美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.10.14
Loading

美肌になりたいけどタバコは辞められないあなたへ・・・

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
美肌になりたいけどタバコは辞められないあなたへ・・・

タバコを吸うことで肌に大きな影響があることは、ほとんどの人がご存じではないでしょうか。ここではニコチンの恐ろしさや影響力を改めてお伝えし、美肌を取り戻す方法をご紹介します。

老け顔まっしぐら!恐怖のスモーカーズフェイスその特徴は?

smoke-1001664_640

スモーカーズフェイスとは読んで字の如く、「タバコを吸う人の顔」を意味します。喫煙者は非喫煙者に比べて肌が老化しやすく、実年齢よりも5〜10歳ほど老けて見えることがあります。目尻や口周りに深いシワが刻まれ、シミやくすみが目立ってくるのが特徴です。

タバコに含まれるタールは細かい粒子状のため、毛穴の皮脂と結合して黒ずんだ角栓を作り出します。これが肌に蓄積されると全体的に顔色が黒ずんで不健康な顔色に見えます。歯や歯茎がタバコのヤニで着色し口臭が気になったり、ニキビやシミの跡が消えにくくなったりと、いいことは何もありません。
また肌だけでなく、喫煙によりビタミンBやEが消費されると、髪に栄養が行き届かず白髪や抜け毛を引き起こします。タバコに含まれる有害物質は肌の細胞を生成・修復するビタミンやコラーゲンを破壊することで、肌の新陳代謝を阻害します。

その結果ツヤやハリがなくなることを始め、血行障害によりシミやソバカスが増えたり、目尻が下がって頬がこけたりと、老化を促進することになるのです。

ニコチンはホルモンバランスを狂わせ活性酸素を大量発生させる!

photo[17]

タバコの成分であるニコチンには血管収縮作用があるため、全身に血液を届けにくくする血流障害を起こしやすくなります。同時に一酸化炭素も血流を阻害する働きがあるため、タバコを吸うことによって皮膚の表面温度が2〜5度も下がり、新陳代謝の悪い肌になります。

女性ホルモンは卵巣で作られますが、実際にホルモンを分泌するように命令を出しているのは脳の視床下部です。この命令は血液を通して伝えられるため、血流が悪いと女性ホルモンがうまく分泌されません。 特に美肌ホルモンと呼ばれるエストロゲンが減少すると、美しい肌や女性らしい体を作ることができなくなります。

またニコチンを摂取することで、体は有害物質を攻撃しようと大量の活性酸素を出します。活性酸素と細胞内の不飽和脂肪酸が結びつくと「過酸化脂質(サビ)」となり、肌を守る細胞の機能が失われて肌荒れを起こしたりシミやくすみが増えたりします。
さらに、活性酸素は生活習慣病やがん細胞を増殖させる原因にもなります。

禁煙したらデトックスとビタミン摂取でニコチン排除!

Closeup of cigarette on ashtray

美肌のためには何と言っても禁煙が一番です。タバコには依存性があり、摂取したニコチンやタールは血液に乗って全身に運ばれます。

汗をかくとニコチンが出てくる…!

これらの有害物質を排出するために、禁煙後は日々の生活の中でデトックスを意識しましょう。適度な運動や入浴で汗をかくと、汗に混じってニコチンを排出することができます。特にぬるめのお風呂で半身浴をすると、体の奥からじっくりと汗を出してくれるので効果的です。

また禁煙中に運動をすると、体の奥に取り込まれたニコチンが白く濁った汗として皮膚表面から出てきます。水分を多めにとって尿や便を滞りなく出すことも大切です。 規則正しい食事や睡眠などで体の新陳代謝を高め、デトックスしやすい体づくりを心がけましょう。

ビタミンを摂取して肌の若返りを

あわせて意識したいのがビタミンの摂取です。タバコを吸うことによってビタミンCやE、H、葉酸などが大量に消費されます。基本的には毎日の食事から、時にはサプリメントもうまく利用して取り入れましょう。特にβカロテンは抗酸化作用が強く、皮膚の老化予防や新陳代謝を促進してくれる「若返りのビタミン」と呼ばれているので積極的に摂取することをおすすめします。

タバコを辞めて美肌を目指そう!まだ間に合います!


タバコを辞めることはとても辛いかもしれませんが、無事に禁煙できれば吸っている間は気付くことができない身体の変化を感じることができるようになります。毒素が溜まって美肌とかけ離れていってしまうその前に、今日から禁煙しましょう!

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
美肌になりたいけどタバコは辞められないあなたへ・・・

この記事が気に入ったら
いいね! しよう