美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

【お医者さんから学ぶ】やさしい脱毛教室
2016.05.14
Loading

傷が深くなる前に!子供のムダ毛対策を考えましょう

編集部
オススメ度
  • 美容

    70
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
傷が深くなる前に!子供のムダ毛対策を考えましょう

子どもたちは悩んでいます! 大人が想像するよりずっと気になっているムダ毛。 悩みが深刻化する前に、大人から正しい処理の方法を教えてあげてください。

子どもがムダ毛処理?と一蹴する前に

永久脱毛は私たちにとって身近な存在になりました。私たちが周りに気遣ってムダ毛を処理するように、あなたのお子さんもムダ毛のことが気になっているかもしれません。

ひと昔前までは、子どもがムダ毛なんて気にする時代ではなかったかもしれません。しかし、今は違うのです。

「他の人より体毛が濃い」ことでからかわれている子を見たこと、もしくはからかわれた経験はありませんか?思春期というのは自分や他人の体について気になってしまう年頃です。

大人である私たちの脱毛が当たり前になった今、ムダ毛処理に早い・遅いと決めつけるのは時代遅れの考え方です。一方で、ムダ毛処理はやり方を誤ると肌にダメージを与えかねないので、正しい処理の知識が必要です。
今回は、子どものムダ毛に関する悩みと処理方法についてご紹介します。

子どもたちの悩み

子どもたちは、私たちが想像している以上にムダ毛のことを気にしているようです。

夏になると、半袖など涼しい服装になるだけでなく、プールの授業で肌をさらす機会があります。特に思春期を迎えた女の子にとっては、春〜夏はムダ毛の悩みが大きくなる季節のようです。
男の子も女の子も早ければ小学3年生くらいになると、口の周りに髭が生えてきます。周りのお友達よりも先に身体的特徴が現れると、不安や悩みを抱えてしまいます。

残念なことに、顔の毛が濃く「眉毛がつながっている!」といじめられてしまう子も中にはいるようです。お子さんが深刻にムダ毛で悩んでいるとしたら、親御さんも心が痛むことでしょう。

いじめが原因で、将来、友達付き合いが苦手になってしまう子どももいます。たかが「ムダ毛」であっても、それが原因で悩みを抱えている子どもたちはたくさんいます。特に、なかなか言い出しにくい身体のことだからこそ、親である私たちが敏感になってあげたいところですね。

ムダ毛処理が当たり前になったこの時代では、小学校低学年〜中学生くらいの子を持つ親御さんから子どものムダ毛処理や脱毛について、専門家に相談を仰ぐケースも増えているようです。

しかし一番避けたいのは、子どもが悩みを打ち明けてくれたのに「子どもが脱毛なんて」と一蹴してしまうことです。もし親御さんがここで突き返してしまったら、お子さんは悩みを抱え続けるか、最悪の場合間違ったセルフ脱毛に手を出してしまうかもしれません。

子どもの悩みを救ってあげられるのは親御さんしかいませんから、親身になって話を聞いてあげましょう。

いつから?子どものためのムダ毛処理方法

ここからは子どものためのムダ毛処理方法についてご紹介します。よく「毛を剃ると太くなる」という噂を耳にすることがあると思いますが、これには医学的根拠はありません

しかし、肌が大人ほど強くない子どもが剃毛することは望ましくありません。子どもに最適なムダ毛処理は何なのでしょうか。

カミソリ

先ほどにも申し上げた通り、子どもは肌が弱いため、間違った方法で剃毛すると色素沈着や炎症の原因になりかねません。しかし、顔などのようになかなか他の手軽な手段がない場合は剃毛を選ばなくてはいけないときもあるでしょう。

そのときも、カミソリは使わないようにしましょう。肌への負担が大きすぎます。肌が清潔な状態のときに、必ずシェービングクリームを使って多枚刃のシェーバーで剃ります。アフターケアもきちんと行いましょう。

子どもがまだ小さいときには、必ず大人が剃ってあげるようにしましょう。慣れてきて子どもが自分で剃る場合も、大人がそばにいて見てあげるようにしてください。子どもには、女性用の電動フェイスシャーバーもおすすめです。

脱色クリーム・除毛クリーム

脱色クリームや除毛クリームは、手脚や背中など広範囲に渡る毛の脱毛に向いています。クリームなら肌に負担がかからないと思っている方もいますが、クリームも薬剤ですので剃毛と同じように負担になります。きちんとアフターケアをして、正しい使い方をしましょう。

やはり、医療脱毛がオススメ

オススメ!といっても、あまりに小さい頃に医療脱毛を受けてしまうと、ホルモンバランスの乱れなどで効果が薄くなってしまったり、子どもの弱い肌には負担が大きいため、成長してから医療レーザー脱毛を受けるのがが1番です。
ホルモンバランスが比較的安定する高校生くらいの年齢になると、クリニックで医療レーザー脱毛を受けられるようになります。永久脱毛を考えるなら、今のうちはムダ毛処理を正しく行い、高校生になったら医療レーザーで脱毛を考えるのがオススメです。

いかがでしょうか?あなたのお子さんは大丈夫ですか?もしかすると、学校でからかわれて誰にも言えずに悩んでいるかもしれません。自分の子ども時代と今の子どもたちの価値観は大きく変わり、今の子どもたちのほうがムダ毛に対する意識が強いと思って、悩んでいたら寄り添ってあげてくださいね。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
傷が深くなる前に!子供のムダ毛対策を考えましょう

この記事が気に入ったら
いいね! しよう