美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.06.18
Loading

お塩 in お風呂で簡単デトックス!上手な塩の使い方とは?

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
お塩 in お風呂で簡単デトックス!上手な塩の使い方とは?

最近流行りの「デトックス」。カラダの毒素を排出して、巡りを良くし、体調を良くするというものです。しかし、いざやってみようと思っても、食品やら健康グッズやらたくさんあって分からない!そんな方にはオススメなのが、お風呂と塩の組み合わせです。日頃のお風呂を少し変えるだけで、簡単にデトックス効果が得られます。

お風呂と塩の組み合わせ!何がどういいの?

27_2

お風呂は一日の疲れを流し、のんびりできる空間です。そんなお風呂でデトックスができれば、一石二鳥です。お風呂は身体を温め、発汗作用があるので、それだけでも少なからずデトックス効果があります。

また、お風呂で浴びることが出来る蒸気にはスチームの美容器具と同じような状態を肌にもたらすので、保湿にも効果が期待できます。そんなお風呂に更に相乗効果をもたらしてくれるのが「塩」です。塩を入浴剤代わりに使います。

@kacha_123が投稿した写真

浴槽に塩を入れると保湿効果が上がります。もちろん、発汗作用も上がるので、身体の新陳代謝を良くし、デトックス効果に一役買ってくれます。また、浴槽で軽く身体をマッサージすると、肌がスベスベになります。お風呂で温まると身体の毛穴が開くので、そこにちょうど良く小粒の塩がこすれ、黒ずみまでとってくれます。古い角質も落としてくれるので、美肌になること間違いなし。 お風呂と塩の相乗効果は、デトックスの強い味方なのです。

お風呂と相性のよい塩の選び方!

 

27_3

塩なら何でも良いというわけではありません。せっかくなので少しこだわって塩を選んでみるのが良いでしょう。食用塩でも問題はありませんが、おすすめは「天然塩」です。食用塩に比べると価格が少し高いですが、入浴剤としてみると、さほど高価なものではありません。


天然塩を選ぶときには、裏の表示で「ミネラルの含有量」を確認しましょう。マグネシウムを筆頭にミネラルは肌からも吸収され、身体の乾燥を防ぐ効果があります。ミネラルが多く含まれているものほど、その効果が高くなります。

また、雑貨屋などに足を運ぶと、たくさんの種類のバスソルトが売っています。バスソルトはお風呂用に開発された塩を含む入浴剤のことです。中には、健康に良いオイルを配合したものや、アロマのように香りを楽しめるものなどがあり、その種類は非常に豊富です。
いきなりお風呂に塩を混ぜるのは不安という方は、バスソルトから始めてみるのが良いかもしれません。

お風呂で塩を使うときの注意は?

27_4

塩を使う上でいくつか注意点があります。一つは、一度使ったらよく流すことです。浴槽に塩のお風呂を沸かしたあと、そのままにするとヌメヌメすると思います。このヌメヌメが問題です。塩は金属を錆びさせることがあるので、放置しておくと良くありません。

特に浴槽だけではなく、配管は見えない部分になりますので、その部分が塩によって腐ってしまうと、お風呂を沸かすたびに錆が浮くなんてことにもなりかねないので注意してください。


もう一つは、肌に合わないと判断した場合はすぐにやめることです。海水浴を思い浮かべてください。海水にはかなり強い濃度で塩が含まれていますが、海水浴した際に肌が荒れる人は特に注意してください。適度な塩は肌には良いのですが、濃度が高い場合や、肌が弱い人にはあまりお勧めできません。

必ず一度確認して、肌に合わないと思ったら止めるのが賢明です。

いつものお風呂に+するだけ!

毎日のバスタイムに塩をプラスするだけで嬉しい相乗効果が期待できることがわかりましたね。最近疲れが取れない肌が乾燥気味だという方は一度試してみてはいかがでしょうか?

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
お塩 in お風呂で簡単デトックス!上手な塩の使い方とは?

この記事が気に入ったら
いいね! しよう