美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

【お医者さんから学ぶ】やさしい脱毛教室
2016.08.14
Loading

デリケートゾーンの「毛切れ」って!?ラブラブタイムを邪魔するその正体とは

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
デリケートゾーンの「毛切れ」って!?ラブラブタイムを邪魔するその正体とは

「毛切れ」という言葉を聞いたことはありますか?毛切れとは、セックスにおいてデリケートゾーンの毛が擦れたり巻き込まれたりして切れてしまい、その毛、あるいは毛先で皮膚が傷ついてしまうことです。そんなの自分はなったことないし、関係ないから大丈夫!と思っている方は要注意です。デリケートゾーンは体の大切な部分ですので、硬くて濃い毛が生えることが一般的です。その毛をよくお手入れしておかないと、いつ自分の身に降りかかるかもわかりません。今回は、毛切れのお話と、対処法についてご紹介します。

どうして毛切れになってしまうの?

Goki Inoueさん(@atom5050)が投稿した写真


毛切れは、セックスのときに毛がデリケートゾーンの皮膚を傷つけてしまうことをいいます。そのため、簡単に言えば、デリケートゾーンの毛の処理を何もせずにセックスしてしまうと、毛切れになって皮膚が傷ついてしまう可能性が高まるのです。
あまりひどいと毛切れだけでなく、毛が女性器の中に巻き込まれてしまったり、避妊具を傷つけてしまったりする場合もあるので本当に注意が必要です。

毛切れになってしまったらどうなるの?

毛切れになってしまうと、デリケートゾーンの皮膚、つまり性器が傷ついてしまい、そこからばい菌が入って化膿してしまうこともあります。そのときの状況などにもよりますが、男性の方が傷つきやすいという実体験も多いようです。しかし実際には、どちらかの毛が長ければ、どちらの皮膚に当たってもおかしくありません。お互いにデリケートゾーンの毛をしっかりお手入れして、清潔に保つのがベストと言えるでしょう。

また、もしデリケートゾーンが傷ついて化膿してしまった場合、当然治療が必要になります。軽い場合であればドラッグストアなどで売っている毛切れ軟膏などで治すこともできますが、とても腫れてしまった場合などは、病院に行くことをやはりおすすめします。デリケートゾーンはその名の通りとてもデリケートです。少しのばい菌でも今後を左右してしまう可能性があるので、充分に気を付けた方が良いでしょう。

毛切れを予防するには?

毛切れになんてなりたくありませんよね。毛切れしないためには、まず男女ともにデリケートゾーンの毛をお手入れすることです。具体的には、長くなってきたら切る、範囲が広がってきたら剃る、などが基本的なことになるかと思います。しかしデリケートゾーンの毛は濃くて硬いのが特徴で、ただ切っただけでは毛先が尖ってしまいます。

これじゃあ毛切れの予防はできないじゃん!

非常にお肌がデリケートな部分なので、安易に自己処理するのはおすすめできません。

ヒートカッターなどで焼き切るという手もありますが、万が一やけどしたときのことを考えると完全に安全とは言えません。

多少のお金と時間はかかりますが、絶対に毛切れを予防したい!というのならば、脱毛をおすすめします。現代はデリケートゾーンの脱毛は当たり前になっている世の中です。完全に全範囲を脱毛しなくても、ちょうどいい範囲まで毛を残したり、長さを調節できたりもするので、デリケートゾーンの毛の長さなんて誰に聞けばいいかわからない、と悩んでいる方にもおすすめです。

さらに、医療脱毛でデリケートゾーンの脱毛を行えば、万が一肌にトラブルなどが起きてもすぐに対処してくれるのでおすすめです。

しっかりお手入れして、毛切れを予防しよう

毛が生えてしまうのは仕方のないことですが、工夫次第によっていくらでも毛切れは予防できます。彼との大切な時間に痛い思いをして気まずくなってしまうなんて嫌ですよね。自分の皮膚が傷つかないためにも、また彼の身体を大切にするためにも、日頃からしっかりセルフチェックをすることが大切です。毛切れを予防して、自分も彼も守るようにできることが一番ですね。

リゼクリニックでも、VIO脱毛の施術を行っておりますので、興味のある方はチェックしてみてください。
♡リゼクリニックのVIO脱毛について知りたい人はコチラ!

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
デリケートゾーンの「毛切れ」って!?ラブラブタイムを邪魔するその正体とは

この記事が気に入ったら
いいね! しよう