美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.09.21
Loading

青クマ、茶クマ、影クマ・・・種類もそれぞれ!?くまの消し方まとめ

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    90
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
青クマ、茶クマ、影クマ・・・種類もそれぞれ!?くまの消し方まとめ

女性の美の大敵「くま」はさまざまな原因で引き起こされます。メイクのたびにいい消し方はないかと頭をなやませる人も多いでしょう。ここではくまの原因や改善法、メイクの仕方を紹介します。

くまは3色!それぞれ原因が違う

photo[1]

目のくまには3色あるといわれています。早速その種類を見ていきましょう。

青いくま

まず、若い人でもできやすいのが青いくまです。目の下の皮膚を引っ張ると青白くなるような特徴があります。血行不良が原因で冷え性や色白の人に多いとされています。
過度に疲れている時や、睡眠不足の時には血行が悪くなるので青くまを引き起こしてしまいます。なかにはストレスやホルモンバランスの乱れによって青くまになるということもあります。

茶くま

次に、目の下の皮膚を引っ張っても色が薄くならない茶くまがあります。主な原因は色素沈着によるものです。メイクやメイクオフの際にごしごしこすって摩擦することで、皮膚に負担がかかり、茶くまにつながります。
また、アイメイクなどがきちんと落せていないと汚れが蓄積して茶色く色素沈着することもあります。

影クマ

最後に「影クマ」とも呼ばれる黒くまがあります。目の下の皮膚がたるみ、影ができることで黒く見えてしまうのが原因です加齢やむくみ、激ヤセなどでたるみが生じます。
加齢の場合は、ヒアルロン酸やコラーゲンの減少で肌の弾力がなくなることで引き起こされます。

3色のくまをメイクで消すにはどうする?

photo[2]

それでは、人前にでるときに最も素早くくまを隠せる方法、メイクの方法についてご紹介していきましょう!

青くまをメイクで隠すには…

青くまをメイクでわかりにくくするためには、コンシーラーを使うと良いでしょう。その際、できるだけオレンジ系の肌色に近いものを選ぶことで色がなじみやすくなります。
自分の肌色より薄い色のコンシーラーだと、目の下だけ浮いたようになってしまうので注意が必要です。また、リキッドや筆など優しい肌触りのものを選ぶようにしましょう。

茶くまをメイクで隠すには…

茶クマもコンシーラーを使ってわかりにくくすることができます。クマの部分に濃い色がついてしまっているので、肌になじむようイエローに近いコンシーラーを選ぶと良いでしょう。コンシーラーがカラー別に販売されていることはあまりないので、イエロー系のコンシーラーがなかなか見つからないこともあります。その際は、自分の肌の色より白いものを選ばないようにすると良いでしょう。

影クマをメイクで隠すには…

影クマの場合は、直接色がついているわけではないのでノーマルのコンシーラーを使ってもうまく消せないことがあります。たるみが原因で陰になって見えているので、パール系のコンシーラーを使ってハリ感を出すことでわかりにくくすることができます。
その後は丁寧にベースを作り、ファンデーションを薄めにつけるようにしましょう。たるみの上にファンデーションを塗りすぎると、化粧がよれてしまうので注意が必要です。

3色のくまを根本から改善するにはどうする?

photo[3]

血行不良が原因で起こってしまう青くまは、生活習慣を整えることで改善につながります。

くま対策1:体を動かす

まず、定期的に体を動かし血行促進を意識しましょう。ある程度の筋肉をつけることで血液を隅々までいきわたらせるポンプのような働きをしてくれるので効果的です。

くま対策2:体を冷やさない

また、身体が冷えないよう冷房の中では一枚羽織るなどの工夫をするとよいでしょう。毎日入浴することや、温かい飲み物をとることも冷え防止におすすめです。

くま対策3:メイクオフは丁寧に

茶クマの場合は、目の周りの摩擦や色素沈着が原因なので、とにかく皮膚に負担をかけないことが大切です。メイクやメイクオフの際には、優しく丁寧に行うことを心がけましょう。
そのうえで、肌代謝を促すようにすれば、色素沈着した皮膚も自然ときれいな皮膚へと生まれ変わります。肌の代謝には保湿ケアとバランスの取れた食事が欠かせないので意識するようにしてみましょう。

くま対策4:食事内容を見直す

影くまは、たるみやむくみが原因なのでまた別のアプローチが必要です。たるみ防止のために、コラーゲンやヒアルロン酸を含む化粧品を使ったり、食事からそれらの栄養素を摂取したりするようにしましょう。
体が酸化することでもたるみは引き起こされるので、抗酸化作用のある食材を積極的に摂取するのも良いことです。そして、むくみ対策には塩分を摂りすぎないことが効果的とされています。黒クマの根本改善には食事内容の見直しが最も重要といえるでしょう。

自分のくまの種類を見極めて、適切なケアを♡

いかがでしょうか?青クマなのに必死にクレンジングしていたり、茶クマなのに睡眠不足を疑ってクレンジングには力を入れていなかったりと誤ったケアをしていてはクマは治りません!

原因をしっかり見極めて、適切なケアをしましょう♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
青クマ、茶クマ、影クマ・・・種類もそれぞれ!?くまの消し方まとめ

この記事が気に入ったら
いいね! しよう