美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

【お医者さんから学ぶ】やさしい脱毛教室
2016.07.24
Loading

「キッズ脱毛」…肌トラブルは?痛みは?わが子のために知っておきたい注意点4つ

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    70
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
「キッズ脱毛」…肌トラブルは?痛みは?わが子のために知っておきたい注意点4つ

お子様自身が体毛の濃さを気にしていたり、もしくは親から見てお子様の体毛が濃いと感じたりする場合があるのではないでしょうか? また、脱毛するにあたって「何歳からなら脱毛できるの?」という疑問もあるのでは? 脱毛は主に大人向けですが、お子様が脱毛することによる健康へのリスクも気になるところ。キッズ脱毛に関する注意点について調べていきましょう。

子ども脱毛における注意点のまとめ

それでは、子どもが脱毛する際にはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか?その詳細をお伝えします。

注意点1 肌トラブル

キッズ脱毛で気をつけたい点は、「肌トラブル」です。肌トラブルになる理由としては、子どもの肌が乾燥しやすいことにあります。
子どもの肌は、大人の肌と比べると水分を多く含んでいますが、皮膚が薄いことから水分が蒸発しやすくなっているのです。そのため、子どもの肌はデリケートだと言われるのです。

これはクリニックの医療レーザー脱毛でも同様で、乾燥しやすいデリケートな肌にはトラブルが起きやすくなるのです。きちんとカウンセリングを重ね、肌トラブルに関する不安を事前に解消しておくと良いでしょう。

注意点2 脱毛時の痛みについて

脱毛処理に際して大人以上に痛みを伴う場合があります。この原因は先に述べた肌の敏感さや子どもの心理的な面など明確ではないものの、痛がる傾向にあるようです。

痛い思いをしてまで脱毛を行うのは、お子様にとってはとてもつらいものですよね。痛みを感じるようであれば、大人が正しい判断をして無理に脱毛を行わない方が良いでしょう。

注意点3 生理が始まらないと効果が低い

7歳から脱毛を受けられる場合があります。実際ネット上には永久脱毛を行うなら早めに行っておく方が効果的、という考え方も見られます。しかし脱毛を受けられるのは生理が始まっている年齢である16歳程度からが一般的となっています。

その理由は、初潮を迎える前は女性ホルモンの分泌量が少なく全体的に毛は薄くて少ないのですが、生理を迎えてからは女性ホルモンの分泌量が増加して毛が濃くなるためです。したがって初潮を迎える前に前に脱毛処理を行っても、生理を迎えてから再び毛が生えてくるケースも見られるようです。

注意点4 日焼けを防ぐ

HIROMIXさん(@remix_hiromix)が投稿した写真

お子様が脱毛を行っている場合は日焼けに注意しなければなりません。その理由は、黒い色に反応する脱毛方法では皮膚に負担がかかりやすいためです。 特に、お子様の場合は、大人と比べると日焼けに対する意識が低いため、脱毛を行っているときは肌トラブルを防ぐためにも日焼け止めなどを利用し日焼けに十分配慮したうえで脱毛をしましょう。

脱毛処理そのものが恥ずかしく感じてしまうことも

脱毛処理における精神的な面となりますが、お子様が脱毛処理を受ける場合、脱毛処理そのものを恥ずかしく感じてしまうということです。特に10代は思春期で多感な時期にあたるため、見ず知らずの人に自分の肌を見せるのは恥ずかしい、と感じてしまうことがあります。 脱毛処理を受ける前は、健康面での配慮も大切ですが、精神面の配慮も十分に行って、キッズ脱毛のトラブルを防ぎたいものです。

子どもの脱毛は大人がしっかり見てあげることが大切

 


お子様が脱毛を受ける場合は、大人以上に注意しておきたいことがあるものです。エステでは脱毛してもまたムダ毛が生えてきてしまうこと、肌トラブルがあっても迅速な対応は望めないことなども十分に考えられます。もしも脱毛するなら、医師の常駐しているクリニックで、安全な脱毛の施術を受けることが一番の対策になるでしょう!

もちろんリゼクリニックでも施術を行っております。当院では必ず初めに医師とのカウンセリングがありますので、脱毛しても問題ないか、きちんと確認してから施術を受けることができるので安心ですよ。

興味のある方はこちらをチェックしてみてくださいね。
♡リゼクリニックのカウンセリングについてみる

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
「キッズ脱毛」…肌トラブルは?痛みは?わが子のために知っておきたい注意点4つ

この記事が気に入ったら
いいね! しよう