美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.07.06
Loading

脱・寸胴!!くびれ作りには毎日こつこつストレッチが一番効果的◎

編集部
オススメ度
  • 美容

    70
  • お役立ち

    90
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
脱・寸胴!!くびれ作りには毎日こつこつストレッチが一番効果的◎

特に太ってないのにお腹がぽっこりしているのが気になる、ウエストにくびれがないせいで幼児体型に見られるのが悩みという人は意外と多いですよね。実は、グラビアアイドルのように女性らしい美しいくびれは努力なしではできません。そこで今回は効率よく「くびれ」を作るストレッチをご紹介します。

くびれってどうすればできるの?

20-2

痩せていて決して太っていないのに、寸胴でくびれがない人は多いですよね。このくびれがないのは、実は筋力不足が原因です。

運動で腹筋や背筋を鍛えていると自然にくびれもできますが、何もしないでおくと日常あまり使うことのない腹筋は鍛えることができません。
そのため、痩せているのにくびれがない、寸胴というお子様ボディになってしまいます。

また、腰痛になったり、食べ物を食べた時にお腹がぽっこりしたりすることも、腹筋不足が原因です。そのまま放って置くと加齢と共にどんどん下腹が出てきてオバサン体型が加速してしまいますので、そうなる前に食い止めましょう。

くびれはストレッチでつくる!

20-3

くびれを作るのに一番効果的なのはストレッチです。ストレッチは大きく分けて2つあります。「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」です。

動的ストレッチ

動的ストレッチは、ラジオ体操のように身体を揺さぶったり、飛んだりして体の筋肉を伸ばす運動です。

静的ストレッチ

対して、静的ストレッチは、ぎりぎりまで筋肉を伸ばし、きついところで一定時間止めることで負担を与え、日頃使わない筋肉を意識して使うストレッチ方法です。

ダイエットなどの有酸素運動としては動的ストレッチもとても効果的ですが、美しいくびれをゲットするためには静的ストレッチの方がより効果を実感できます。

くびれを作るストレッチを実際にやってみよう!

20-4

くびれを作るために必要な筋肉は大きく分けて腹直筋腹斜筋があります。

腹直筋を鍛えるには?

いわゆる6つに割れている腹筋が腹直筋のことで、下腹だけでなくお腹全体を支えている大切な筋肉です。

腹直筋を効果的に鍛えるためには、腕を上にまっすぐ挙げて頭のところでろうそくのようなポーズを取り、そのまま5秒間静止します。このポーズを朝晩5セットずつぐらい繰り返しましょう。

腹斜筋を鍛えるには?

一方、腹斜筋はウエストの横にある筋肉で、この筋肉こそが美しいくびれの正体です。
この腹斜筋は普段の運動や日常生活であまり使われることがないので、放って置くと鍛えることがほとんどなく、忘れがちな筋肉です。

腹斜筋を鍛えるためには、腹直筋を鍛える時と同じポーズをとり、そのまま横に倒れるところまで倒して5秒間静止します。このポーズもまた朝晩5回程度繰り返しましょう。

ストレッチをする時間帯は朝起きて体が固まっている時お風呂上がりで十分に体が柔らかくなっている時が効果的です。
普段使わない筋肉なのでしばらく筋肉痛になることもありますが、慣れてくると筋肉痛になることもなくなります。

特にパソコンを使うディスクワークの人や、スマホやゲームを良くする人は骨盤が歪み、腹筋に負担がかかっている人が多く見られます。身体をしっかり伸ばすことで身体のゆがみを取り、血行を促進し、肩こりや腰痛の予防効果も期待できるのでぜひ毎日時間を見つけて取り組んで下さい。

忙しい時や忘れてしまった時でも週に2~3回程度続けると効果を実感できます。しかし、1回鍛えた筋肉も放っておくとすぐに脂肪に変わってしまうので、長く続けることが大切です。

毎日コツコツくびれを作ろう♡

お腹の筋肉は放置しておくとどんどん下へと垂れてしまうと想像するとコワいですね。毎日コツコツとストレッチして、寸胴体形をなんとか回避しましょう!

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
脱・寸胴!!くびれ作りには毎日こつこつストレッチが一番効果的◎

この記事が気に入ったら
いいね! しよう