美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.10.12
Loading

ベビーフェイスの作り方♡ポイントはまるく、ぷっくり!

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    90
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
ベビーフェイスの作り方♡ポイントはまるく、ぷっくり!

彼から守られる女の子になりたい!なら、ベビーフェイスになるのが近道です。赤ちゃんみたいなプリッとしたほっぺや唇で愛されフェイスを目指してみてはいかがでしょうか?

ベビーフェイスの特徴は?ふわふわまるっ!

photo[3]

ベビーフェイスと言えば赤ちゃんのような丸い瞳、ふっくらとしたほっぺに唇、あどけない印象の残る眉毛ではないでしょうか?幼さや赤ちゃんのような顔を演出するには、メイクでもふわっとした質感や、丸みを帯びたパーツ作りがポイントになってきます。

直線的なパーツでは大人っぽさを印象付けることはできますが、ベビーフェイスからは遠ざかってしまいます。まずはご自身の顔のパーツをチェックし、直線的なところ、丸みを帯びていてふっくらしているところを確認しましょう。
丸みを帯びたフォルムにすることができない眉毛は、眉山を強調することなく、平行なラインで平たく描きます。色が濃すぎてもベビーフェイスから遠ざかってしまいますので、自然で薄めの色で仕上げましょう。その他のパーツは丸みを意識したメイクで仕上げていくと完成度が上がります。

ポイントはほわっと上気した感じの肌作り

photo[4]

ベビーフェイスでいちばんのポイントは肌作りです。滑らかな素肌感を演出し、自然と上気したような頬と艶感が必須。メイクをする前にしっかりとスキンケアをして、産毛の処理を行いましょう。産毛の処理がなされていないとメイクのノリが違ってきますし、透明感のある肌作りが難しくなります。

ベースメイクのために産毛処理は必須!

産毛は、まずメイクを落として洗顔し、蒸しタオルで顔を温めてから電動のシェーバーで処理するようにします。肌はセミマット肌に作り、しっかりとファンデーションでカバーするというよりはCCクリームなどで仕上げるといいでしょう。

お顔のお肌はとてもデリケートなので、自己処理によるカミソリ負けや肌荒れが気になって控えている方も多いのではないでしょうか?
そんな時は専門機関での顔脱毛をおススメします。特にクリニックでのレーザー脱毛は、医師による診断のもと安心・安全に行われるので、万が一トラブルが起こった時にも迅速に対応してもらえます。

リゼクリニックでも顔脱毛を行っておりますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

♡リゼクリニックの顔脱毛についてはコチラ!

ポイントはチーク♡

@sakincho1028が投稿した写真

上気した感じの肌を作るポイントはチークにあります。頬骨よりも下の位置にうすいピンク系のチークを丸く入れていきます。下の方に入れることで顔が全体的に下がって見え、赤ちゃんっぽさを演出することができるのです。

①肌馴染みのいい色を選ぶこと
②肌馴染みをよくするために目の下にハイライトを入れること

がポイントです。肌の乾燥はベビーフェイスではあってはならないことですので、乾燥が気になるという人はパウダータイプのチークではなく、ムースタイプやクリームタイプなどで仕上げると良いでしょう。

パーツメイクはぷっくりを意識!

大串弥生さん(@viv_yayoi)が投稿した写真


目元や口元は、丸みを意識したメイクで仕上げます。特に唇はぷっくりとした感じを演出することが大切なポイントになります。ベビーフェイスの口元はあまり色味を強調せず色付きのリップクリームをつけてその上からリップグロスをつけると、艶感のあるぷっくりした唇を作ることができます。

もともとの唇の色が薄い人は、色付きのリップクリームよりも少し色が出る口紅を使用してもいいでしょう。

また、もともとの唇の色が濃い人は、コンシーラーなどで唇の色味を抑えてから色付きのリップクリームを塗るか、白みがかったピンク系のリップグロスをつけることで唇の色味を抑えることができます。
唇の縦シワがあると老けた印象になってしまうので、日ごろから唇のケアは欠かさないようにしましょう。

また、目元は目の縦幅を強調するグラデーションで少したれ目に、目と目の間が離れているように見えるメイクをするとベビーフェイスの完成です。目じりにくの字を描くように仕上げるのがポイントです。

ベビーフェイスでふんわり愛され顔に♡

maki◎さん(@ma_k_i_no)が投稿した写真


これまでとは違った可愛らしい雰囲気になりたい!と思ったら、まずはそれぞれのパーツを丸く、ぷっくりさせるように意識してみましょう。色味は薄めに、つるつる感を出すだけで変わりますよ♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
ベビーフェイスの作り方♡ポイントはまるく、ぷっくり!

この記事が気に入ったら
いいね! しよう