美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.08.15
Loading

これ以上悩まない◎ハズレなしの顔のテカリ対策とは?

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
これ以上悩まない◎ハズレなしの顔のテカリ対策とは?

特に夏場や、夜になってメイクが崩れてくると、顔がテカリ出す人も多いのではないでしょうか? テカリは皮膚から分泌される皮脂が作るもので、体質や間違ったスキンケアによるものなどさまざまな発生原因が考えられます。テカリを少しでもなくしたい、テカリは恥ずかしいという人は、なぜオイリー肌になるのかの原因をきちんと知り、十分な対策を立てるようにしましょう。

顔のテカリが起こる原因とは?

19-2

皮脂が通常よりも多く分泌されると、顔がテカって見えることがあります。原因として挙げられるのは、思春期や更年期など、体のホルモンバランスが崩れることによって起こるものです。
思春期の頃オイリー肌でニキビが多かった人も、成人すると次第に肌の状態が改善されることがあります。

思春期のオイリー肌の原因

ホルモンバランスによるオイリー肌の対策は、脂っこい食べ物を食べるのを避け、夜更かしせずに規則正しい生活を送ることです。

成人のオイリー肌の原因

一方、更年期や妊娠期以外の成人のテカリの原因は、遺伝やストレスによるもの、間違えたスキンケアによるものが大きいです。

遺伝の場合

遺伝の場合はある程度仕方がないことなので、過剰に気にすることなく個性だと考えましょう。乳液やクリームを使ったスキンケアをしてこれ以上皮脂が分泌されないような対策をとります。皮脂は肌が乾燥しているとより多く分泌されるので、スキンケアには保湿効果が高いものを使って、きちんと肌を整えてあげましょう。

ストレスが原因の場合

また、ストレスをためると思春期同様、体内のバランスが狂ってしまうので、ストレスフリーの生活を心がけることも大切となります。あまりにもテカリが気になってストレスになるようなら、あぶらとり紙を使って一時的に取り除くのも良いでしょう。
しかし、あぶらとり紙の使い過ぎは乾燥肌を悪化させてしまうので注意が必要です。

行き過ぎたケアがテカリの原因に?

19-3

テカリを少しでも抑えようと、毎日洗顔に気を遣っている人もいるかもしれませんが、洗い過ぎはテカリには逆効果です。洗い過ぎは必要以上に顔から皮脂を取り除いてしまうため、皮膚が乾燥して助けを求めるようになります。

SOSを受信した皮脂腺が皮脂を大量に出すようになり、洗い過ぎると結果的に皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。また、シャワーなどの刺激を皮膚に当てることでも、皮脂が分泌されてテカリを作ることがあります。皮脂は皮膚を守るバリアの役割も果たすので、刺激を与えると分泌されることがあります。
シャワー以外にも顔を手やボディタオルなどでゴシゴシとこするのは避けましょう。

テカリをなくすための正しいスキンケア

19-4

思春期など特定の時期に一時的に起こるテカリは、食生活や生活習慣の改善で軽減できますが、間違ったケアが原因のテカリの場合は、正しいスキンケアを行って改善させる必要があります。
テカリは乾燥肌が原因なので、洗顔後は肌を乾燥させないために保湿に重点を置いたスキンケアをします。化粧水も乳液もしっとり系を使うと良いでしょう。

テカリ肌なのにしっとり系の基礎化粧品を使うことに抵抗があるかもしれませんが、初めのうちはテカリが気になってしまっても、皮膚がだんだんと皮脂腺にSOSを発しなくなるので、自然と皮脂腺の方で皮脂の分泌を抑えるようになってきます。

スキンケアは朝の洗顔に加え、家に帰ったらメイクを落としたあとに保湿ケアを、夜寝る前にも乳液をたっぷり使ったケアを行いましょう。乳液以外にも、クリームや潤いに効果が期待される美容液を使うとさらに保湿効果はアップに繋がるでしょう。

顔のテカリには保湿ケアが有効!

顔がテカっているからといって、保湿を控えてはいけません。これから夏本番、さらに肌の乾燥は進んでいきますので、しっかりと保湿して肌が余分な皮脂を分泌しないようにしましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
これ以上悩まない◎ハズレなしの顔のテカリ対策とは?

この記事が気に入ったら
いいね! しよう