美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.09.10
Loading

ダメージヘアをキレイに見せる!?グロススプレーの使い方♡

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    90
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
ダメージヘアをキレイに見せる!?グロススプレーの使い方♡

乾燥する季節の悩みと言えば髪の毛のパサつきです。乾燥によって髪がパサついてしまうと、スタイリングも上手くいかなくなってしまいます。そんなときに活躍してくれるのがグロススプレー。髪の毛に潤いを与え、乾燥した季節でもまとまったスタイリングを可能にしてくれます。

さよならカサカサヘア!グロススプレーはこんな人におすすめ!

different cosmetic products for personal care isolated on white

グロススプレーは髪の毛の持つ自然なつや感を出してくれます。そのため、カラーリングやパーマなどを繰り返して髪の毛が痛んでしまっている方向きのスプレーです。

日々のトリートメントを念入りにしていたとしても、髪の毛に強い負担のかかるカラーリングやパーマを頻繁に行えばどうしてもブローの後に髪の毛の潤いはなくなってしまいます。
特にロングの方や、巻き髪などをする方にとっては、ぱさぱさの髪はスタイリングする上での大きな悩みでしょう。

髪が長いと乾燥する季節はどうしても横に広がってしまいがちですが、これをワックスなどで無理やり押さえつけようとするとべたつきが残ってしまい、自然なスタイリングをすることができません。ボリュームを抑えたい人や、まとまりは持たせたいけど固めたいわけではないという方にとっては、グロススプレーはとてもおすすめです。

グロススプレーをムラなくスプレーする方法は?

SSUCv3H4sIAAAAAAAEAH1TPW+DMBDdK/U/RMxJa+MASccO3Sp16xBlOMw1sWIwwiZNVeW/1xhIDjXtgvze8z3fF9/3d7NZlINVMnqafXfIY6V1a10DTpnK02w+8FgoZxoFuiM77hyUyDpwrUVLLHgsmg+PxRibq511Rh7qvXGGChKq20KBtbHKBd5OhAahtE6VSFm0NYUfPkoroJS6/U4giraauNl96xw2IcLzfE3KleBw5/swKXjs4abHs1EYanReip4RWvf1+AJ233V2Tm7YNu9uvCorUWuo0LQ2GvXz/B/TNzS1xltm76bE6mrSH7ZjhbDDSn5dK/jVoA1xnNhPADulp3XywJPLQ9uLTIZAzThLBX/ovnH43gydDHkSncZ/Z8MzYtYfzmRyDWqEflEHy4iJFYMVikWeJnyxlIIt1jGIxUqmScb5Ki6yPFj2uUWHT78WZZj8YHpUBRqCoS2UIZtxNBJ0WGCSSd0oqaodCTNujw3B0v+CpiREZVzIfKg4KvwadpALzjLG0iQWabLM4mXq8z3/AF1FvmDaAwAA

グロススプレーを使う際には、髪の毛全体にスプレーをいきわたらせるようにします。髪の毛にまんべんなくグロススプレーを吹きかけることによって、自然なまとまりを演出することができます。
しかし、ロングヘアーなどの場合に、スプレーを髪の毛全体にムラなく吹きかけるのはなかなか難しいことです。

そんな時に意識したいのが、スプレーを吹きかける位置です。自分の狙った位置にスプレーを吹きかけようとするあまり、スプレーの吹き出し口と髪の毛の距離が極端に近づいてしまう方が多いですが、グロススプレーなどのように髪の毛全体になじませるようなスプレーは、髪の毛から20センチほど離れたところから吹きかけるのが理想的とされています。

髪の毛とスプレーの距離を取ることによって、スプレーから出たミストが細かい霧状になって広範囲にいきわたるようになります。逆に、距離が短いところから吹きかけてしまうと、その部分だけにピンポイントでスプレーがかかってムラが出てしまうだけでなく、局所的にかかることによって白い粉が吹いてしまうこともあります。

そのため、自然なスタイリングを意識するためにはスプレーを吹きかける位置に注意したいですね。

髪と頭皮のためにスプレーした夜は必ずシャンプー!

Customer using hair spray to style hair

グロススプレーに限ったことではありませんが、スプレーをした日の夜には必ずシャンプーを念入りにするようにしましょう。スプレーをする際にも、できるだけ距離を離すことで頭皮に直接スプレーが吹きかかるのを防いでいますが、それでも多少は頭皮にかかってしまうものです。

そんな頭皮に付着したスプレーをそのままにしておくと、毛穴に汚れが詰まり髪の毛が傷むだけでなく薄毛になってくるなど深刻な悩みの原因にもなりかねません。
特にグロススプレーの場合には、ハードスプレーなどと違って固まるものではないため、あまり念入りにシャンプーをしない傾向にあるのです。

サラサラヘアを作るためのスプレーなので、スプレーが付いている実感は薄いと思いますが、それでも髪の毛全体にスプレーは行きわたっていますので、シャンプーの際には頭皮を中心にしっかりと汚れを落とすことを意識してください。

また、スプレーの量によっては上手く泡立たないこともありますので、その場合は事前のすすぎで予洗いを念入りに行い、髪の毛にたくさんの水分を含ませてからシャンプーをするようにしましょう。

パサパサヘアさんの味方♡グロススプレー!

髪の毛の乾燥やまとまらない髪のセットに毎日苦戦している女性は多いのではないでしょうか?そんなときこそグロススプレーの出番です。ヘアオイルやトリートメントだけではどうすることもできずお悩みの方は、ぜひ試してみてくださいね。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
ダメージヘアをキレイに見せる!?グロススプレーの使い方♡

この記事が気に入ったら
いいね! しよう