美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

【お医者さんから学ぶ】やさしい脱毛教室
2016.04.10
Loading

生理中に脱毛できない理由とは?生理とお肌の深い関係

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    60
  • トリビア

    60
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
生理中に脱毛できない理由とは?生理とお肌の深い関係

気になるムダ毛の処理はこまめに行いたいものですが、生理の時はムダ毛処理を行わない方が良いとされています。デリケートゾーンなどのVIOの処理はできないにしても、わきや腕など、VIO以外のムダ毛処理もしない方が良いのでしょうか。生理中の脱毛について見ていきましょう。

生理中は脱毛しない方がいいの?

生理中に脱毛をしない方がいい理由は、ホルモンバランスが乱れるためです。ホルモンバランスが乱れることによって、皮膚が敏感になりやすいとされています。

女性ホルモンには「エストロゲン」(卵胞ホルモン)と「プロゲステロン」(黄体ホルモン)があります。

特に生理前はプロゲステロンが増えますが、プロゲステロンが増えることによって、肌のバリア機能を守る「抗菌ペプチド」が減少します。抗菌ペプチドが減少すると、肌が敏感になりやすく、脱毛で痛みを感じやすいので、脱毛を行わない方が良いとされているのです。

生理中の脱毛 VIOだけできないケース

これまで見てきたように、生理中は脱毛に最適ではないタイミングであることから、脱毛サロンや脱毛クリニックでは、生理中は脱毛を受け付けないケースが多く、特に、VIOの脱毛は断るケースがほとんどです。
実際に、リゼクリニックでも、生理中のVIOの脱毛はお断りさせていただいております。

そうはいっても、ムダ毛は気になるものです。そのため、「生理ではない」と、嘘をついて脱毛処理を受けたくなるかもしれません。ですが、生理中にVIOの脱毛を行わないきちんとした理由があります。
それは、血液が原因で病気の感染リスクが高くなる可能性があるからです。特に生理中は体調自体が非常にデリケートな状態ですので、自らの安全のためにも施術を行わないことが最善です。

生理中の脱毛 全身の脱毛ができないケース

脱毛する店舗によっては、生理中は全身の脱毛を受け付けていない場合もあります。

その理由は、先ほど説明したようにホルモンバランスの乱れが関係しています。ホルモンバランスの乱れによって、脱毛で痛いと感じる場合があるためです。

VIO以外なら、生理中でも脱毛は可能なように感じられますが、中には施術を中断する必要がある程強い痛みを感じられる方もいらっしゃいますので、注意が必要です。

自分で処理するのはいいの?

生理中は、サロンで脱毛ができないなら、自分で処理をすれば良いように感じられます。

もちろん、生理中でもどうしても必要な場合があれば自己処理をすること自体は構わないのですが、生理中はホルモンバランスの乱れで肌が敏感になっていますので、電気シェーバーで優しく処理を行うことをお勧めいたします。

また、特に生理中のお肌は乾燥しがちなので、処理を行った後はしっかりと保湿を心がけることが大切です。

生理中は、ホルモンバランスの乱れによる肌トラブルに限らず、生理痛が起きるなど、身体が不安定になることが多いです。
脱毛のことよりもまずはご自身の体調の事を考え、万全の状態で脱毛を行う事がおすすめです。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
生理中に脱毛できない理由とは?生理とお肌の深い関係

この記事が気に入ったら
いいね! しよう