美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.08.06
Loading

夏でも冷え過ぎ注意!腹巻でぽかぽかダイエット♡

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
夏でも冷え過ぎ注意!腹巻でぽかぽかダイエット♡

ひと昔前までは、腹巻と言えば年配の男性が愛用するものというイメージがありました。しかし、最近では若い女性が身につけてもおかしくないおしゃれなものが増えてきています。そして、この腹巻がダイエットに対して大きな効果があるのです。身につけているだけで痩せられる腹巻ダイエット。その仕組みについてご説明します。

基礎代謝とダイエットの関係とは

1-2

ダイエットというのは、摂取するカロリーを減らして消費するカロリーを増やすのが大原則です。
分かりやすく言えば、食べる量を減らして運動量を増やすわけです。しかし、ダイエットにはもうひとつの方法があります。基礎代謝を上げるのです。例えば、カロリーを消費する有酸素運動ではなく、筋トレなどの無酸素運動を行って筋肉を鍛えます。そうすると筋肉が増えた分基礎代謝が上がって普通に生活していてもより多くのカロリーを消費するようになります。また、一般的に若い人は基礎代謝が高いですが、年を取ると代謝率が下がってきます。食事量は変わっていないのに中年になると太りやすくなるのはそれが原因です。

ダイエットにおいては、この基礎代謝率をいかにして上げるかがポイントになります。いくら苦しい食事制限を経て体重を減らしても、太りやすい体質のままではすぐに元の体型に戻ってしまうからです。
その事実が明らかになり、現代では食事制限と運動だけではなく、基礎代謝に着目したさまざまなダイエット法が考案されています。腹巻ダイエットもそのひとつです。

お腹をあたためると脂肪がつきにくくなる!

SSUCv3H4sIAAAAAAAEAH2TyY7bMAyG7wX6DoHOCeola5+glwF666HogZbpWBhZNERqugR598pyPFWKzNzM75d+cfPl44fVSjXARqvPq8sUxdhYG1g8iCEXcbG+cWyNkDdgJzixa1IUC0hg5MyirGrfxbhc7oKF4XcOGnNmIf089iSUCxrcGwJZCr6hXxHWrzCIBhb0+ckWR2IjyYHvBI8wsJgBc9rFY9ZAjszjFAbiB66JtMFhnthIrt3dnfLI3P1nyG9Wy32QWFYS7/gEuujV5/QPkYPUg2wuGgTPcWB3k1mG/X2OV4tw671ESX1FGi2qdaZwaCblGw3o1MKv63dMviBY6TV4/PQUN0fHtXlg+GRYo7XgkAL/M54/frxuzxmdntbncs3q82gR5r27VaO2utnudddt6n1Tb7bHw2lz3LXV5qSP20NR7XFflumV2Vo9/4w9HlJ/bqYvpkXKYgitoax/LxQrmS7UWSajN9q4c3aNpE87ucQ6/lE0ZMCRpMzV3BXVxmFNYVmXxaks6pj6odpVRV3FfK9/AQtDamypAwAA

基礎代謝をアップするには、筋肉をつける他に体を温めるという方法があります。体が暖かくなると血の巡りが良くなって新陳代謝が高まるというわけです。
逆に、女性に多い冷え性の人などは、常に体が冷えていて太りやすい状態に陥っています。特に、内臓が冷えてしまうと極端に代謝量は減ってしまいます。

また、肝臓が冷えると尿が出にくくなり、その結果、余分な水分が体内にたまってむくみの原因になってしまうのです。
それらを防ぐのが腹巻です。腹巻は内臓を冷気から守ってくれますし、体の中心を温めることで血の巡りを良くして効率よく体全体の温度を上げてくれます。体温が高くなれば、脂肪が燃焼し、太りにくくなります。このように、腹巻は身にまとっているだけで多くのメリットがあるのです。他にも基礎代謝を上げる方法はありますが、腹巻ダイエットは気軽に行えるという点が大きな魅力です。

腹巻ダイエットで気をつけること

1-4

腹巻ダイエットはお手軽で効果的な方法ですが、注意すべき点もあります。確かに、腹巻をしていると体は温まって代謝が高まります。しかしそれは、体質改善の結果ではありません。体自体の代謝機能が高くなったわけではないのです。それどころか、ずっと腹巻を着用し続けていると体がそれに頼り切ってしまって、逆に、体温の調整機能が衰えてしまいます。

腹巻を一日中着用していても、ダイエットにとってはマイナスです。腹巻の着用は1日4~5時間にとどめ、メリハリをつけるようにしましょう。
また、ダイエットだからと言って、ウエストを締めつけるようなタイプの腹巻は体に良くありません。血流を阻害してしまい、逆効果になってしまいます。

さらに、腹巻の素材も重要な要素です。保温力にすぐれた素材の方が、より高い効果を期待できます。そういう意味では、シルクよりもウールや遠赤外線素材などがおすすめです。ただ、腹巻ダイエットだけではどうしても効果に限界があるので、並行して軽い運動を行うのが良いでしょう。相乗効果で効率良く体重を落とせる期待が高まります。

夏場もお腹を冷やさないで!腹巻でしっかり保温♡

日本の夏は蒸していることもあり非常に暑いですが、室内は冷房でキンキンに冷えていて体調を崩してしまう方も多いのではないでしょうか?
温度差が激しすぎて、身体がついていかない…という時は、上手に腹巻を取り入れて冷えを防ぎましょう!

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
夏でも冷え過ぎ注意!腹巻でぽかぽかダイエット♡

この記事が気に入ったら
いいね! しよう