美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.06.28
Loading

美肌は日頃の過ごし方で決まる!見直したい生活習慣とは?

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    90
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
美肌は日頃の過ごし方で決まる!見直したい生活習慣とは?

女性であれば誰もが、憧れるようなすべすべで、もちもちの美肌を手に入れたいと願うものですよね。しかし、美肌のためにスキンケアを入念に行っていても、あまり改善されずに悩んでいる人もまた多いのではないでしょうか? 効果が高い基礎化粧品を使っていても、体の洗い方に気をつけていても、美肌には遠いと感じている方は、お肌の表面をケアしてあげるだけではなく、体の内側からキレイを作る努力をすると良いでしょう。 毎日の生活習慣を変えることで、理想のお肌が手に入るかもしれません。

まずは食習慣の見直しから

12_2

私たちの体は食べ物からエネルギーを得ています。美しい体を作るためにはまず食習慣から見直してみると効果が高いと言えます。

スリムになりたいからといって無理なダイエットをしていると、体は痩せたとしてもお肌がボロボロになることもあり得るので、トータルで見た時に美容効果は高くありません。健康的で低カロリーの食事もありますし、痩せるためには運動をするという方法もあるので、極端な食事制限をするダイエットは今後控えるようにしましょう。

お肌に良い食事としては、ビタミンCEAなどがたくさん含まれたものが挙げられます。

・ビタミンC…レモンやオレンジなどの柑橘系の果物
・ビタミンE…お茶やアーモンド
・ビタミン…レバーやうなぎなどの魚介類

@saviniwaが投稿した写真

これらをバランス良く食べることで、美肌へと一歩近づくことができるでしょう。

睡眠は長さと質が重要!

12_3

美肌を手に入れる方法として、深い睡眠もまた効果的な方法です。お金をかけずに美肌を得られる一挙両得な睡眠は、睡眠時間を長く取るだけではなく、睡眠の質も大切なポイントとなります。 とっておきたい睡眠時間としては7〜9時間くらいが目安となりますが、睡眠は1.5時間ごとに深い睡眠と浅い睡眠を繰り返しているので、1.5の倍数、つまり7時間半か9時間の睡眠がすっきりと起きられる時間となっています。 睡眠の質を高めるためには、夜寝る前にパソコンやスマートフォンなど、ブルーライトを発する機器に使わないことです。ブルーライトは太陽の光と似た波長を持っているため、脳が今は昼間だと勘違いしてしまいます。 そのため、寝つきが悪くなり、眠りが浅くなるので睡眠の質が悪くなってしまうのです。

@twinkle_0123が投稿した写真


ぐっすりと深い眠りにつくためには、お風呂に入って体を温め、布団に入る前にトイレを済ませておくことです。布団の中では自分が眠りにつきやすかったり、リラックスできたりする方法で寝る体制に入りましょう。

毎日時間に余裕がある場合は、日中ジョギングなどの運動をして体を適度に疲れさせることも寝つきをよくする方法のひとつです。

水分の摂り方にもひと工夫!

12_4

特に乾燥肌で悩んでいる人は、毎日飲む水の量が平均より少ない場合があります。水分量が足りない人は乾燥肌が進み、皮膚にシワやひび割れが発生して老けて見える原因を作ってしまうことでしょう。

水分は1日およそ3リットル摂る必要があると言われています。飲む水の量として適量なのは、季節や個人の体格などにも影響されますが、一般的に1.5リットルから2リットルとなっています。
その他の水分は食事からも摂取できるので、コップで飲む量だけで言えば1.5〜2リットルということになるのです。水分は摂らなすぎてもダメですが、摂り過ぎてもむくみなどの原因になるので、上の数字を目安として毎日調整してあげると美肌に効果的です。

食事・睡眠・水分が大切!

毎月美容代に高額をつぎ込んでいるのに、お肌の調子が一向に良くならない…という方は、生活習慣を見直してみましょう。食生活の見直しはもちろん、睡眠時間を長くする・水分をこまめに補給するだけで劇的にお肌の調子が回復するケースもあります。毎日の生活を見直すだけで実践できるので、ぜひ試してみてくださいね。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
美肌は日頃の過ごし方で決まる!見直したい生活習慣とは?

この記事が気に入ったら
いいね! しよう