美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

【お医者さんから学ぶ】やさしい脱毛教室
2016.06.03
Loading

【子ども脱毛】成長期の子どもが脱毛する前に、パパとママが知っておきたいこと

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
【子ども脱毛】成長期の子どもが脱毛する前に、パパとママが知っておきたいこと

成長期の子どもの身体は、目まぐるしく変化していきます。それは時によって悩みに変わることも。今回は、子どものムダ毛の悩みについて紹介します。

成長期、脱毛には効果があるの?

ムダ毛に悩んでいるとは言っても、身体の変化が激しい成長期の子どもに脱毛は効果があるのでしょうか。実は成長期に脱毛を行っても、大人ほどは効果が期待できないのです。

思春期や成長期にはホルモンの分泌が不安定になります。大人の場合、毛が生え替わる「毛周期」が比較的安定しているので、この周期をもとに脱毛を行えばよいのですが、子どもはホルモンの活動が活発なため新しい毛が生えてきてしまうということは往々にしてあります。

つまり成長期の子どもに高い費用を投じてレーザー脱毛を受けさせたとしても、その効果は一時的なものである可能性が高いということは覚えておきましょう。

待ってもいられない?子ども脱毛

ホルモンバランスによって、たとえ脱毛を完了したとしても毛の濃さが変わってきてしまうということは分かりました。では、子どもは脱毛できないのでしょうか?ムダ毛に悩んでいる我が子を見放しにはできないのが親心です。

自分の身体的特徴が気になりはじめる思春期の子どもは、修学旅行のお風呂やプールなど人前で肌を晒す機会に対してネガティヴになってしまいがちです。せっかくのイベントですから、親としては子どもに気兼ねなく楽しませてあげたいところ。

一方で、こうした機会がきっかけになって「○○って、毛濃いよね」と言われてコンプレックスになったり、いじめの対象になってしまうこともあるのが現状です。親としては、子どもからのSOSのサインを見逃さず、”適切な”対応が求められます。子どもの脱毛は、どうしてもできないのでしょうか。

子どもの脱毛に関して知っておきたいこと

そういう訳で、前述のとおり成長期のレーザー脱毛は効果が期待できないこともあります。フラッシュ脱毛を行っている脱毛サロンは、子どもに対する脱毛に積極的なプランを設けているところもありますが、レーザー脱毛に比べて出力が少ないためなおさら期待は薄くなります。

クリニックでは明確な年齢制限はありませんが、独自の制限を設けている(15歳以上、高校生以上)ところが多いようです。施術を受けられるとしても、「パチッ」という痛みに堪えられることが前提になります。費用もかかりますがこれらを全て承諾した上で、脱毛に臨むという手もあります。

あるいは、手軽な手段としてセルフ脱毛という選択もあります。小さな子どもの肌には、レーザー脱毛と同様にカミソリでも大きな負担になります。間違った処理によって肌が炎症を起こし、色素沈着につながる危険性もあります。そこでおすすめなのが、電気シェーバーです。きちんとアフターケアを行えば、セルフ脱毛の中では一番肌に負担のかからない方法です。

どちらにせよ悩みを抱えたままにしたり無理な脱毛方法を選んだりするのは、心身の大きな負担になります。一度、皮膚科など近くのクリニックに相談してみてはいかがでしょうか?
リゼクリニックでも、医師とスタッフによるWカウンセリングを行っております。気になる方は一度チェックしてみてくださいね。
♡リゼクリニックのカウンセリングについて知りたい人はコチラ

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
【子ども脱毛】成長期の子どもが脱毛する前に、パパとママが知っておきたいこと

この記事が気に入ったら
いいね! しよう