美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

【お医者さんから学ぶ】やさしい脱毛教室
2016.05.29
Loading

本当の口コミを教えて!レーザー脱毛は痛いの?痛くないの?

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    90
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
本当の口コミを教えて!レーザー脱毛は痛いの?痛くないの?

Kenasiiiを読んでくださっている方の中には、これからレーザー脱毛を考えていて、自分がその痛みに堪えられるか心配している方もいるのではないでしょうか?脱毛を受ける方の中には「他の人よりも痛みに敏感」ということで心配になっている人もいます。果たして、レーザー脱毛は痛いものなのでしょうか?

輪ゴムに似てる?レーザー脱毛の痛みとは

一般的に、サロンで行う光脱毛と比べて、レーザー脱毛は痛みが強いと言われています。レーザー脱毛の痛みは、輪ゴムでパチンとはじくような感じと例えられることがあります。

しかし輪ゴムの太さやはじく力加減によって痛みは大きく変わってきますので、よく分からないですよね。脱毛の痛みも個人差があると言ってしまえばそれまでですが、部位によっても異なるようです。以下、レーザー脱毛の痛みについてもう少し詳しく見て参りましょう。

痛みは部位によって違う?

痛みは人によって感じ方も異なりますが、脱毛部位によっても大きく違ってくるようです。毛が太い部分や丈夫な毛が密集しているところ、また皮下脂肪が薄くすぐ下に骨があるような部位特に痛みを感じやすいと言われています。

このような観点から総合的に評価すると、一番痛む部位は「ワキ」「うなじ」「ひざ下」「VIO」のようです。逆に比較的痛みが少ないのは、毛が薄く脂肪が厚い「お尻」「お腹」「胸」「上腕」だと言います。

一番痛むところでは、施術中ずっと歯を食いしばっていたという人や、「痛っ」と思わず声を上げてしまった人もいます。一方、激痛を予想していった割には「もう終わってしまったのか」と思うほど拍子抜けするものだった、と語る人もいます。

なぜ痛む?痛い方が効果がある?

そもそも、脱毛が痛い理由とは何なのでしょう。

レーザー脱毛では、黒い毛の色を吸収する光を肌に当てることで、その光の熱によって毛の細胞を破壊しています。細胞を破壊するときに、パチッと痛みを感じるのです。

脱毛サロンの中には「痛みを感じない脱毛施術」と謳っているところがあります。しかし痛みを感じない光脱毛やレーザー脱毛はありません。もし痛まないのだとしたら、それは脱毛効果がほとんどないでしょう。

光脱毛とレーザー脱毛は、光の出力の大きさが違います。クリニックで行うレーザー脱毛は、サロンで行う光脱毛に比べて出力が大きい分、より脱毛効果が実感できます。つまり痛い分だけ効果があるということかもしれませんね。

クリニックのメリット「麻酔」

クリニックで行うレーザー脱毛は医療行為です。そのため痛みが強いとき、サロンにはできない麻酔を施すこともできます。

麻酔は任意なので別料金というクリニックが多いですが、追加料金はおよそ2,3千円です。麻酔には2種類あり、麻酔を塗って皮膚表面の感覚を鈍らせる「クリーム麻酔」と、亜酸化窒素ガスを吸引してお酒に酔ったような感覚にさせる「笑気麻酔」があります。

近年は吸入している間だけ効果がある「笑気麻酔」を積極的に取り入れていますが、稀に吐き気や頭痛を感じる患者さんもいます。そうした患者さんには「クリーム麻酔」を施します。こちらは塗布から30分ほど待たなくてはいけない、塗布から5時間ほどは麻痺感が残るというデメリットはあるものの、安全に施術が行えるのが特徴でしょう。

レーザー脱毛は痛む、とはいえ最近の技術の進歩によって、レーザー脱毛器も痛みが少ないものも登場してきています。痛みが心配な方は、そのような最新機器の導入に力を入れているクリニックを調べてみると良いでしょう。

脱毛に対してのイメージをポジティブに!

基本的に、脱毛は回を重ねるごとに痛みが少なくなっていくと言います。少し腰が引けるかもしれませんが、完全に脱毛ができればムダ毛処理とは無縁の新たな生活を手に入れることができますよね。脱毛完了後のほとんどの患者さんは「痛かったけど、やって良かった」と前向きな感想を残しています。

みなさんもツルツル肌に向けて、一歩を踏み出してみませんか?

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
本当の口コミを教えて!レーザー脱毛は痛いの?痛くないの?

この記事が気に入ったら
いいね! しよう