美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.05.17
Loading

意外と知らないメイク術!印象を決めるチークの活かし方

編集部
オススメ度
  • 美容

    60
  • お役立ち

    60
  • トリビア

    60
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
意外と知らないメイク術!印象を決めるチークの活かし方

化粧をする際、チークにこだわりがありますか?ただなんとなくチークを入れているという方は、もったいないことをしています!なぜなら、チークこそが顔の印象を決める要だからです。 でも、どういう風にチークの色を選んだり、塗ったりしたら良いのか分からない!とお悩みの女子へ、印象を良くするチークのテクニックを紹介します。

派手すぎず地味すぎない!自然に見えるチークテク

8_2

チークを入れているようには、あまり見せたくないという場合もあります。濃く入れすぎると、子供っぽい印象にもケバすぎる印象にもなるからです。

そこでおすすめなのが、淡いピンクのチークです。

kumi♡さん(@kuu.93)が投稿した写真

頬の真ん中が少しピンク色という程度に押さえられ、自然だけどほのかに血色がかった印象になります。チークを入れる際には、できるだけ明るい部屋で色味を確認しながら少しずつのせましょう。 チークをつけすぎてしまうのが心配だという方は、チークをした後でフェイスパウダーを最後に顔全体にのせましょう。付け方も、パフやブラシを使い、チークを入れた場所からフェイスラインに向かって滑らせると、多少チークを入れすぎていてもフェイスパウダー効果で自然にふんわりとキメも整った印象に落ち着きます。肌内部からの自然な発色に見えるので、誰にでもおすすめの付け方です。是非試してみて下さい。

あの人キレイ!華やかに見せる絶妙なチーク使い

 

8_3

結婚式やお呼ばれなど気分をパッと明るくしたい時にもおすすめの、華やかに見えるチークの使い方を紹介します。 チークにもパウダータイプ、クリームタイプ、リキッドタイプ、スティックタイプなど種類があります。華やかに見せたい時におすすめなのが、クリームタイプのチークです。内側からにじみ出るような仕上がりが魅力的で、しっかりと発色させたい時に効果的です。

 

m e gさん(@meg__meg06)が投稿した写真

まず、チークを手の甲にのせます。次に、手の甲にのせたチークを少量とり、指で顔の中心部分にチークを少しずつのせていきます。最後に指かスポンジで周りをしっかりと馴染ませ、フェイスパウダーをのせると陶器のようなツヤのある頬に仕上がります。ツヤ感も出て、華やいだ印象になれるテクニックです。

ここで間違っても、クリームを手に取ってそのまま頬にのせないでください。濃く発色しすぎて、「おてもやん」状態になってしまいます!のせる際には、少量を慎重になじませることをおすすめします。

色選びもポイント!自分に合うチークの選び方

8_4

自分に合うチークの選び方はとても重要です。

選び方は、自分の肌タイプはどれかを知ることです。よく分からないという方は、手のひらの色を確認しましょう。手のひらは顔よりも血色が分かりやすく、手のひらを見ることで自分の肌タイプが簡単で分かります。

方法は、手のひらをギュッと握って、パッと開きます。この時に赤く血色付いた色に近いものが、あなたにとって一番肌なじみの良い色になります。それに似た色を店頭でも選んでみて下さい。
また、色白、色黒、中間色の肌色で似合う色も変わってきます。

色白の人には…

色白の方に似合う色は、青みがかったピンクです。肌の白さと透明感をより一層引き立ててくれます。

色黒の人には…

色黒の方におすすめなのが、オレンジか明るめのピンクです。

中間色の人には…

中間色の方はピンクやオレンジはもちろん、コーラルやベージュなど何色でも合います。

自分に合った色を選び上手にチークを使いこなせれば、これまでとは違った印象になれます。ここで紹介したテクニックを明日からのメイクで実践し、好印象美人になりましょう♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
意外と知らないメイク術!印象を決めるチークの活かし方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう