美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

【お医者さんから学ぶ】やさしい脱毛教室
2016.05.26
Loading

溝は埋まらない!?男女の「脱毛意識ギャップ」を考えよう

編集部
オススメ度
  • 美容

    50
  • お役立ち

    60
  • トリビア

    70
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
溝は埋まらない!?男女の「脱毛意識ギャップ」を考えよう

現代人は目につくムダ毛を嫌います。もっとも最近では、男性もムダ毛処理をする時代です。剛毛であったり、特定の部位のムダ毛であったりそれぞれ悩んでいるかもしれません。 一方で、女性から見ればそんな男性のムダ毛処理が不適切なこともしばしば。「そこの毛を剃るの!?」と思ったり、「女々しい」と思ったり。ムダ毛がなくなればそれでよい、というわけではないのが悩みどころです。 それでは今回は、男女間の脱毛のギャップにふれ、男性に望むような脱毛をしてもらうための方法を紹介します。

女性が望む、男の脱毛方法

まずは「女性が男性に望む脱毛部位」と「男性が気にする自分のムダ毛」に生じるミスマッチを紹介します。例を参考に、比較してみましょう。

女性が「男性に処理してほしい」ムダ毛の例

ひげ、胸毛、乳輪の毛、すね毛、ギャランドゥ(へそ周りの毛)

男性が自分で「処理したい」と思うムダ毛の例

肛門の毛、鼻毛、ひげ、耳毛、ギャランドゥ(へそ周りの毛)

女性が「男性が処理していたら気持ち悪い」と思うムダ毛の例

陰毛、すね毛、脇毛、うなじ、腕毛

もちろん個人差はあります。しかしこの例を見る限り、男性が自分で処理したいと思う部位は、女性が見て彼氏や夫などにムダ毛処理をしてほしい部位とマッチしていないということです。むしろ、気持ち悪いと思う例もいくつか・・・。

また、例では大雑把な紹介となりましたが、「男性のすね毛が皆無でツルツルなのはちょっと…」というように、部位によっては完全脱毛することに抵抗をもつ人もいます。毛の濃さや太さには個人差があり、それに応じて考えなくてはいけませんね。

どう促す?オトコの脱毛のススメ方

さて、ここまで男女のミスマッチをみてきましたが、このズレはどのように解消すればよいのでしょう。さっそく、パートナーの男性への脱毛すすめ方を紹介します。

すね毛が濃すぎる時

お風呂あがりに言うという方法があります。水で濡れると毛は多く見えたり、見栄えが悪かったりします。それが顕著なすね毛には、ぜひ試してみたい方法ですね。

胸毛が気になる時

肌を重ねた後に伝えると効果的だとか。もちろん他にもさまざまなシチュエーションがあるはずですが、見る機会も少ない胸毛。心を許している時にこそ、おすすめのようです。

いずれも、素直に思いを伝えるのがおすすめということでしょう。パートナーと一緒にクリニックへ訪れ、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

どう諭す?オトコの脱毛のとめ方

最後に脱毛をされては気持ち悪い部分の、脱毛のとめ方を紹介します。

覚えておきたいのは、男性もそこの毛について悩んでいるということです。頭ごなしな否定は逆効果です。そこで、男性を諭す時こそ、ホメてあげましょう。どれだけ男らしいか、魅力的かを伝え、脱毛を阻止する方法がいいようなのです。

しかし、「ムダ毛」だと思う好みも人それぞれ。お互いが納得して、歩み寄ることこそが、ステキなパートナーシップの築き方です!

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
溝は埋まらない!?男女の「脱毛意識ギャップ」を考えよう

この記事が気に入ったら
いいね! しよう