美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2015.11.08
Loading

【女子必見】◯◯を食べてツルツルに!? ムダ毛を抑える食生活

編集部
オススメ度
  • 美容

    50
  • お役立ち

    60
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
【女子必見】◯◯を食べてツルツルに!? ムダ毛を抑える食生活

体毛の濃さには遺伝的影響があると考えられていますが、それ以外にも要因はあるのです。それらを知ったうえで適切な対策をすることで、体毛の濃さはある程度改善することができるかもしれません。 今回は、体毛の濃さに関わる要因を解明し、食生活の改善からムダ毛を薄くする方法をお伝えします。

体毛の濃さに影響する遺伝とホルモンバランス

image2

「自分の体毛の濃さは両親からの遺伝が原因では?」と考えている人もいるのではないでしょうか。
たとえば両親の両方、あるいはどちらかが体毛が濃いとその子供も体毛が濃くなる可能性が高まります。

遺伝以外にもう一つ、「ホルモンバランス」も体毛の濃さに影響すると考えられています。
一般的に、髪の毛以外の体毛は男性ホルモンが、髪の毛は女性ホルモンがその体毛の濃さや性質をつかさどっています。
たとえば男性ホルモンの分泌が多いと手足の毛が濃くなり、女性ホルモンの分泌が多いと手足の毛は薄く、髪の毛は豊かで艶やかになります。男性の方が女性より体毛が濃かったり薄毛になりやすかったりするのも、これらのホルモンバランスが原因なのです。女性でも体毛が濃いのなら、女性ホルモンが減り、代わりに男性ホルモンが多く分泌されていることが考えられます。

遺伝は自分の力ではどうすることもできませんが、ホルモンバランスは日々の生活に気をつければ改善することが可能です。ではどうすれば男性ホルモンを抑え、女性ホルモンを増やすことができるのでしょうか?
このホルモンバランスに大きく影響する要因として、食生活が挙げられます。
次章以降では、ムダ毛を抑制する効果がある、女性ホルモンを増やすための食生活について紹介します。

食生活を改善して女性ホルモンアップ!

image3

毎日の食生活はホルモンバランスを大きく左右します。
ではホルモンバランスを整えて女性ホルモンを増やし、女性らしい美しいカラダを手に入れるためにはどのような食生活を心がければよいのでしょうか。

ホルモンバランスを整えてくれる食事

以下で紹介する栄養素や食品は、女性ホルモンの分泌を促してくれる作用があります。女性ホルモンの分泌が活発になれば、ムダ毛を薄くする効果が期待できるというわけです。

イソフラボン(大豆食品)

大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似た成分で、ホルモンバランスを整えてくれます。またイソフラボンは、肌の弾力を維持するコラーゲンを増やすことで肌のハリを向上させます。加えて。細胞の新陳代謝を促進し肌の再生を助けるため、保湿力アップにもつながります。
(例)具だくさんミネストローネ

image4

ビタミンE(アーモンドなどのナッツ類)

ビタミンEは別名「老化を防ぐビタミン」とも呼ばれ、女性ホルモンを生成する卵巣の働きを活発にします。
(例)鶏肉のカシューナッツ炒め

image5

コレステロール(卵)

コレステロールは女性ホルモンを作るもとになります。コレステロールのバランスが悪化すると女性ホルモンがうまく生成されなくなるため、生理不順や肌荒れなどにもつながります。そのため、毎日1個は摂ることをおススメします。
(例)とろとろフワフワかに玉

image6

DHA(魚)

DHAは血液をサラサラにし血行を促すことでホルモン分泌を活発にしてくれます。DHAは体内では作られないため、食事から摂取する必要があります。
(例)さんまの南蛮漬け

image7

ボロン(キャベツ)

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌を促すだけでなく、その濃度を高めてくれる働きがあります。それによって肌自身の自己再生力も高まります。また、食物繊維が豊富なため、便通に悩む方にも効果的です。
(例)ロールキャベツ

image8

これはやめた方がいいかも……。ホルモンバランスを乱す食事

では逆にホルモンバランスを崩してしまう食事というのはどのようなものなのでしょうか。

野菜中心の食事

野菜は本来カラダにとって良い食べ物ですが、野菜のみで肉や魚などを完全にシャットアウトしてしまうと、女性ホルモンを生成するのに必要なたんぱく質が不足してしまう可能性があります。

インスタント食品

手軽に作ることができて便利なインスタント食品。しかしインスタント食品に含まれる多くの化学調味料が体内のミネラルを奪い、成長ホルモンの分泌を妨げてしまいます。たまに食べるくらいであれば問題ありませんが、日常的にインスタント食品に頼る生活を長く続けていると、ホルモンバランスを乱す原因となります。

冷たい食べ物や飲み物

冷たい食べ物や飲み物は身体を冷やし、自律神経に悪影響を及ぼします。そして自律神経と相互作用のある女性ホルモンの働きを悪くします。そのため、季節にかかわらず冷たい食べ物や飲み物の過剰摂取は控え、できるだけ温かいものを口にするようにしましょう。

生まれつき体毛が濃いからといって諦めないで!

体毛の濃さの度合いには、遺伝以外にもホルモンバランスが大きく影響していることがわかりました。
しかし、ホルモンバランスは日々の生活から改善することができます。

「遺伝だから……」と諦めるのではなく、今回紹介したように日々の食生活を改善することで体毛の濃さをある程度抑えることができるかもしれません。
また、健康な食生活は体毛の濃さに影響を与えるだけでなく、心身のバランスを保つために重要です。そのため、体毛を薄くすることが目的でなくてもバランスのよい食生活を送るよう心がけましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
【女子必見】◯◯を食べてツルツルに!? ムダ毛を抑える食生活

この記事が気に入ったら
いいね! しよう