美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

【お医者さんから学ぶ】やさしい脱毛教室
2016.02.21
Loading

タバコが原因でムダ毛が濃くなる!?喫煙が肌に及ぼす3つの害

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    90
  • トリビア

    100
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
タバコが原因でムダ毛が濃くなる!?喫煙が肌に及ぼす3つの害

百害あって一利なしと言われても、習慣づいているとなかなかやめることができないタバコ。実は知らず知らずのうちに体に変化が起きていることをご存じでしょうか?タバコは健康リスクだけではなく、肌にとっても悪影響を及ぼします。今回は喫煙が肌に及ぼす悪影響を紹介します。

喫煙は生活習慣病のリスクを高めるだけでなく、女性の健康を脅かす?

2

喫煙していると生活習慣病のリスクが高まるのは周知の事実。
ヘビースモーカーでもないし、健康だし、生活習慣病なんて自分とは無縁!」
そう思う女性も多いかもしれません。

しかし、喫煙は生活習慣病のリスクを高めるばかりでなく、女性の健康にも悪影響を及ぼすのです。

喫煙をしていると、タバコに含まれる有害物質が女性ホルモンを分解してしまいます。十分な女性ホルモンがないと生理不順更年期障害の訪れが早くなってしまうケースもあります。

ホルモンを分解!?思ったより深刻だね…
タバコで女性ホルモンが少なくなっちゃうと他にはどんなことが起こるのー?

無排卵月経という、生理があっても排卵が正常に行われない症状も考えられます。結果として不妊症や、その他の婦人科系の病気を患ってしまうリスクも…。

このように、ホルモンバランスが乱れると、女性の健康を損なう可能性があります。また、女性の健康だけでなく、肌にも影響が出てしまいます。

【喫煙による肌への害①】肌荒れを引き起こす

1

タバコに含まれる一酸化炭素は、肌の保湿成分であるコラーゲンを分解してしまうことがわかっています。コラーゲンが失われると、肌のみずみずしさは無くなり、しわやたるみ、乾燥の原因となってしまいます。

タバコに含まれるニコチンは体の血行を悪くし、肌のくすみにもつながってしまうんですよ。

えー!じゃあいくらスキンケアを頑張っても、タバコのせいで効果が薄れちゃうんだね。

一酸化炭素やニコチンの他にも、タバコには様々な有害物質が含まれます。その数は4000種類以上と言われています。体に取り込むべきではない有害物質が喫煙によって体に入るとどうなるのでしょうか?

【喫煙による肌への害②】肌を含めた体の老化を促進する

3

タバコを吸って有害物質が体へ入ると、大量の活性酸素と、それに伴いフリーラジカルという物質が生成されます。このフリーラジカルは脂肪細胞など様々な体内の物質と結びつくことによって、その物質を酸化させてしまうのです。体内の酸化が進むと、老化が始まります。

つまり、喫煙は肌を含めた体の老化を促進することになるんですよ。

また、喫煙によって一度酸化して傷んだ細胞は正常なターンオーバーが行われなくなり、肌のキメは荒くなりゴワゴワとした印象に。吹き出物などのトラブルも起きやすく、まずます美肌からは遠のいてしまいます。

【喫煙による肌への害③】体が男性化し、ムダ毛が濃くなる

4

喫煙によって女性ホルモンが分解されると相対的に男性ホルモンの割合が高くなります。男性ホルモンは、髪の毛以外の体毛を濃くする働きがあります。そのため、女性ホルモンが減少すると、人によっては体毛が濃くなってしまうのです。

特に男性特有の濃い毛が生える場所である、腕や脚、ヒゲ、胸の毛が濃くなる傾向があります。

そうなんだ……。じゃあタバコをやめたら毛が薄くなるの?

必ずしもそうとは言えません。ホルモンバランスの乱れの原因は喫煙だけではないことがほとんどです。ですから、ホルモンバランスを整えるためには、禁煙に加えて食生活の改善十分な睡眠など、生活全般の改善が必要なんですよ。

タバコをやめてハリのある美肌を手にいれよう

喫煙は健康だけでなく、美容的観点からも良くありません。肌荒れ、老化、ムダ毛以外にも血行不良から冷えを招くなど、体に負担をかける影響が多くあります。

あなたが喫煙者で、肌荒れなどのトラブルに悩んでいるのであれば、原因は喫煙にあるのかもしれません。自力での禁煙が難しい場合は、禁煙外来を設ける病院が増えてきているので一度行ってみるのも得策です。ニコチン依存症であるとの診断がおりれば、保険適用で治療を受けることもできます。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
タバコが原因でムダ毛が濃くなる!?喫煙が肌に及ぼす3つの害

この記事が気に入ったら
いいね! しよう