美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.08.07
Loading

自まつげも大切に育てるべし♡正しい“まつ育”で華やかな目元に!

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
自まつげも大切に育てるべし♡正しい“まつ育”で華やかな目元に!

メイクによって魅力的な自分になるためには、目元をバッチリと決めることも大切ですよね。そこで欠かせないのがまつ毛の存在! 魅力的なまつ毛にするためには、つけまつ毛やまつ毛エクステなどをするのもいいかもしれません。しかし、それ以前にまつ毛を育てる「まつ育」も必要では?ここでは、華やかな目元を演出するための「まつ育のやり方」などに関する情報についてまとめました。

まつ毛で大きく変わる瞳のイメージ

SSUCv3H4sIAAAAAAAEAJ1TQW6DMBC8V+ofEOcQ4RgI9Ng+I8phsZfUisEImzRRxN9rIE6MlEhVb94ZzzDsrq/vb0EQlqAFCz+C61jZWkjZa9OBEaqxcLy64ciFUZ0AOYIjNkxMqA2YXqP2LMiGdpWtidMyaLRR7Nh+K6N8gmOrtDATrhdEh1BrI2r00cpekwJ8qFUNT0fAi8TA4MFmXYRy/7mb68ARt4DGUmG48jDdlxPmoGH1b+V82LvMcMCGXR7Zxq4v+rPzzBbO8Tk7F+mapHfv/Z1e9uylRfJUW4rD3xJ8qYZha3qQ60+E3lyeubmhvHQpsodsPgze/DqUCPNK7VzLOM1plfKo4gyjJM2zqKygjBAJifNtkWxZPFnOKcLjj8GunuZ/Mz0JjsqroedCeftxUgzkKKD+JtmnoGpPxe1qjbMlNC4oSWixiWmW5ZTk9uvDL3UoT/FSAwAA

メイクをするとき、どこにポイントを持っていくのかは個々によっても異なりますが、目元をパッチリと決めたい人はいつの時代も多いのではないでしょうか?そのためには、ファッションやヘアスタイルなど全体を意識したメイクが大切です。

色を控えめにする

メイクに使うファンデーションをはじめ、チークやアイシャドウなどとの配色バランスも意識したいですよね。また、まつ毛を長く見せることで華やかな目元を演出できます。
メイクのポイントをまつ毛に持っていくと、相手の視線を目元に引き寄せることにもつながります。また、チークや口紅などを少し控えめにすることで、さらに魅力的な目元を演出するポイントにもなります。

アイラインや眉毛を薄く

アイラインや眉毛を目立たなくすることも、メイクのポイントを目元に持っていくポイントになるでしょう。そのためには、マスカラやつけまつ毛などに頼らないで、まつ毛自体を育てる「まつ育」をおすすめします。

まつ育に必要なものには何がある?

15-3

加齢とともに衰えるのは、まつ毛の場合も例外ではありません。しかも、太く健康だといわれてきた10~20代のまつ毛も、まつ毛エクステやつけまつ毛のノリなどで大きなダメージを受けているのです。マスカラやビューラーなど、日常的に使うことが多いメイク用品からの影響も見逃せません。

このように、まつ毛に負担を掛けてしまうと、加齢にともないまつ毛が短くなったり減少したりしてきたときに、マスカラなどでカバーできなくなります。そうならないためにも、日頃からの「まつ育」が大切です。

まつ育におススメの食べ物

まつ育は育毛と同じです。まつ毛を育てるためには、毛の素になるタンパク質亜鉛ビタミンB群、必須アミノ酸を含む食材を意識して取り入れることがポイントになります。
なかでも、卵や牛乳豆腐など、身近な食材に含まれるシスチンの存在が注目されています。

まつ毛美容液のススメ

まつ毛専用の美容液を付けることもまつ毛を育てるために有効的です。美容液を選ぶときは安全性を最優先した上で、まつ毛にダメージを与えないものを選ぶことが大切です。植物由来成分アミノ酸系の美容液がおすすめです。また、メイク落としのしやすいマスカラやアイライナーなど、アイメイク用品選びにもこだわりましょう。

まつ育の初心者が注意したいこと

15-4

まつ育で大切なことは、日頃のメイクでまつ毛に負担を掛けないことです。せっかく、ケアしてもまつ毛にダメージを与えると本末転倒になりますので、まつ育初心者の人は「まつ育のやり方」にも十分注意しましょう。
まつ育のためには、まつ毛の根元の保湿を心掛けて十分に栄養を行き渡せるようにしたいですね。また、まぶたに蒸しタオルなどを当てて、目のまわりの血行を良くすることも大切になります。
ちなみに、髪の毛の成長期は3~6年といわれますが、まつ毛は約40日と極端に短いため、限られた期間にしっかりケアすることが大きなポイントになります。

✩さん(@natsugram82)が投稿した写真


ボリュームのあるまつ毛を演出するためには、マスカラをはじめ、つけまつ毛やまつ毛エクステをする方法もあります。しかし、まつ毛自体に大きな負担になることを知っておきたいですね。それらのアイテムを使わなくても、まつ毛そのものをきちんと育てて魅力的な目元をアピールしましょう。

まつ毛を育ててずっとぱっちりな目元をキープ♡

まつ毛エクステやつけまつげでボリュームたっぷりの目元を演出するのも良いですが、ダメージが気になるところ。将来的にもずっとまつ毛を絶やさずにぱっちりな目元をキープするためにも、自まつ毛を大切に育てましょう♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
自まつげも大切に育てるべし♡正しい“まつ育”で華やかな目元に!

この記事が気に入ったら
いいね! しよう