美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.07.02
Loading

種類によって効果もいろいろ♡アロマの香りで癒されよう

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
種類によって効果もいろいろ♡アロマの香りで癒されよう

アロマには、良い香りがするというメリットのほかに、心や体の調子を整えるといった実用的な効果もあります。そのため、病院に行くまでもないけれど、不調を何とか抜け出したいという時に頼りになるアイテムでしょう。しかし、アロマと言ってもその種類や効能はさまざまです。どのアロマを選べば良いか、どのように使えば良いか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか?そこでアロマの種類と、その活用方法について調べてみました。

アロマオイルの種類を分類すると?

27-2

アロマオイルはその香りによってハーブ柑橘フローラルオリエンタル樹脂スパイス樹木の7つに分類されます。

ハーブ系

ハーブ系はハーブの花や葉から抽出されたもので、爽やかさや清涼感のある香りが特徴です。代表的なものにはペパーミントローズマリークラリセージがあり、リラックス効果が高いため不眠やストレスの解消に一役買ってくれるでしょう。

柑橘系

柑橘系のアロマオイルは柑橘系の果物などから抽出されており、オレンジグレープフルーツ柚子などがよく知られています。多くの人に好まれる香りであり、前向きな気持ちにさせてくれたり、胃腸の調子を整えたりといった作用をもたらしてくれます。

フローラル系

フローラル系は花から抽出された、優しく甘い香りのするアロマオイルで、ローズカモミールジャスミンなどが代表的でしょう。頭痛や生理痛、胃の痛みに効果を発揮してくれるものが多く見られます。

オリエンタル系

イランイランサンダルウッドなどで知られるオリエンタル系のアロマは、そのエキゾチックな香りからエキゾチック系と呼ばれることもあります。深くリラックスさせてくれることから、感情のバランスをとる効果が期待できるでしょう。

樹脂系

樹脂系を代表するのはフランキンセンスミルラシストローズなどで、木の樹脂から抽出されたアロマオイルです。心を落ち着かせてくれる香りと保湿効果が特徴で、肌トラブルの改善に役立つものが多くあります。

スパイス系

スパイス系は植物の実や種などから抽出されており、シナモンブラックペッパージンジャーなど、料理の香辛料として知られるものが多いでしょう。心や体に刺激を与えてくれる効果があるため、エネルギー不足に感じる時に使用すると良いようです。

樹木系

樹木系は、樹木の皮から抽出されたアロマオイルです。森林にいるかのような爽やかな香りには集中力を高める効果や、高ぶった気持ちを落ち着かせる効果があります。

アロマは種類も使い方もいろいろ♡

27-3

沢山の種類があるアロマですが、使い方もさまざまで芳香浴アロマバスアロママッサージ湿布法などがあります。

芳香浴とは?

sayakaさん(@_msykna12_)が投稿した写真

芳香浴とは部屋にアロマの香りを漂わせ、その香りを楽しみ気分をリラックスさせる方法です。 アロマポットやアロマランプ、アロマ用加湿器、アロマ用ディフューザーといったように専用の器具を使う方法がありますが、お湯を注いだ容器に1、2滴たらし、その香りを吸い込む方法もありますし、ハンカチやコットンに1、2滴垂らし枕元に置いて香りを楽しむのも良いでしょう。

アロマバスとは?

アロマバスはお風呂にアロマオイルを5滴ほど垂らし、入浴をする方法です。 出産を早めてしまうアロマもあるため、妊娠中の女性はアロマバスを控えたり、慎重にアロマを選ぶ必要があるでしょう。全身浴はもちろん半身浴でも良いですし、洗面器などに1~3滴アロマをたらし、10分ほど足や手だけを入れるといった方法もあります。

アロママッサージとは?

アロママッサージはアロマを利用してマッサージを行う方法ですが、これにはキャリアオイルと呼ばれるオイルが欠かせません。

キャリアオイルってどんなオイル?

キャリアオイルとはマッサージに使われる植物油のことで、ホホバオイルグレープシードオイルなどさまざまな種類があります。 アロマオイルを単体で使う時も、複数ブレンドして使う時も濃度は1%以下になるように配合し、適量を手のひらで温めてから、肩や足などを軽くもむようにマッサージすると良いでしょう。

湿布法とは?

 


湿布法は日焼けや肩こりに効く療法で、水やお湯をはった洗面器にアロマを1~3滴たらし、そこに浸した布を患部にあてる方法です。その布を患部にしばらくあてることで効果が得られますが、長時間あてすぎない目に入らないようにするといった注意点もあります。

女性にオススメ!普段使いのアロマ活用法は?

27-4

リラックスや消化を助けるなど色々な効能が期待できるアロマオイルですが、普段の生活の中でも役に立ってくれるという嬉しいメリットがあります。

その中でも、特に女性にとってオススメなのはカビやダニの除去用品部屋の蚊除けスプレーとしてアロマオイルを活用する方法です。
アロマオイルは天然由来であるため、体や環境に優しいという特徴を持っています。市販のカビやダニの除去用品や、蚊除け用品などには科学物質が多く使われているため、口や皮膚を介して体内に毒素が入ってくる可能性がありますが、アロマを使うことによってこのような心配から開放されるでしょう。

作り方

使い方は簡単で、できれば遮光性のあるスプレー付きの瓶、なければポリエチレン製のスプレー付きの容器にエタノールを5ml入れ、そこに目的に合わせたアロマオイルを10~20滴垂らしよく振り、さらに精製水もしくは水道水を45ml加えてさらに振るだけです。

JJさん(@suirenee)が投稿した写真

カビ対策に有効なのは…

カビ対策であればティートリーユーカリサイプレスがお勧めで、カビが生えそうな場所にスプレーしておく、カビが生えてしまった場合はスプレーして10分ほど置いてからブラシなどでこすると良いでしょう。

ダニ対策に有効なのは…

ダニ対策にはユーカリサイプレスシダーウッド・バージニアンなどが適しており、畳やカーペットにスプレーするだけで効果を発揮してくれます。

蚊除けに有効なのは…

部屋用の蚊除けスプレーも同様で、シトロネラレモングラスゼラニウムなどを混ぜ、室内にスプレーすることで蚊を遠ざけてくれるでしょう。ユーカリやティートリーには消臭作用もあるため、来客前に使用すると嫌な臭いを消し、室内を爽やかにしてくれます。

癒し効果だけじゃない!アロマを活用して毎日を豊かに♡

美容やリラクゼーションに有効なイメージのアロマですが、日常生活のさまざまな場面で活用できることがわかりましたね。これからの季節は虫に悩む方も増えると思いますが、アロマで身体に害をもたらすことなく虫除けしてみてはいかがでしょうか?

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
種類によって効果もいろいろ♡アロマの香りで癒されよう

この記事が気に入ったら
いいね! しよう