美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.05.26
Loading

美白の決め手はやっぱり洗顔!オススメはこの方法

編集部
オススメ度
  • 美容

    100
  • お役立ち

    90
  • トリビア

    100
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
美白の決め手はやっぱり洗顔!オススメはこの方法

白くて、きめの細かい肌は女性にとっての憧れであり、美しさの象徴でもあります。実は、普段何気なくやっている洗顔をちょっと工夫するだけで白くて美しい肌を手にすることができるのです。洗顔の選び方や仕方を知って、美白を手に入れましょう。

美白が手に入る1番人気の洗顔料はどれ?

11_2

肌トラブルの原因には、人それぞれ違いがあります。美白を手に入れるためには、まず肌のさまざまなトラブルの原因を知ることが先決です。

もし、あなたの肌が白く見えないのであれば、それは何らかの肌トラブルに巻き込まれているケースが考えられます。例えば、シミや日焼け、古い角質の蓄積、毛穴の黒ずみなど、こうした肌トラブルを取り除けば美白を手に入れることも難しくありません。

洗顔料にも、それぞれ得意分野のようなものがあり、シミや日焼けに効果を発揮してくれる洗顔料もあれば、毛穴の黒ずみの解消に良く効くものもあります。1番人気の洗顔料と言えば聞こえが良いですが、洗顔料によって美白を手に入れたいなら、まずは、どうして自分の肌が美白に見えないのかという原因を知った上で自分に合った洗顔料を見つけることが大切です。

例えば、毛穴の汚れが原因で肌が黒ずんでいるように見えてしまう場合を考えてみましょう。この場合、落とし損ねたメイクや皮脂などが毛穴に詰まり、そうした汚れが酸化することによって肌に固着することで黒ずみが生まれてしまいます。

ですから、洗顔料を選ぶ際は、より汚れの吸着力が強力な洗顔料を選ぶようにしましょう。泡の粒が小さく、毛穴の奥まで洗浄力が浸透するような洗顔料がおすすめです。

もしかして間違ってた?美白のための洗顔方法

11_3

美白を手に入れたいと思って洗顔方法にこだわり過ぎた結果、かえって間違った洗顔をしてしまっているという場合があります。

例えば、毛穴の汚れをとにかく落としたいと考えて、過度に力を込めてゴシゴシと洗顔しているというケースです。力を込めて洗顔をすると、ゴシゴシ洗ったせいで肌の乾燥を招いてしまうこともあります。肌の乾燥は美白にとっては大敵であり、乾燥によって角質が傷んでしまうと肌が白く見えなくなってしまうこともあるため、注意しなければなりません。

美白のためにするべき洗顔というのは、決して肌をこすらないのがポイントです。洗顔をする時は、洗顔料を手の平で十分に泡立てた上で、肌に摩擦の力を加えないように、泡を肌の上で転がすイメージで洗っていくのが基本です。このような洗い方をすることで、肌を傷つけることなく、汚れを落とすことができます。

洗顔後のお手入れのコツ

11_4

もちろん、美白のためには洗顔後の肌のお手入れも欠かせません。洗顔は非常に大切ですが、やはり肌の皮脂まで落とすことを考えても負担はかかりますし、どんなに優しく洗顔したとしても乾燥してしまいがちです。洗顔後は、とにかく肌の保湿を考えたお手入れをしましょう。

肌に充分な水分や潤いがあることによって、美白の大敵である肌の乾燥を最大限防ぐことができます。そして十分に水分を補給した肌こそ、白く見えるのです。水分をしっかりと保つことができる肌環境を洗顔で作り、保湿をすることで美白をキープする、といったイメージでケアしましょう。

美白は正しい洗顔から作られる

いかがでしょうか?「白いお肌になりたい!」と思ったら、まずは自分のお肌の状態を確認してみましょう。そして、自分に合った洗顔料でやさしく洗うことが美白肌への近道です。また、洗顔の後のスキンケアも入念に。このときの保湿がその後大きく影響するのです。

これから夏に向けてお肌への負担が増えますが、しっかりケアして夏場も色白美人を目指しましょう♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
美白の決め手はやっぱり洗顔!オススメはこの方法

この記事が気に入ったら
いいね! しよう