美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.07.29
Loading

O脚はおブスな姿勢でつくられる!!正しい座り方で治そう◎

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    70
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
O脚はおブスな姿勢でつくられる!!正しい座り方で治そう◎

通常、O脚はストレッチで改善させますが、忙しい方は「治したい…」と思いながらもついつい放置してしまいがちですよね。 O脚をそのままにしておくと、見た目だけではなく、さまざmな健康上の問題を引き起こすこともあります。今回は忙しい方のために、日ごろの何気ない座り方でO脚を改善する方法をご紹介します。

骨盤の歪みはO脚の原因!

photo

癖のある歩き方をしていたり、悪い姿勢を続けていたりすると自然と骨盤の歪みを招いてしまいます。

骨盤が歪んで外へ開いてしまうと、股関節が外側へずれ、それにあわせて脚の骨や関節も外側へ移動してしまうことになります。
脚の骨や関節が外側へ開くと、下半身の筋肉も外側ばかりが酷使されることになり、内側の筋肉が弱ってきます。脚の内側の筋肉が弱まると、筋肉の緩みやたるみを生み、膝や足首まで外側を向くようになってしまいます。

つまり、発達した脚の外側の筋肉が内側の骨や筋肉を過度に引っ張り上げる形になり、それが脚の形をO形に湾曲させるようになってしまうのです。


骨盤の歪みこそがO脚の元凶
であり、いかに骨盤を正常な位置に戻してあげるかということが、O脚そのものを改善するために重要なのかということがわかるかと思います。

O脚が招くさまざまなトラブル

27-3

O脚になるとスタイルが悪くなるなど、見た目を気にすることが多くなるかもしれません。

しかし、O脚は見た目以上に身体の健康そのものへ大きな影響を与えます。具体的に、どのような症状が懸念されるのか見ていきましょう。

O脚が招く影響①:変形性膝関節症

O脚の原因である骨盤の歪みが、軽度のうちは見た目の悪さのみが問題になりますが、歪みが酷くなると痛みを伴うようになり、悪くすれば変形性膝関節症という病気になってしまうこともあります。 また、O脚の酷い状態が続けば、それは膝の関節や軟骨にも大きな負担を与え続けることになります。その結果、膝関節の変形を招き、強烈な痛みを伴う変形症を引き起こしてしまうのです。

O脚が招く影響②:腰痛

O脚は悪い姿勢が原因となっており、そのまま放置しておくことは悪い姿勢を放置しておくことでもあります。 悪い姿勢は身体にかかる負担も増大させることになりますが、その結果として膝関節を痛めるだけでなく、腰にも悪影響を及ぼします。O脚に悩んでいる人の中には腰痛を抱えている人も多く、それもO脚による悪い姿勢によって腰に過度の負担を与えてしまった結果です。

O脚が招く影響③:むくみや冷え

そのほかにも、血流の悪化を招くO脚がむくみや冷えを引き起こしてしまうこともあります。

O脚は放っておくと健康上の大きな問題を引き起こしかねない一種の病気だととらえた方が良いかもしれません。

O脚改善は正しい座り方にあり!

27-4

O脚は間違った座り方をしていると、それが骨盤の歪みや脚の湾曲を生み、症状をどんどん悪化させてしまいます。しかし逆に言えば、正しい座り方をしていればO脚を改善できるということでもあります。 ところで、日本人は欧米人と比べて特にO脚になりやすいと言われています。それは畳や床に直接座ることの多い日本人の習慣と無関係ではありません。 横座りやあぐらは骨盤の歪みを招きやすく、それが日本人のO脚の多さと関係しているのです。

O脚改善1:地べたに座ることは控える

座り方でO脚を改善するためには、まず地べたに座ることを極力控え椅子に座るようにするということが大切です。もちろん、椅子に座る生活にしても、そのときの座り方が間違っていればO脚は改善できません。

O脚改善2:足を組むのはやめる

まず、椅子に座るときは脚を組むのはやめましょう。脚を組むと骨盤の歪みにつながるので良くありません。脚はつま先を正面へ向けて両膝をしっかりと揃えるようにします。 背筋を伸ばした状態で、背骨とお尻が直角になるように気を付けましょう。膝を曲げた時に、曲げた膝も直角にするように気を付けます。

これがO脚を改善するための正しい座り方です。この座り方は椅子さえあればどこでもできるので、忙しい方や仕事中の方でも実践しやすいというのが特徴です。

その体調不良はO脚からきているかも!

なんとなく疲れが取れない脚がだるい腰が痛い…そう感じている方、まずはO脚を改善するために姿勢を正してみましょう! はじめは、本来正しい姿勢を維持するのに使われているはずの筋肉が、使われていない状態なので身体が痛むかもしれませんが、慣れると自然にできるようになります。 授業中、仕事中、いますぐに実践できるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

kwsosakaさん(@kws_osaka)が投稿した写真

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
O脚はおブスな姿勢でつくられる!!正しい座り方で治そう◎

この記事が気に入ったら
いいね! しよう