美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.09.17
Loading

いびき防止したい!お泊りデートでいつもいびきをかいてしまうあなたへ♡

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
いびき防止したい!お泊りデートでいつもいびきをかいてしまうあなたへ♡

いよいよ彼の部屋にお泊り!でも、寝ている間にいびきをかいてしまったらと考えると、不安になる人も多いでしょう。いびきを防止するためには、まずその原因を正しく知っておくことが大切です。そこで、いびきの原因とその防止策についてお伝えします。

いびきの原因って… ?

photo[61]


いびきをかく原因はさまざまです。主に考えられる理由としては以下の通りです。
1.年齢を重ねるとかくようになる
2.太っていて気道が狭くなっている
3.小顔

1と2は納得の理由ですが、まさかの小顔もランクインしています。小顔は女子にとってあこがれですが、それがいびきの原因になってしまうことがあるのです。小顔の人がいびきをかきやすい理由は、アゴが小さいからです。アゴが小さいと、横になったときに舌がアゴの中に入りきらない状態になってしまい、舌が喉の方に落ち込んでしまうため、空気の通り道をふさいでしまうのです。

その結果、いびきをかくことになります。遺伝的な要素もありますが、小さいころから柔らかい食べ物を中心とした食生活を送っていると、アゴが鍛えられないために小顔や小さなアゴになるといわれています。

マウスピースで気道を確保!

photo[62]

では、いびきを防止するにはどうしたらよいのでしょうか。いびきをかく原因によっては、寝ている間にマウスピースを使うことでいびきを防止できる場合があります。

マウスピースによるいびき防止が効果的なのは、いびきが鼻呼吸によって発生している場合です。マウスピースによる防止法は、睡眠時無期呼吸症候群の治療にも使われていて、マウスピースを使って喉を広げることによって睡眠時に舌が喉の方へ下がって気道をふさいでしまう状態を防ぎ、いびきを防止します。
マウスピースは自分の歯や症状や合ったものを付けないと効果が出にくいので、耳鼻咽喉科でいびきの原因を確認してもらった上で、マウスピースを作ってもらうことをおすすめします。

一方、口呼吸の原因が鼻詰まりなどの場合は、マウスピースによる対処法は効き目がない可能性が高いです。マウスピースが有効なのは、舌が下がって気道を確保できない場合や、歯を食いしばっていびきをかいている場合などに限ることをよく理解しておく必要があるでしょう。

口呼吸にも効果あり!顎の筋トレでいびき防止!

photo[63]

では、マウスピースの効き目がない場合にはどうしたらいいのでしょうか。口呼吸をしていていびきをかくのは、口内の奥側の上アゴの部分が下がってきて舌の根が落ち込んでしまい、気道が狭くなることが原因です。
これは、普段から口呼吸を続けていると、舌などの筋肉が衰えてしまい、落ちやすくなることも関係しているようです。
対処法としては、2つ挙げられます。

1.日ごろから鼻呼吸するように心がける

1つは、日頃から鼻呼吸するように心がけ、就寝中も自然に鼻呼吸できるように練習することです。鼻呼吸ができれば、口内の上あごが落ち込みにくくなりますので、いびき防止になります。

2.口周りの筋肉を鍛える

もう1つは、アゴなど口周りの筋肉を鍛えることです。アゴの周りの筋肉を鍛えることによって、舌の根が下がって気道を狭くすることを防止できるといわれています。

鍛え方としては、意識的によく噛んで食事をすること、発声練習などによって顔の筋肉を鍛えることなどが効果的でしょう。口呼吸のいびきは鼻呼吸のいびきよりも大きな音になるケースが多いので、しっかり対策をしていびきを解消しましょう。

今日からできるいびき対策!

いかがでしょうか?彼氏とのお泊りデート、ホテル女子会など、家族以外の人と眠る機会もまだ多い若い女性にとって、就寝中のいびきは特に気になる問題ですよね。寝ている間のクセは自分の意志だけではなかなかコントロールできないもの。これから先もずっといびきをかいて眠っていると、疲れが取れなかったり、睡眠時無呼吸症候群になってしまったりと様々なリスクも考えられます。早いうちから対策しておくのが良いでしょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
いびき防止したい!お泊りデートでいつもいびきをかいてしまうあなたへ♡

この記事が気に入ったら
いいね! しよう