美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.10.05
Loading

もっとネイルを綺麗に塗りたいなら・・・ニッパーがおすすめ◎

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    90
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
もっとネイルを綺麗に塗りたいなら・・・ニッパーがおすすめ◎

ネイルサロンに通ってネイルにこだわりを見せる人も少なくありませんが、中には自分でネイルデザインをする人もいます。ネイルを綺麗に塗るためにポイントとなるのがネイル専門の道具であるニッパーです。今回はネイルのニッパーについて色々とご紹介します。

甘皮処理に使うキューティクルニッパーの使い方

SSUCv3H4sIAAAAAAAEAK1WS0/bQBC+V+p/sHzGamwnNOmtRAQOTUEFqQdUV+vdcbzF9pp9QBHKf++uH8Frm5Aibt5vdmZnvnn56eMHx3FjJCh2vzhP5qTPNMuUkBxJygoNT44aHAiVjFOUGdBg20riComkEiA6Jvwg5Ik++60uylD+2AViuhGS4dsyZZJ1BRgVliDcCVjGFI/ZXwvkUN3uWiBQMkFlZUBYAg4oF5Lm0DWR6GsZRV2IjruWMzFitWQFmXW1RaqkBL7zq0MVRhI2mkOLrJb/m/rstIKGDqlF7gkgJR8/rZBITVaOOjeEis2NNRUYsgwVwJRwW/n2aI/Ri/gPYCn+w1r98WuX1Q0U2KT1adsJkkMGqK6Hm/biAhFIQuIlPpl7U5hNvcVxHHifp0mAZn64CHDg7kpjQqZJrKV+GMTeFPtzbwEJ8QiaYQjwJJkEfuVS7Yd7+6DZzruM5qigWHFwSs4wCNEl1/3t9qIoEM2cUteASK2L3w1+WeFRzb9zyRlRWI5aSGgGQ/2VRqN1688VDHRFanjGTuvzfl93keVI6KgPCEwAv6cYDuDAurGixQa4gaNzpV91auC5VgqVZdahHxfKqvHxbLLh8KpE0Q+QFbk6cHD3WRllpaWzzcq17muZQzHgdpjUgdf7Hk8gR72cripINJycQUH6nPRspKggNve16rnGo+sUnPp4wsjjXjuxCZViikY4reCWjCXS1XGBsSrrAd6zgzMmwFOlZWXZgNGS5dXsHFFsMqFH49tyYUrJe6HLGjwa0xHvXJZ1O1hGr2ps8PwG7J44g8w5TRI9M6NvdJNK/bRzDTgt6J2Cw10wi4w7pa4jvSasByzJwB2qFyNXhlubk9M7RUsDmznjrPWkfb2SHp336c9kl4+D0jTQtttrf3e+7sebO/2Baf6sCH4aJGrafTBXRtbKV2y6JlozaS3oF0bCO0wEwy5GfLhzDDjaSm/cUNhMmJ7mssb6/vYfpWWpf4QszQbbOdj5cbinBFj1N1GfkSKUddb6PcOomgdhRwnrf1WWd7QIqrrK9cPJIpgfT2aLuf85DCdT89Ow/QdAOQzv8woAAA==

爪の根元部分には甘皮がありますが、ネイルを塗る下準備として甘皮を取りのぞく作業をしなければいけません。その処理をするときに使用する道具が、キューティクルニッパーです。甘皮は非常に薄く面積も小さい皮なので、作業の際に手元が狂ってしまうと指を傷つけ出血してしまう恐れがありますから、注意が必要です。

1・StyLeさん(@lisa_1style)が投稿した写真

キューティクルニッパーの使い方

1.キューティクルニッパーを持つ時は親指に水に濡らしたガーゼを巻いて持ちます。 このガーゼは甘皮についた皮脂である「ルースキューティクル」を拭きとるために必要です。 2.ニッパーを動かすのは親指と薬指、人差し指で、ニッパーを支える感じで力を入れずに持ちます。 3.そしてブーメラン状である甘皮を端からゆっくりと切ってゆきます。 4.半分ほど除去したら、一旦動きを止めて、反対側の端からまた甘皮をゆっくりと取って行きます。 上達すれば端から休まずにそのまま甘皮を取り除くこともできますが、無理をすると手元が狂い指を傷つけてしまうので、ゆっくりと確実に取りのぞきましょう。

 

  Aya Furunoさん(@harmony_nailsalon)が投稿した写真


ニッパーの使用後は付属品のキャップを付けて錆びないようにすることが大事です。そして使用頻度が高くなると切れ味も悪くなっていくので、専門店に刃を研いでもらう事も忘れないようにしましょう。

上級者の爪切り!ネイルニッパーのメリット

photo[70]

通常の爪切りの場合、ご家庭にあるおなじみのノーマルな爪切りを使いますが、ネイルアートの場合は、専用のネイルニッパーを使用します。ネイルニッパーはネイルケアをする上でノーマルな爪切りと違い、いろいろなメリットがあります。

ネイルニッパーを使用するメリット

通常の爪切りは、親指と人差し指の2本の指のみで使用します。しかし爪の形が重要であるネイルデザインでは、爪の切り方も重要です。
2本の指の力だけでは細かい作業をすることはできませんが、ニッパーだと指5本すべての指の力を使うので、用途によって力の入れ加減を変えることができ、細かい作業でも通常の爪切りより簡単にすることができます。

そして通常の爪切りは刃が横に長く上下の動きで爪を切りますが、爪を切る際にどれくらい爪が切れているか見えないデメリットがあります。しかしニッパーはハサミの形状をしているので、どれくらい爪が切れているかひと目でわかります。

ニッパーはどこで買えるの?選び方のコツは?

photo[71]

ネイル用のニッパーは、ネイルデザインのための専門道具なので、どこでも売っていて簡単に入手できるものではありません。しかしインターネット上では、ネイル専門のネットショップなどが多数あり、あらゆるネイルのための道具がネット販売で購入できます。

しかしニッパーも、値段、刃の長さや厚さ、全体の形状など、種類がたくさん存在し、セルフネイル上級者なのか初心者なのかによっても、購入するものが違ってきます。

刃先の長いニッパー

刃先の長いニッパーは一度に多くの爪を切ることができますが、小回りがきかないというデメリットがあります。

刃の薄いニッパー

刃が薄い場合は甘皮を取りやすい反面、初心者の方は指を傷つけやすいという点があります。

ニッパー全体の表面加工も、人によっては手触りが良い、滑りやすくて持ちにくいという点があり、値段の高いものは刃もボディも長持ちして高級感がある、という特徴があります。セルフネイルのキャリアがある方は刃が長くて薄く、値段も高いニッパーがネイル上級者として向いていて、初心者は逆に刃が短くて使いやすいものが向いているといえます。

ニッパー使いを修得して、セルフネイルを充実させよう♡

いかがでしょうか?いつも爪切りを使っていて細かい調整ができずに形が歪んでしまう方や、爪やすりを使っているけど恐ろしく時間がかかる…という方はニッパーを修得してみてはいかがでしょうか?さらにセルフネイルが楽しくなること間違いなしですよ♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
もっとネイルを綺麗に塗りたいなら・・・ニッパーがおすすめ◎

この記事が気に入ったら
いいね! しよう