美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.09.26
Loading

歯を抜くと小顔になれる!?キーワードは「親知らず」♡

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    90
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
歯を抜くと小顔になれる!?キーワードは「親知らず」♡

小顔に憧れる女性は多いですが、実は歯が骨格に影響を与えて顔を大きくしていることがあります。だからと言ってむやみに抜くのはとても危険!どんな歯は抜いてもいいと言われているのでしょうか?今回はそんな小顔と歯の関係についてお伝えしています。

抜くのは親知らず!小顔以外にもメリットが

photo[9]

歯を抜くといっても、前歯や犬歯を抜いても小顔には近づけません。小顔になるために抜くと良いのは親知らずです。親知らずを抜くことで、歯を支えている骨が痩せて小さくなります。骨格が小さくなることで皮膚も一緒に自然と縮んでいくため輪郭がシュッとして小顔に近づけるでしょう。

また、親知らずの抜歯には、小顔になる以外にもメリットがあります。歯の汚れを溜まりにくくできることです。親知らずの生え方によっては隣の歯との間に汚れが溜まって虫歯の原因になりますが、親知らずを抜くことで歯磨きが楽になり虫歯を防げます。

さらに頭痛や肩こりで悩んでいる場合は、親知らずを抜くことで噛み合わせの悪さや顎の緊張を緩和させて症状を解消できる可能性があります。親知らずが原因で顎の筋肉が発達しすぎると、緊張状態が続いて血行が悪くなり、頭痛や肩こりを起こすことがあるからです。
たとえ小顔効果を実感できなかったとしても、これだけのメリットがあるのなら親知らずを抜く価値があるといえるでしょう。

エラ張りさんに朗報かも!小顔になれる顔の形はコレ

photo[10]

親知らずを抜けば必ず小顔になれるというわけではありません。これだけはご注意ください。

骨格ではなく脂肪が大顔の原因になっている場合は、小顔に近づけたという実感をあまり得られません。逆にいうと、ある条件を満たしていれば小顔に近づけたと大きく実感できる可能性が高いです。

今よりもっと小顔になれる顔の形3選

そこで小顔になれる顔の形を3つ紹介していきましょう。

1.エラが張っている人

1つめは顎のエラが張っている人です。下側の親知らずはエラに近い部分にあり、抜くと骨が痩せて引き締まります。とくに親知らずがまっすぐ生えている場合は、咀嚼するときに顎のエラ周辺に力が入りやすく、筋肉が発達して大きくなります。
親知らずを抜くことでエラ周辺の筋肉に力が伝わらなくなるため、筋肉が痩せて小顔効果もより大きくなるでしょう。

2.頬骨が張っている人

2つめは頬骨が張っている人です。上側の親知らずは頬骨の下にあり、外側に張り出す力によって頬骨を押し出します。親知らずを抜くことで張り出す力が弱まり、頬骨が引っ込む可能性があります。

3.フェイスラインが骨ばっている人

3つめはフェイスラインが骨ばっている人です。親知らずを抜くと骨が痩せたり引っ込んだりするということは、骨のラインが出ているほど目に見えて小さくなります。
したがって、顔の脂肪が少なくても骨ばっているから大顔に見えてしまうという方は、小顔になるチャンスといえるでしょう。

やっぱ痛い?親知らずを抜く時の流れをチェック

photo[11]

いつかは抜く日が来るかもしれないけど、やっぱり怖い…という方のために、親知らずを抜くときのながれを解説します。

1.レントゲン撮影

まずレントゲンをとります。親知らずの状態や神経、血管の位置を確認して安全に処置を行うためです。

2.麻酔

次に麻酔をします。敏感な歯茎への麻酔注射は圧がかかって痛くなりますが、先に表面麻酔を塗ることでその後に打つ麻酔注射の痛みを感じにくくしてくれます。

3.抜歯

麻酔注射が効いてきたら、いよいよ親知らずの抜歯です。専用の器具で歯を抜きますが、親知らずが埋まっている場合は周囲の骨を削ったり歯を割ったりして抜きやすくします。麻酔によって痛みはありませんが、万が一痛みを感じる場合には歯科医に合図して麻酔を追加してもらいましょう。

4.歯を抜いたあとの穴を塞ぐ

親知らずを抜いた後は穴を防ぐためのかさぶたができやすいように、糸で縫ったり止血用のスポンジを穴に入れたりします。そして止血を早めるためにガーゼによる圧迫止血が必要です。
穴の上にのせて30分以上強く噛むことでかさぶたができやすくなり、腫れや痛みも少なくすみます。

麻酔は1~2時間ほど効きますが、麻酔が切れたときの痛みが不安であれば痛み止めをもらって飲んでおくと良いでしょう。
翌日、止血の確認や消毒をして様子を見てもらい、1週間後には歯茎の穴を縫った糸を取り出します。この時点では穴は完全に閉じてはいません。3~4週間経ってようやく歯茎が盛りあがって穴が閉じます。抜歯してから数日間は頬が腫れた状態になります。小顔に近づいたと実感できるのは腫れが治まってからになるので、腫れた顔を他人に見られたくない方は休日などを計算して抜いてもらうようにしましょう。

親知らずを抜くと小顔になれるかも…

いかがでしょうか?小顔になることが目的なわけではないけど、近々親知らずを抜く予定があって憂鬱な気分の方はひょっとすると「小顔」になれる!という特典がついてくるかもしれませんので、がんばりましょう!歯並びやさまざまな理由から親知らずの抜歯がしたいと考えていた方も、これを機に前向きに検討してみてくださいね♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
歯を抜くと小顔になれる!?キーワードは「親知らず」♡

この記事が気に入ったら
いいね! しよう