美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.05.25
Loading

眠いの何とかして!最後まで仕事をやり抜く目覚まし法3選

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
眠いの何とかして!最後まで仕事をやり抜く目覚まし法3選

仕事にプライベートに忙しく、なかなか睡眠時間が取れないと、仕事中に「ふわぁ」とあくびが出てしまう人もいるのではないでしょうか。特にランチ後は睡魔と戦っている人も多くいると思います。しかし、それでは仕事がはかどらず、泣く泣く残業なんてことにもなりかねません。しっかり眠気を覚まして頭をフル回転させましょう。ここでは眠気撃退法を3つご紹介します。

仕事中でも簡単にできる眠気撃退法

24_2

デスクに座りながら、あるいは会議の最中でも隙を見てすぐにできるのは「ツボ押し」です。眠気覚ましのツボはいくつかありますが、今回は、その中でも仕事中に押していても目立ちにくい手にあるツボをご紹介します。

1.合谷(ごうこく)

まずは「合谷(ごうこく)」と呼ばれるツボです。親指と人指し指の骨が合わさった場所からやや人差し指側にあるツボで、このツボを刺激することで頭や身体の血行が促進されます。眠気覚ましだけではなく、全身の痛みに効果があることから「万能のツボ」と呼ばれます。

2.中衝(ちゅうしょう)

また、猛烈に眠いと感じたら中指にある「中衝(ちゅうしょう)」というツボを押しましょう。
中指の爪の人差し指側にあり、反対の手の親指と人差し指で挟んでグリグリ刺激すると、眠気覚ましやイライラに効くといわれています。

3.労宮(ろうきゅう)

そして、手の平の中心にある「労宮(ろうきゅう)」と呼ばれるツボも眠気覚ましのツボです。
拳を握った時に中指と薬指の爪が当たる部分で、反対の手の親指を使ってゆっくりと刺激していきます。ツボを押す時は心地良いと感じるくらいの力で押すことがポイントです。弱すぎると効果が出にくいですし、強すぎても痛みや疲労を感じることがあります。

眠いのに無理しない!仕事中の短時間仮眠法

24_3

眠気を押し切って無理して作業を進め、その結果ミスをしてしまっては元も子もありません。もし状況が許すなら、短時間の仮眠を取ると頭がスッキリして、その後の業務もはかどることでしょう。

質の高い昼寝は眠気を撃退するだけでなく、記憶力や集中力を高めてくれるので、業務効率が一気に上がります。昼寝の効果を最大限引き出すためには、リラックスできる格好で眠ることがポイントです。ベルトやネクタイなどの締め付けがあるアイテムは外し、可能であれば、小さい枕やクッションを使ってなるべく負担のかからない姿勢をとるようにします。

また、一般に昼寝に適した時間は20分程度といわれており、それを超えると脳が熟睡モードに切り替わってしまい、起きた後に更なる眠気に襲われる可能性があります。

昼休みなどのちょっとした時間を利用するのが丁度良さそうです。そして、目が覚めた後には一時的に動きが穏やかになった脳に刺激を与え、仕事モードに引き戻すためにちょっとしたアクションを加えます。
光を浴びたり、冷たい水で手を洗うなど、身体に刺激を与えて脳を起こします。

これぞ究極!仕事がはかどる眠気覚まし

24_4

時間がない中で、今すぐに眠気を覚ましたいという時にはエナジードリンクも強い味方になります。エナジードリンクには大量の砂糖とカフェインが入っているため、日常的に摂取することはあまり歓迎されません。しかし、ここぞという時に役立つことでしょう。

ハウス食品「メガシャキ」、ヤクルト「オメパチ」など眠気覚まし効果を謳った栄養ドリンクも多いので、表示成分や味、値段などから自分好みのものを探してみるのがおすすめです。
また、エナジードリンクの先駆けとして知られる「レッドブル」(レッドブル・ジャパン)や「モンスターエナジー」(モンスタービバレッジ)にもカフェインなどの覚醒効果が期待できる成分が多く含まれていますので、「今日は頑張りたい」という日には飲んでみてはいかがでしょうか。

ちょっとした工夫で眠気知らずに

仕事中の眠気をうまく撃退するためにも、ご紹介した方法で一工夫してみてください。集中力が高まり、仕事の効率もアップするかもしれません。しかし1番いいのは、夜しっかりと睡眠を取ること。眠気知らずでイキイキした毎日を送りましょう♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
眠いの何とかして!最後まで仕事をやり抜く目覚まし法3選

この記事が気に入ったら
いいね! しよう