美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

【お医者さんから学ぶ】やさしい脱毛教室
2016.04.22
Loading

悩みが尽きない思春期…。ムダ毛との上手なつきあい方とは?

編集部
オススメ度
  • 美容

    60
  • お役立ち

    90
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
悩みが尽きない思春期…。ムダ毛との上手なつきあい方とは?

思春期は、背が伸びたり声が変わったり、身体が成長し大人の身体へと近づいていきます。そして、その成長は体毛にも大きく影響します。ここでは、思春期と毛の関係についてご紹介します。思春期の毛について知り、ムダ毛と上手に付き合っていきましょう。

ムダ毛の登場は「テストステロン」の影響

思春期に体毛が濃くなる理由は、男性ホルモンの「テストステロン」が関係しています。

テストステロンとは生殖器で作られるホルモンで、性欲が高まる働きと生殖器を発達させる働き、さらに男性らしい身体を作る働きを持っています。

ここで注目すべきは、女性の体内でも、男性ホルモンであるテストステロンが分泌されているという点です。

思春期になると、男性ホルモン・女性ホルモンともにグッと分泌量が高くなります。これにより、男性はより男性らしく、女性は女性らしくなります。

しかし、女性の体内でも全体のホルモン分泌量に比例して男性ホルモンの分泌量が多くなるため、ワキ毛やアンダーヘアーなどをはじめとするムダ毛が生え始めるのです。

気になる「ワキ毛」や「アンダーヘアー」

思春期になると、「テストステロン」の働きで、体毛が濃くなってきますが、悩ましい毛と言えばワキ毛やアンダーヘアーでしょう。
これまで気にも留めなかったところに、新たに毛が発毛するため、精神的にも影響は少なくありません。

また、腕毛やすね毛も処理の対象となります。体育の時間などには軽装になるため、からかう男子たちにも気を配ることになりますよね。

そのほかにも、胸毛やお腹の毛も濃くなる場合があります。

これらの場所は、普段は服を着ているため目立ちませんが、気にしている人も少なくないでしょう。

無視できない、個人差

どうしても周りの子と比べてしまうのが、思春期です。毛の量や生える早さには個人差があり、こちらも悩みの種になってしまいます。

人よりも毛深くなるのには、「遺伝」が関係しているともいいます。

わかりやすい例では、両親が毛深いと子どもも毛深くなりやすいというものです。親のどちらか一方だけが毛深い場合でも、子どもが全員毛深くなる場合もあるといいます。

また、他の人よりも発毛が遅いケースもあります。

当然、成長速度にも個人差もあるため、極端な場合を除き、あまり過敏にならないことをおすすめします。

適切なムダ毛処理の仕方を教わること

女子なら、誰しも毛深いことは気になるはずです。特に、わきの毛などは気になりがちです。そのような場合こそ、ムダ毛の処理方法を学ぶことが大切です。

ホルモンバランスが不安定な思春期の間は、脱毛という手段はお勧めしません。

お勧めするのは、電気シェーバーです。

カミソリや毛抜きで処理する方法では、皮膚にダメージを受けやすく、肌トラブルの元となってしまいます。
そのため、電気シェーバーを使い、優しく処理するのが最適というわけです。

思春期のナイーブな気持ちは『気楽に』

ただでさえ多くの悩みを抱えている思春期。

ムダ毛の処理は多くの少年少女を悩ませるはずです。お肌の悩みに限ったことではないですが、何事も深く考えすぎると気持ちが滅入ってしまうものです。気楽に捉え、考えすぎないことが大切です。

ムダ毛に関しても、適度にお肌を気遣い、適切な処理を行えば十分。ホルモンバランスがしっかりと落ち着いてから、じっくりとケアをすることがオススメです!

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
悩みが尽きない思春期…。ムダ毛との上手なつきあい方とは?

この記事が気に入ったら
いいね! しよう