美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

【お医者さんから学ぶ】やさしい脱毛教室
2015.11.01
Loading

アナタがしたいのは「永久脱毛」? それとも「一時的な減毛」?

編集部
オススメ度
  • 美容

    20
  • お役立ち

    100
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
アナタがしたいのは「永久脱毛」? それとも「一時的な減毛」?

エステサロンやクリニック、色々な店舗で脱毛が行われていますが、「脱毛」と一口で言っても、実はその意味合いは様々です。多くの人が望むのは、「ずっと毛が生えてこないツルツル肌」ではないでしょうか?知ってるようで知らない「永久脱毛」について、分かりやすくお伝えします。

永久脱毛はどこでできるの?

せんせー!脱毛したい!

ずっとツルツルにしたいのか、一時的に毛の量を減らしたいのかどっちですか?

もちろんずっとツルツル!当たり前じゃん?

しーちゃんの毛がなくなったらちょっと気持ち悪いけど大丈夫ですか?

どういうこと?怒

冗談です笑
ずっとツルツルにしたいのなら永久脱毛、つまり医療機関で行っている脱毛ですね。

えー、脱毛サロンでは永久脱毛できないの?安いしなんかかわいい感じで好きだったのにー!

はい、できません。
それは法律で決まっているからです。簡単に言うと、永久脱毛を行うためには、毛を作る細胞を殺さないといけないのですが、細胞を殺す行為は医療機関でしかやっちゃダメだよ、と法律で決まっているのです。意外と知らない人が多いですね。

永久脱毛は医療機関でのみ行うことが認められています

以下の通り、医師法によって「永久脱毛に該当する行為=毛を作る細胞を破壊する行為」は医療機関でのみ行うことが認められています。言い換えると、脱毛サロンでは永久脱毛は認められていません。

第1 脱毛行為等に対する医師法の適用
以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること。
(1) 用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為
出典:厚生労働省HP

また、日本エステティック振興協議会もオフィシャルサイトにて、「エステでは細胞を破壊してはいけない。ということは毛は再生するし、一時的な減毛でなければいけない。」ということを発表しています。

エステティックサロンで行う美容ライト脱毛の範囲
1.通知に抵触するような施術を行わないこと
2.毛乳頭・皮脂腺開口部を破壊しない
  ということは現象面で毛の再生があること
3.一時的な除毛・減毛であること
出典:日本エステティック振興協議会HP

もし脱毛サロンで永久脱毛できたとしたら?

へー、そうなんだ!さすがせんせーだね!でも脱毛サロンに通っている友達は、生えてこなくなったって言ってたよ?

おそらく通っている間は一時的な減毛を繰り返しているので、生えてこなくなったと感じているのでは?脱毛サロンに通わなくなってしばらくしたら、必ず毛は生えてきますよ。

なるほどねー!でも脱毛サロンでも脱毛完了コース!とかあるじゃん?別の友達はそれ終わって生えてこなくなった、って言ってたよー?
なんでー?

どういう意味で完了と表現されているのかは私にはわかりませんが…もし本当に生えてこなくなったのであれば、それは…私からは何とも言えません…

もし脱毛サロンやエステサロンの脱毛で、毛が生えてこなくなる=永久脱毛を行っているとすれば、その店舗は違法ということになります。そのような悪質な店舗を取締り、エステティック業界の健全化を図るためにも、先ほど先生の説明にも出てきた日本エステティック振興協議会のような団体が存在するのです。

※一般社団法人日本エステティック振興協議会とは?
エステティック業界の健全化とより一層の発展と社会的地位の向上を目的とし、消費者の安心と安全の確保および行政など国の機関への業界窓口として設立された協議会。
日本エステティック振興協議会HP

そもそも永久脱毛って何?皆さん知っていますか?

米国電気脱毛協会(American Electrology Association)によると、永久脱毛の定義は、「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」とされています。つまり、医療機関で適正な治療を行ったとしても、全く生えてこなくなるというわけではなく、少しは生えてくる、ということをご理解ください。

もちろん、治療を継続的に行うことで本当に1本も永久に生えてこなくなる状態にすることは可能です。ただし、「永久脱毛=ずっとツルツルではない」ということはしっかり理解しておいてください!

永久脱毛まとめ!これだけは覚えておいてください!

ここまで解説した通り、「脱毛」と言っても、店舗によって意味合いが変わってきます。

医療機関の脱毛 = 永久脱毛

永久脱毛は医療機関でのみ行うことができます。
なぜなら法律で決まっているからです。

【脱毛の名称】
医療脱毛・医療レーザー脱毛・レーザー脱毛など

脱毛サロンの脱毛 = 一時的な減毛

脱毛サロン・エステサロンでは一時的な減毛しかできず、必ずまた生えてきます。
もし脱毛サロンの脱毛で生えてこなくなるということは違法だということです。

【脱毛の名称】
光脱毛・フラッシュ脱毛・美容ライト脱毛・美容脱毛など(「〇〇脱毛」といった形で魅力的な名称をオリジナルでつけている場合もあります)

※もちろん、医療機関でも脱毛サロンで行っている光脱毛を行うことは可能です。ただし、光脱毛を扱っている医療機関は皆無と言っていいでしょう。なぜなら、患者様の立場で考えると、総合的に医療レーザー脱毛の方が圧倒的に満足度が高いからです。

例えば「全身ずっと生えてこなくていいけれど、VIOだけは夏だけキレイにしたい!」という方であればVIOはエステサロン、それ以外の部位は医療機関での永久脱毛をオススメします。価格や知名度だけに惑わされず、目的に合わせて自分に合った脱毛を選びましょう!

痛み・効果・料金・安全面など、医療脱毛とエステ脱毛の違いについてさらに詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!
♡知ってた!? 似て異なる!医療脱毛と脱毛サロンの違い

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
アナタがしたいのは「永久脱毛」? それとも「一時的な減毛」?

この記事が気に入ったら
いいね! しよう