美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛あるある4コマ劇場
2016.02.08
Loading

【Vol.7】バレンタインデーの大失態!2/14はトラウマ記念日

【Vol.7】バレンタインデーの大失態!2/14はトラウマ記念日

せっかくの甘いムードが台無しだね~

腕の産毛は、遠目ではわからなくても近づくと案外ハッキリとわかってしまうので、要注意ですよ!

腕の毛は、人によって濃さが非常にまばらで、ほとんど処理が必要ないような方もいれば、目に見えてムダ毛とわかる程濃く目立つ毛が生えている方もいます。
中でも濃いムダ毛が生えている方は、人目につきやすい部位であることから日々自己処理を重ねている場合も多く、生えかけのムダ毛がチクチクとしてしまった経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。
夏などの露出が多い時期には、特に気になる部位ですよね。

医療レーザー脱毛では、毛質が異なる患者さま1人1人にあわせて機械に適切な設定を行い、最も効果的な施術を行います。中でも腕はリスクが少なく、脱毛初心者にもおすすめの部位です。

対して、二の腕を脱毛する際には、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という症状に気を付ける必要があります。これは「毛孔角化症(もうこうかくかしょう)」とも呼ばれる皮膚疾患で、毛穴に角質が詰まり、皮膚に茶褐色のブツブツした湿疹ができてしまうものです。痛みや痒みなどが伴わず健康上重大な問題はありませんが、見た目上気になっている方もいらっしゃるかと思います。
二の腕にこの毛孔性苔癬がある状態で医療脱毛すると毛孔性苔癬の色味にレーザーが反応して火傷のリスクが高まりますので、医療レーザー脱毛をお考えの方は、先に毛孔性苔癬の治療を行う必要があります。

この症状は皮膚科では有名ですが、一般にはあまり知られていないことが多く、間違って照射を行ってしまうと非常に危険ですので、思い当たる症状をお持ちの方は脱毛や自己処理を行う前に医療機関で診察を受けていただく事をお勧めします。

もちろん、リゼクリニックでは医師がお肌の状態をしっかりと診察いたしますので、ご安心くださいね♪

▼リゼクリニックオフィシャルサイト
♡腕の脱毛のページをみる
 

えのきのこ漫画家、イラストレーター

神奈川県川崎在住、猫3匹と息子1人と旦那1人で6人暮らしのアラフォーイラストレーター。2005年より雑誌、書籍、ウェブ、広告などで活動中。 http://www.enokinoko.com

 

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
【Vol.7】バレンタインデーの大失態!2/14はトラウマ記念日

この記事が気に入ったら
いいね! しよう