美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.09.11
Loading

ダイエットしてたらお尻やお腹に白い線・・・!?それ、肉割れです

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
ダイエットしてたらお尻やお腹に白い線・・・!?それ、肉割れです

せっかくダイエットに成功したのに、体に白い線が出てきてしまった、という話を聞きませんか?これは「肉割れ」と呼ばれる現象です。ダイエットのときには単に痩せるだけではなく、肉割れをケアしながら健康的に痩せていくことが大切です。

痩せてく時よりリバウンド時に要注意!肉割れができる仕組み

photo[1]

肉割れは背中、お腹、太ももなどの肉がつきやすい部位に起こります。肉割れの原因は、急激に太り、皮膚が傷つけられることにあります。人の体は大きくなると、当然皮膚も一緒に伸びていると思われがちですが、実は伸縮性があるのは皮膚の表面だけで、その下にある「真皮」と呼ばれる層は急に伸縮できるものではありません。

そのため、体が太っていくと真皮は引き伸ばされてしまい、限界を超えると破損してしまいます。この破損の跡が肉割れなのです。
ダイエット後、痩せていくとこの肉割れが目立ってきますが、肉割れ自体は痩せていくときよりも遥かに太るときのほうが起こる確率が高いとされています。そして、急激なダイエットで肌が弱くなっているときは要注意です。無理のあるダイエットはリバウンドが起こりやすく、弱まった体はリバウンド時に肉割れがあちこちにできてしまうからです。

肉割れを薄くするには新陳代謝と保湿!地道なケアを続けよう!

photo[2]

一度肉割れが起こってしまうと、完全に消すのは時間がかかる大変な作業になってしまいます。そのため、ダイエット時にはそもそも肉割れしないよう、注意しながら体調を管理していくことを心がけましょう。適度な食事と適度な運動を続けながら、徐々に脂肪を落としていくと、皮膚が伸縮していくので肉割れを防ぐことができます。

また、皮膚の天敵は乾燥です。乾燥により皮膚が固まってしまうと、傷つきやすくなり、肉割れが起こってしまいます。また、新陳代謝を活性化することも肉割れ対策になります。汗をかくことで、肌が潤い、肉割れの起こりにくい状態になるからです。
運動中もこまめに水分をしっかりととって、保湿を意識しながらダイエットを行うようにしましょう。水分をとっただけ汗をかくので、新陳代謝にも役立ちます。地道なケアの積み重ねが、肉割れ対策になるのです。

治すより予防が簡単!リバウンドするようなダイエットはNG

photo[3]

一度肉割れで傷ついた肌をきれいに治すのは、クリームなどの美容品やレーザー治療などを施しても完璧に治る保証はありません。肉割れは起こった後の治療よりも予防に注力したい症状です。
そして、何より気をつけなければいけないのはリバウンドです。リバウンドの原因になる計画性がないダイエットは止めておきましょう。

具体的に書くと、専門家の監修がない「断食」ダイエットです。確かに、カロリーを摂取しなければ体重は落ちていきます。しかし、急激に脂肪が奪われた体は、減った分の脂肪を求めて激しい食欲に襲われます。そのため、食事量が増えてリバウンドにつながってしまうのです。

同じように、自分の体力を超えたハードなトレーニング過剰なサプリメントの摂取などによって、体重を落とす方法もリバウンドの危険性を高めていきます。できることから徐々にステップアップしていくダイエットだと、体調を改善しながら痩せていくため、痩せた後でも体を壊したり食欲が倍増したりしてリバウンドの脅威にさらされることはなくなります。

肉割れをあらかじめ防いで、ふわふわなお肌をキープ♡

すでに肉割れしてしまい、なかなか直すことができずお困りの人も多いのではないでしょうか?また、ダイエットに励んでいる人は肉割れ対策だけでなく、健康のためにもリバウンドのない健康的なダイエットを心掛けてくださいね♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
ダイエットしてたらお尻やお腹に白い線・・・!?それ、肉割れです

この記事が気に入ったら
いいね! しよう