美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.08.26
Loading

つら~い夏冷え…夏なのに毎日寒いあなたへ♡

編集部
オススメ度
  • 美容

    70
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
つら~い夏冷え…夏なのに毎日寒いあなたへ♡

あつーい外出先から帰ってきて、冷房の効いた涼しい屋内に思わず「幸せ~」と感じたのもつかの間…キツイ冷房による夏冷えに悩まされる女性も多いはず。 今回はそんな夏冷えの原因と、対策についてご紹介します。

暑いのに寒い日本の夏、体が冷える原因は?

photo[71]

夏は連日外の気温は30度を超え、外にいることが多い人にとっては冷えとは無縁ですが、室内で長時間過ごすことが多い場合、暑さ以上に寒さを感じる人も多いのではないでしょうか?

その主な原因として、冷房の温度設定が低いことと冷たい飲み物や食べ物の摂り過ぎが考えられます。
冷房の温度設定ですが、企業のオフィスなどではフロアが広く冷房が効きづらいため、必要以上に低い温度設定になってしまっている可能性があります。

一般的な冷房の適正温度は…?

一般的に冷房の適正温度は28度と言われますが、外回りをする営業さんなどが同じフロアにいる場合28度よりも低く設定されていることも多く、それによって体が冷えやすくなってしまいます。

冷たい食べ物の出番が多い

photo[5]

また夏は外が暑く汗をたくさんかくため、アイス冷たい飲み物ばかり求めてしまいがち。
冷たいものは胃やその他の内蔵が冷やしてしまうので血流が悪くなり、全身の冷えにも繋がりやすくなってしまいます。

そうめん<にゅうめん、サラダ<温野菜、ビール<常温ワイン!?

photo[69]

上述したように、冷たい食べ物や飲み物は夏冷えの大きな要因です。
そのため夏に食べたい食べ物・飲み物も少し工夫をして食べることをおすすめします。
夏に欠かせない食べ物であるそうめんですが、こちらもそのまま食べてしまうと体を冷やすことに繋がってしまいます。
そんなときは温かいにゅうめんにすれば、食べやすさはそうめんそのままに体を冷やすことなく食べることができます。
サラダも、夏は冷たい生野菜を食べたいところですが、火を通した温野菜を食べるようにしてみましょう。
またキンキンに冷えたビールも夏の仕事終わりには欠かせないですが、こちらも飲み過ぎは体の冷えの原因となってしまいます。
常温のビールはおいしくありませんが、ワインであれば常温でもおいしく飲むことができますので、仕事の終わりの一杯には冷たいビールではなく常温ワインで夏冷え予防に努めましょう。

アロマバスソルトで冷えない体を作ろう!

photo[70]

夏冷え対策にはバスソルトも有効な方法です。
バスソルトはその名の通りお風呂に入れる塩ですが、体を温め発汗を促す効果があります。
そのため、お風呂に入るときにバスソルトを入れるだけで、冷房などで冷えてしまった体を芯から温め代謝を高めてくれるため、体を温かい状態に保ち冷えにくい体を作ることができます。

また、塩は吸着する特徴があるので、そのおかげで以下のような効果が期待できます。
・毛穴につまった汚れや老廃物を取り除く
・皮脂の分泌を促進する
・塩に含まれるマグネシウムが腸の働きを整える

Akie Taniguchiさん(@akie914)が投稿した写真

バスソルトにも保湿効果や美肌効果、腸内活動の活発化など、単なる夏冷え対策だけでない女性にとってプラスとなる効果がたくさんあるのです。 更にアロマオイルドライハーブを用いることで、様々な香りを楽しめるアロマバスソルトも簡単に手作りすることができます。 アロマバスソルトなら、これまでご紹介したような夏冷え対策や保湿効果、美肌効果、腸内活動活発化などの効果に加え、アロマの香りによるリラックス効果もありますので、体の冷えによって乱れてしまった自律神経を整える作用も期待でき、正に女性にとってはいいこと尽くしと言えるでしょう。

1番の夏冷え対策は身体を温めること♡

 

Liz Poonさん(@lizzzzzzzp)が投稿した写真


いかがでしょうか?暑いからといって、毎日冷房ガンガンの部屋でアイスを食べ、キンキンに冷えたビールを飲んでいてはいけません!

特に女性にとって冷えはもっとも避けたいもの。身体の芯だけでも温めるように意識して毎日を過ごしましょう♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
つら~い夏冷え…夏なのに毎日寒いあなたへ♡

この記事が気に入ったら
いいね! しよう