美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.08.20
Loading

憎き腕のセルライト…どうしたらなくせるの?

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    70
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
憎き腕のセルライト…どうしたらなくせるの?

夏本番、薄着で外出する機会も増え、ムダ毛ケアやダイエットに気合が入るという女性も多いのでは? しかし、美容に気を遣う女性でさえも、なかなか対策しきれていないのが「セルライト」です。ノースリーブから出た腕や、ミニスカートやハーフパンツから見える太ももにも、セルライトは潜んでいるかも知れません。今回は、女性の美しいボディの大敵、セルライトについてまとめてみました。

落ちにくいセルライト…原因は?

photo[97]

セルライトは、皮下脂肪を形作っている脂肪細胞に老廃物が定着することからできます。セルライトができてしまった部位の皮膚表面には凹凸ができ、まるでオレンジの皮のような外形へと変化してしまいます。

セルライトは、筋肉量が少なくエネルギーを代謝する力の弱い体にできやすいことが分かっています。通常、酸素・脂肪・栄養分は血液の循環によって体中に提供され、不要な二酸化炭素やリンパ管で回収しきれなかった水分や老廃物は、血液を通して回収され、最終的に体外に排出されます。

しかし、筋肉量が少なく、血液を押し流す力が弱い体の場合、血液を循環させる力が弱く老廃物などを体内に溜め込んでしまいやすくなってしまいます。エネルギーを代謝させる力も弱いため、余ったエネルギーが脂肪として体に蓄積されやすく、脂肪と老廃物が定着し、体内に滞ってしまいます。

これらの物質が肥大化、定着することによってセルライトは生まれます。セルライトは、男性よりも女性の体にできやすいということが分かっています。女性の体は性質上、男性よりも皮下脂肪が付きやすく、筋肉量が少ない傾向にあるためです。一方、男性の体は内臓脂肪が付きやすく、筋肉量が女性よりも多い傾向にあるため、女性よりも比較的セルライトができにくいのです。

リンパマッサージで老廃物を流そう

4-3

セルライトは、運動や食事制限では落ちないことが分かっています。このため、ダイエットをしてもセルライト分の体重は落ちず、セルライトができてしまった部位はサイズダウンしないのです。セルライトを解消することに有効なのは、「リンパマッサージ」です。

セルライトは、脂肪細胞と老廃物が定着してしまっている状態であるため、外的な刺激を与えなければ解消されません。脂肪と老廃物の塊をマッサージによってほぐしリンパの流れを促進させ、体外への排出を促すことが効果的です。
首や、脇の下、鼠径部、膝裏などを刺激するとリンパ液の流れが促進されやすく、マッサージと合わせて刺激すると良いでしょう。

セルライトを作らない生活習慣はコレ!

photo[99]

セルライトを予防するには、筋肉量をアップさせ、基礎代謝量を高めておくことが効果的です。血液を循環させる力が高まり、エネルギーの代謝も速やかに行われるため、体内に脂肪や老廃物が溜まってしまうことを予防することができます。

また、セルライトは喫煙者にできやすいということも分かっています。タバコに含まれる「ニコチン」と呼ばれる物質が、血管を収縮させる働きを持つため、血行不良を起こしやすく、老廃物や脂肪が滞留しやすくなってしまうためです。
睡眠不足や食生活の偏りなども、自律神経を狂わせ、女性ホルモンのバランスを崩す原因になってしまい、代謝サイクルを狂わせてしまう原因にもなります。運動と併用し、生活サイクル整えることが、セルライトを予防するにおいて大切です。

できてしまう前に…セルライトを予防しよう!

できてしまってから無くすのはなかなか難しいセルライト。日ごろから身体を冷やさない、運動する、正しい生活習慣を送るなど基本的なことを大切に、予防するように心がけましょう!

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
憎き腕のセルライト…どうしたらなくせるの?

この記事が気に入ったら
いいね! しよう