美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.06.06
Loading

過度な運動で、”むくみ”がかえってヒドくなる?間違った運動方法が危険な理由!

編集部
オススメ度
  • 美容

    70
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
過度な運動で、”むくみ”がかえってヒドくなる?間違った運動方法が危険な理由!

スポーツをしたあとに、体にむくみができてしまうことがあります。この場合は一過性のものだと考えられます。しかし、むくみの中には重篤な病気が隠れている場合もありますので、そのまま放置しないことが大切です。なお、運動によるむくみは適切なケアを行い、体をいたわることも大きなポイントです。ここでは、間違った運動方法を防ぐために心掛ける点についてまとめました。

スポーツしたあと体がむくむのはなぜ?

15_2

美容と健康のためには、普段から適度なスポーツを継続することが大きなポイントになります。急激な運動をすると体がむくんでしまいやすく、特にジョギングやランニングをした後にふくらはぎがパンパンになることは知られていますね。

運動をすると、負荷の掛かった部分の筋肉が硬く膨らむ「パンプアップ」という現象がでてきます。運動で筋肉を使うことにより筋肉が低酸素状態に陥るほか、代謝物の蓄積が起こりますが、それを解消するために筋肉内にある水分量が一時的に多くなるのです。パンプアップが起こるのは、筋トレなどの激しい運動をしたときだけとは限らないともいわれています。

Koko Mikawaさん(@kokomikawa)が投稿した写真


また、スポーツをしたあとに体がむくむ原因として「乳酸」の存在が注目されてきました。しかし、現在では、乳酸はエネルギー源として位置づけられています。その背景には、乳酸と疲労の間には因果関係がないことが証明された経緯があります。また、乳酸はヨーグルトなどの発酵食品に含まれる「乳酸菌」とはまったく別のものということも知っておきましょう。

ほっとくと危険!むくみによる弊害って?

15_3

体にむくみが生じるときは、きちんと原因を知ることが大切です。運動による体のむくみは一時的なものですが、日常的なむくみは大きな弊害があるだけでなく、重篤な病気のサインの可能性があることを知っておきましょう。

下肢静脈瘤

その一つに「下肢静脈瘤」があります。静脈弁がうまく働かないため、心臓から送り出された血液が心臓に戻りにくくなり、足のむくみや血管が膨れ上がった状態になるのです。また、足のだるさや痛みなどを生じるほか、皮膚の変色なども起こります。

エコノミー症候群

長時間同じ姿勢でいることで起こる「エコノミー症候群」は、生命に関わる場合もあるため大変危険です。血の塊ができても小さい場合は気付かない可能性もありますので、下腿が赤くなるほか、腫れや痛みなどが出てきたときは、速やかに医療機関を受診することが大切です。 また、適度に足を動かす・こまめな水分補給をすることも、エコノミー症候群予防の大きなポイントになります。 体がむくむ病気として、ネフローゼ症候群・糖尿病性腎症・肝硬変などが知られています。病気が原因の場合、運動による一過性のむくみよりも症状が重いことが多いほか、血圧の上昇・動悸・呼吸困難などの有無にも注意が必要です。

運動によるむくみはストレッチが大事!

15_4

運動による体のむくみを解消するためには、運動によって固くなった筋肉をほぐすことが大きなポイントになります。そのためには、運動を終えるときにストレッチを行って筋肉をほぐすように心掛けましょう。そうすることで、体の疲れを早期に回復することが可能です。38~39度のお風呂にゆっくりと浸かってリラックスするのもいいですね。

@inoyuka13が投稿した写真


なお、運動中はこまめな水分補給が大切ですが、あまり多くの量を摂りすぎると胃腸の冷えから体がむくむ原因にもなります。一方、水分の摂取が少ないと脱水症状を起こしますので、運動量や運動環境などを考えながら適度な水分補給を心掛けましょう。 体内の老廃物を排出するためにはリンパマッサージもおすすめです。そのとき、オイルローションを使うと滑りやすくなるため、スムーズなマッサージが可能です。


足のマッサージをするときは足の裏側に沿って行います。足首から腿の付け根に向けてマッサージして老廃物を流しましょう。
また、腕のマッサージでは手首から脇の下に向けて行うことがポイントになります。耳の後ろにある耳下腺から鎖骨までのマッサージも忘れずに行いましょう。

その日のむくみはその日のうちに!

美容の天敵「むくみ」。実はその日のうちに解消しないと、どんどん蓄積されてしまいます。スポーツ後にむくんでいると感じたら、その日の夜にはマッサージをしてケアしましょう。むくみ知らずで毎日を快適に過ごすためにも、アフターケアが大切です。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
過度な運動で、”むくみ”がかえってヒドくなる?間違った運動方法が危険な理由!

この記事が気に入ったら
いいね! しよう