らかくなったクリーム状のものを爪の上にかぶせて形成し、固まったら完成です。この原理を利用して、剥がれて割れた爪を補強するテクニックのことを言います。しかし、どの方法も爪に負担がかかるのは事実です。

サロンなら、プロの目線で爪の状態に合わせた最善な方法を選んでもらえます。時間やお金に余裕がある時はプロに任せるのが安心です。

簡単だけどキレイ!ここが違ったうまいリペア法

6_3

自分でリペアをしようと考えている方におすすめなのが、デザインです。真似できないような凝ったデザインにしてしまうと、自分でリペアをするのは難しいかもしれません。

そこでセルフリペアでも上手くいく、おすすめのデザインを紹介します。一番のおすすめは全体にカラーをのせないシンプルなものです。
例えば、フレンチネイルのように、境目が分からないようなデザインが良いでしょう。逆フレンチやラメグラデーションなど、ジェルとの境目が分かりにくいものを選んで下さい。

フレンチネイルでも先端は真っ白ではなく、ピンクやベージュといった目立ちにくい自然な色にすることもポイントです。真っ白だと少しの剥げでも目立ちやすいので、すぐに気になってしまいます。あらかじめ自然な色にしておくことで剥げた時も気になりにくく、特別なテクニックがなくてもリペアをする事が出来ます。こうすると、自宅でのリペアも意外と簡単にできるのではないでしょうか。

こうすれば安心!自分でもできるネイルリペア

6_4

ネイルサロンに行く時間もお金もない、ほんの少しの剥がれだけでサロンに行くのはもったいないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。剥がれて地爪が見えてしまっていると、気になって仕方がないものです。買い物の最後にレジでお金を出す際、剥がれた爪先に恥ずかしく思った経験をした人もいるでしょう。

同じ色を重ね塗りする

そんな時に、簡単でキレイに仕上げられる自宅でのリペア方法をまとめました。一番簡単なのは「同じ色を少量重ね塗りする」方法です。剥がれた部分にだけ少量を重ねます。ブラシにたくさん液を取ってしまうと、重ねて付けた部分がポッテリと目立つので、液を取ったら少し毛先をしごいて爪にのせてみて下さい。

ラメを重ね塗りする

次におすすめなのが、「ラメを重ねる」方法です。ラメを塗ってカムフラージュできるので、少し塗り方が雑になったとしてもラメの効果でキレイな仕上がりに見えます。大きさの違うラメや色をミックスしても素敵です。最後はトップコートを塗って完成!ツヤが出る事に加えて、爪先の補強にもなるのでリペアした爪をより維持できます。

お店で塗ってもらったせっかくのネイル。自分でもリペアして、少しでも長持ちさせてみてくださいね。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
サロンの技を盗みたい!素敵なネイルリペアをする方法

この記事が気に入ったら
いいね! しよう