美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.10.09
Loading

ナッツを食べてキレイ痩せ♡美容効果抜群+ダイエット中でも◎

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
ナッツを食べてキレイ痩せ♡美容効果抜群+ダイエット中でも◎

一見脂質の塊に見えるナッツは、美容効果の高いスーパーフード。上手に利用すれば綺麗痩せにつながります。

ナッツに含まれている成分は美容にいいものばかり!

photo[41]

ナッツというと脂質が多いイメージがありますが、脂質は全体の50%から60%程度。脂質のほかに15%から20%のたんぱく質が含まれています。

たんぱく質といえば、筋肉量の低下を防ぎ基礎代謝の維持に役立つ大切な栄養素です。ダイエット中は筋肉が落ちやすいので、積極的に摂る必要があります。さらに注目すべきはビタミンやミネラルといった微量栄養素。アンチエイジング効果があるといわれるビタミンEや、糖質や脂質の代謝に必要なビタミンB群も豊富です。


さらに鉄や亜鉛、マグネシウムなど女性が不足しやすいミネラル類も補給することができます。また腸の健康維持に役立つ食物繊維が多く含まれるため、便秘を改善する効果も期待できます。適度に食べれば、痩せるのに必要な栄養素がしっかり補給できますよ。
さらにナッツの茶色い皮にはポリフェノールが含まれていて、老化の原因である活性酸素の除去に一役買ってくれます。

ダイエット中でもOKな理由はナッツに含まれる脂肪酸にあり

photo[42]

ナッツに含まれている脂質も優秀です。ナッツに含まれている脂肪酸はほとんどが不飽和脂肪酸といわれるもの。その中には、身体の中で合成できない必須脂肪酸といわれる種類の脂肪酸も含まれています。脂質は細胞の材料になったり、免疫系を正常に保ったりするのに必要な栄養素です。

特に必須脂肪酸が不足したり、そのバランスが崩れたりしてしまうと、肌荒れや基礎代謝の低下をなど身体の不調の原因になります。

脂肪酸の中でも、飽和脂肪酸は肉や乳製品などで十分に補給できます。むしろ摂り過ぎに注意したいほどです。脂肪酸同士のバランスを取るためにも、ナッツをはじめとする植物性食品から脂質を取る必要があります。

オメガ脂肪酸は特に大切!


たとえばくるみに多く含まれるオメガ3脂肪酸は、普段の食生活では不足しがちな脂肪酸です。血行を改善したり、中性脂肪を下げたりする効果が期待できます。
オメガ3脂肪酸は魚介類に多く含まれるため、魚を食べる習慣がないと十分な量が摂取できません。お魚が苦手な人は積極的にくるみを食べましょう。

とはいえ食べ過ぎはダメ!1日の量とおすすめの食べ方は?

photo[43]

その他、悪玉コレステロールを減らすオレイン酸など美容効果の高い不飽和脂肪酸を多く含むナッツ類。しかしいくら美容にいいからといっても脂質は脂質です。カロリーが高いため、食べる量には十分注意する必要があります。適量は20gから25gくらいです。とはいえ、グラムで示しても分かりづらいですよね。おおよその目安としてそれぞれのナッツの種類と粒で見てみましょう。

・アーモンド…20粒
・カシューナッツ…10粒
・くるみ…6、7粒

くらいが目安になります。食べるときは、無塩のものを選ぶようにしましょう。

塩分の摂り過ぎはむくみの原因になります。また余計なカロリーを摂ることを避けるため、フライにしてあったり、植物油が添加された加工製品も避けるべきです。そういう意味でベストなのは、素焼きのナッツということになります。食べ方としてはそのまま食べるほか、シリアルやサラダ、ヨーグルトにトッピングするとよいでしょう。

ナッツは脂質や食物繊維が豊富なため、満腹感が持続しやすい食品です。よく噛んで食べるようにすれば、無理なく食事の量をコントロールできます。

ナッツでパワーをチャージしよう♡

ナッツが持つ底知れぬパワーがお分かりいただけましたか?特にお魚が苦手な方は、必要な栄養分を摂取するためにもナッツを食べるよう心がけてみてはいかがでしょうか?

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
ナッツを食べてキレイ痩せ♡美容効果抜群+ダイエット中でも◎

この記事が気に入ったら
いいね! しよう