美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.10.09
Loading

米ぬかで美肌になろう!ぷるぷる肌になるための活用法♡

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
米ぬかで美肌になろう!ぷるぷる肌になるための活用法♡

昔から洗顔料として利用されてきた米ぬかは、現代の我々から見ても優秀な美容アイテム。コスメとして利用すればお金をかけずに美肌を目指せます。日本の伝統的な美容法をもう一度見直してみませんか?

美白も潤いも期待できちゃう!米ぬかで美肌になれる理由

b384b1691abdcb084948492a39b66420_s

それではどうして米ぬかで美肌になることができるのでしょうか?
米ぬかとは、玄米を白米に精製するときに出てくる表皮や胚芽のことを指します。玄米の栄養のほとんどは、この米ぬかにあたる部分に含まれています。これらの栄養分が、美肌作りにも効果を発揮してくれるのです。

ビタミン類では、肌のターンオーバーを助けてくれるビタミンB群や、アンチエイジング効果のあるビタミンEが、肌のターンオーバーを活性化して健康な肌を作るのに役立ちます。

また美白成分も含まれています。米ぬか特有の成分であるγーオリザノールには、シミの原因になるメラニンの増加を抑える働きがあります。

さらに忘れてはいけないのが、セラミドです。セラミドは肌のうるおいを内側でキープしてくれている大切な成分です。このセラミドが減ってしまうと、乾燥肌や敏感肌の原因になります。

それだけでなく肌のバリア力の低下や、ターンオーバーの乱れが起こって、シミなどのトラブルが起こりやすい肌になってしまいます。米ぬかには、米セラミドが含まれているため、お肌を内側から潤してくれる作用が期待できます。

角質ケアができちゃう!米ぬかスクラブ洗顔と米ぬかパック

photo[22]

おうちでできる米ぬかを使った美容法として有名なのが、米ぬかを使った洗顔やパックです。

米ぬかスクラブ洗顔

聖奈さん(@wadaseina)が投稿した写真

これは米ぬかを直接肌に塗って使います。洗顔は米ぬかを直接手にとって、ぬるま湯を加えてペースト状にします。 このペーストを顔に伸ばしてそっとマッサージを行います。米ぬかがスクラブ剤の働きをしてくれるので、余計な角質を取り除くことができます。

米ぬかパック

米ぬかパックは米ぬかと小麦粉を混ぜ、ぬるま湯を入れたものをパック剤として使います。パック剤を作るときに、お好みでヨーグルトやはちみつを加えてもOKです。 こうして作ったパック剤を清潔な肌に伸ばして、10分後に洗い流します。ビタミン類が肌のターンオーバーサイクルに働きかけ、角質がたまりづらい肌を作るのに役立ちます。もちろんセラミドによる保湿効果も期待できます。

お肌がつるつる!米ぬか入浴剤の作り方

 

1780cffb1b56ff010c842c04fece795d_s

肌に米ぬかを直接塗るのに抵抗感がある方は、入浴剤として使うところから始めてみるのもおすすめです。 薄手の木綿で作った布袋に米ぬかを入れ、中身が出てこないように口を固く縛ります。それを湯船の中に入れて手で揉むと、白いモヤモヤしたものがお湯の中に溶け出してくるはずです。これが米ぬかに含まれる有効成分です。 米ぬか入浴剤を使って入浴すると保温効果が期待できます。特に肌が乾燥しやすい冬にはおすすめです。ぬか袋を肌の上で滑らせれば、石鹸の代わりとしても使えます。 「米ぬかスクラブ洗顔は肌に刺激が強すぎる…」という人は、この方法で米ぬか洗顔をすることもできますよ。ぬか袋は生ものなので、放っておくと悪くなってしまいます。ぬか袋の中身は使い回しをせず、使い終わったら生ゴミとして捨てるようにしましょう。

米ぬかを使って美肌に♡

 

 

TRS_0413さん(@trs0413)が投稿した写真


「なんだか肌の調子が悪い…」という時は、米ぬかをつかったスキンケアを試してみてはいかがでしょうか?特に米ぬかを使った入浴は身体全体をしっとりとさせてくれるのでおススメです。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
米ぬかで美肌になろう!ぷるぷる肌になるための活用法♡

この記事が気に入ったら
いいね! しよう