美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.07.10
Loading

そのクレンジング、本当に正解?あなたにぴったりなクレンジングの選び方

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
そのクレンジング、本当に正解?あなたにぴったりなクレンジングの選び方

女性であれば誰しも「いくつになってもキレイなお肌でいたい!」という想いを抱くもの。 健康的で美しい肌をキープするためにはさまざまな方法がありますが、その中でも非常に重要なポイントとなるのがメイク落としです。そこで、美肌作りを目指すために知っておくべきクレンジングのポイントをご紹介します。

クレンジングが美肌作りのカギ!

21-2

高級な美容液や人気の美肌グッズを使用しても、どんなに努力を重ねても、肌のコンディションをきれいに保てなければ、美しい肌を手に入れることはできません。高級な美容液や人気の美肌グッツは、栄養を受け入れる態勢が整った、健康な肌にしか通用しないのです。

毎日の生活の中で肌には様々な汚れが生じています。メイクによる汚れだけではなく、体内から出る汗空気中のほこりなどの異物も肌に悪影響を及ぼします。
「今日はすっぴんだったから肌は汚れてない!」と言う方もいますが、それは間違いです。確かにメイクをしている時に比べれば肌への負担は軽いですが、少しでも外出したなら様々な汚れが、うちの中で過ごしていたとしても体内から排出された皮脂が肌を汚しているのです。

これらの汚れを定期的に落とすことは、肌をリフレッシュさせてあげたり、クレンジング後につける化粧水や美容液の吸収をアップさせたりするなど、美肌作りに欠かせない大切なポイントとなるのです。
ただし、汚れを落とそうとやみくもに洗顔すると逆に肌を傷めてしまう場合がありますので、クレンジングの方法には注意が必要です。

クレンジング剤には種類がある!

21-3

肌を傷めることなく正しくクレンジングを行うためにはクレンジングの種類を知っておくことが大切です。クレンジング剤には大きく分けて、オイルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプの5種類があります。

オイルタイプ

オイルタイプはクレンジング剤の中で最も洗浄効果が高く、皮脂などの脂分をしっかりと落としてくれます。その分、肌への刺激は大きいですが、落ちにくいメイクも素早くきれいに落とすというメリットがあります。

リキッドタイプ

リキッドタイプは、オイルタイプに次ぐクレンジング力の高さをもっています。オイルタイプほどのべたつき感がなく、それなりにしっかりとしたメイクでも落としてくれます。

ジェルタイプ

ジェルタイプには、オイル成分が含まれているものと、ノンオイルの水性のものがあります。同じジェルタイプでもノンオイルの方が汚れを優しく落としてくれます。ただし、肌への負担が軽い分、マスカラなどしっかり目のメイクなどの場合は十分に落としにくいというデメリットもあります。

クリームタイプ

クリームタイプは、のばしやすく肌負担が少ない点が魅力です。クリームの中には油の成分が多く含まれているため保湿効果もあります。洗い流すタイプと洗い流さないタイプがありますが、洗い流さないタイプはふき取り時に肌に摩擦がかかり、刺激を与えることになります。肌への負担を考慮したい場合には洗い流すタイプが適しているでしょう。

ミルクタイプ

ミルクタイプはクリームタイプ同様に肌負担が軽いのが特徴です。クリームよりさらに肌に馴染みやすい反面、ゆっくりと時間をかけて汚れを落とす必要があります。

クレンジングの選び方は肌目線で!

21-4

美しい肌を作るためには自分に適したクレンジング剤を使用して肌のお手入れをすることが大切です。どんなに性能の良いクレンジング剤を使用しても自分の肌に合っていなければ逆に肌を傷めてしまうことになります。

肌トラブルの少ない人には

特に肌のトラブルが生じないという人の場合には、肌の汚れをしっかりとクレンジングすることができるオイルタイプやリキッドタイプを使用するのがおすすめです。しっかりした濃いメイクの日にはオイルタイプを使用し、普段はリキッドタイプを使用するなど使い分けるのも良いでしょう。

脂性肌の人には

脂性肌の人の場合、肌がデリケートであるためオイルタイプほど刺激が強くなく、脂汚れもしっかりと落ちるリキッドタイプがおすすめです。

ジェルタイプは他のクレンジングタイプに比べると、洗浄力や肌刺激について適度なバランスがあるタイプと言えます。その時の肌の状態やメイクや汚れの付着具合に合わせて上手に利用すると良いでしょう。

乾燥肌・敏感肌の人には

乾燥肌や敏感肌の人の場合には、肌への刺激が少ないクリームタイプやミルクタイプがおすすめです。洗顔後も肌がつっぱりにくい保湿効果があるため乾燥肌の人には適しています。

洗顔後によりさっぱりとしたいという人は、クリームタイプより洗い上がりがすっきりとするミルクタイプを使用すると良いでしょう。

クレンジングは美肌作りにとって非常に重要!!

これまでの自分のクレンジングは、自分の肌に合ったものを使用できていましたか?乾燥肌・敏感肌なのにオイルクレンジングしていた、濃いメイクなのにクリームタイプを使っていていつも目回りが黒い…という方もいるのではないでしょうか?

しっかりとメイクを落とすことは美肌においてとっても重要です。自分に合ったクレンジングで、メイクをしっかり落とすようにしましょう!

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
そのクレンジング、本当に正解?あなたにぴったりなクレンジングの選び方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう