美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.07.22
Loading

日焼け予防にオイルが使える!?とっておきのオイル3選♡

編集部
オススメ度
  • 美容

    70
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    70
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
日焼け予防にオイルが使える!?とっておきのオイル3選♡

日焼け予防には日焼け止めのクリームやジェル、スプレーなどを使う人がほとんどではないでしょうか?しかし日焼け止めを使うと肌が乾燥してしまう、日焼け止めが肌に合わない…など、悩みを抱えている人も多いようです。 あまり知られていませんが、実は日焼け予防にいいオイルがあるということをご存知でしょうか?オイルは酸化してしまうので逆効果では?と考える人も多いかもしれませんが、酸化しにくく日焼け予防に効果的なものもあるのです。ここでは、日焼け予防に最適なオイルを厳選して3つご紹介します。

伝統の椿オイルには日焼け予防の効果が

13-2

昔から多くの人に愛されてきた椿オイルですが、実は日焼け予防の効果があります。

紫外線には種類があり、紫外線のダメージを肌の奥まで届けてしまうUV-A肌表面にダメージを与えてしまうUV-Bがあります。椿オイルが予防できるのはUV-Bの肌表面の日焼けです。

椿オイルには肌表面の皮脂と同じ成分であるオレイン酸が含まれているので、肌の表面をバリアして守ってくれる効果があります。肌は乾燥していると日焼けしやすくなってしまいますが、椿オイルのオレイン酸が肌を保湿してくれますので日焼け予防をしながら保湿をすることもできます。

また、椿オイルには余計な角質を除去する作用もありますので余計な古い角質が肌表面に溜まることなく剥がされていきます。古い角質が溜まらなければ肌の生まれ変わりも正常になり、紫外線の影響をスムーズに排出することができます。

外に出る前にはマカダミアオイルで日焼けを最小限に抑えよう

Fresh lemon thyme leaves and essential oil with shallow depth of field setup on wooden background .

健康や美容に効果的ということで、食用として、もしくは美容目的で肌に塗布する人も多いのがマカダミアオイルです。肌の乾燥をケア、保護をしてくれるので日焼け予防に効果的です。

マカダミアオイルには非常に酸化しにくいという特徴があり、その点から紫外線予防に効果的なオイルのひとつと言えます。
また、人間の皮膚が老化すると減少していく脂肪酸があるのですが、マカダミアオイルにはその脂肪酸によく似たパルミトレイン酸が含まれており、このパルミトレイン酸が肌の老化防止に効果が高いと言われています。

パルミトレイン酸の効果には肌の弾力アップ再生効果修復ができるということで、紫外線に当たってダメージを受けた肌機能を修復し、早く紫外線ダメージを回復することができるでしょう。

外出する前にはマカダミアオイルを肌に塗布してからにするといいかもしれません。

美肌オイルとして有名なココナッツオイルは日焼けにも有効?

13-4

美容や健康のためにココナッツオイルを愛用している人も多いでしょう。ココナッツオイルは昔から南国で日焼け予防のために使われてきたこともあり、日焼け予防にも効果を発揮します。

新陳代謝を促すビタミンミネラルが豊富に含まれているので、すでに受けてしまった紫外線の影響を排出する手助けをし、また抗炎症効果があるので日焼けの後の赤くなってしまった肌の炎症を抑えることもできます。

ココナッツオイルの保湿効果で、日焼け後の肌の保湿もしてくれます。

肌が乾燥していると日焼けのダメージを受けやすくなってしまうので、日焼けの予防にオイルは最適な存在かもしれませんね。保湿も日焼け予防効果もあるので肌荒れを未然に防ぐことができるココナッツオイルは常備しておきたいオイルのひとつと言えるでしょう。

3つのオイルを使って日焼け対策を

椿オイル、マカダミアオイル、ココナッツオイルが日焼け対策に有効だということをご存知でしたか?

「オイル=焼ける」というイメージの人も多いかもしれませんが、今回ご紹介した3つのオイルは日焼けの原因の一つ「乾燥」を防いでくれるので、日焼け止めが苦手だという方は試してみては?

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
日焼け予防にオイルが使える!?とっておきのオイル3選♡

この記事が気に入ったら
いいね! しよう