美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2015.11.07
Loading

乳輪のムダ毛、なくしたい!乳輪部の脱毛はキケンってほんと??

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    40
  • トリビア

    70
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
乳輪のムダ毛、なくしたい!乳輪部の脱毛はキケンってほんと??

チョロチョロ~っと数は少ないけれど、意外としっかりした毛が生えていて、しかも放っておくとけっこう伸びる! こういった乳輪のムダ毛を脱毛したい!と考えている方も多いのではないでしょうか? しかし、乳輪は脱毛NGな部位のひとつ。 何で脱毛できないの?他に方法はないの?と乳輪のムダ毛に悩んでいる方のために、日本で唯一の乳輪脱毛の方法をお伝えいたします。

ヤケドの危険あり?!乳輪脱毛がNGな理由

img1

乳輪の脱毛が断られてしまう理由は乳輪の色素にあります。

医療機関やエステ脱毛で行われている医療レーザー脱毛や光脱毛は、黒いメラニン色素に反応し、熱を発する仕組みとなります。
そしてこの熱が毛乳頭(毛を作っている組織)を破壊する(エステ脱毛では弱らせる)ことで脱毛をしていきます。(エステ脱毛の場合は減毛。)

そのため、腕や脚などの部位の場合は黒いメラニン色素をもつ毛根にのみ反応しますが、色素をもつ乳輪(その他にもホクロやシミ、アザなど)では、毛と同様にレーザーや光に強く反応してしまい、痛みやヤケドをしてしまう恐れがあるため、乳輪の脱毛を行っていないクリニックや脱毛サロンが多いのです。

なるほどー!実は乳輪の脱毛ってキケンだったんだ…。
じゃあもう乳輪の脱毛はあきらめなきゃいけないの?

しーちゃんあきらめないで!
実は、医療機関ではレーザー以外にも脱毛法があり、その脱毛法では色素などに関係なく毛乳頭を破壊することができるんですよ!

メラニン色素関係なし!魅惑の針脱毛とは?

そのレーザー以外の脱毛法とは、いわゆる電気針脱毛と言われるものです。
電気針脱毛では、毛穴ひとつひとつに極細の電気針を差し込み、電気を流し込むことで毛根細胞を完全に破壊していきます。

img2

電気針脱毛は、毛穴さえあれば施術を行うことが可能ですので、レーザーが反応しなかった白髪や痛みがヤケドの危険性があるため脱毛できなかった乳輪も脱毛することが可能になります。

針脱毛すごーい!!!どこでも脱毛できちゃうね!!
でも針を毛穴に刺すんでしょ…なんか見るからに痛そうだけど
先生、大丈夫なの?

やっぱり痛そうっていうイメージを持っちゃいますよね。
でもねしーちゃん、リゼクリニックを始めとする医療機関では麻酔が使えるから痛みに対してはほとんど心配はいりませんよ。

ほんと!?どうして心配がいらないのか詳しく教えて~!

電気針脱毛ならできること

白髪や乳輪が脱毛可能となるだけでなく、電気針脱毛なら他にもさまざまなメリットがあります。

眉毛などの細かいデザイン脱毛が可能

脱毛機を使用すると、どんなに小さい照射口だとしても9mm×9mmの範囲が最小です。(ライトシェア・デュエットの場合)
しかし、電気針脱毛なら「1本ずつ」施術が可能となるため、眉毛の脱毛やカタチを微調整したいVラインの脱毛などに最適です。
また、医療レーザー脱毛や光脱毛で避けて照射されることが多かった大きいホクロの上に生えている毛でも施術が可能となります。

高い脱毛効果が得られる!

ひとつひとつの毛穴に対して、確実に電気を流していくため、高い効果が期待できます。
もちろん、電気を流して毛乳頭を破壊していくことができるため、永久脱毛が可能となります。

電気針脱毛は広範囲の脱毛には不向き

メリットも多い電気針脱毛ですが、一方で広範囲の脱毛には向いてないという面もあります。
毛穴ひとつひとつに対して手作業でアプローチしていくため、全身を電気針で脱毛しようとすると時間もコストも掛かってしまいます。
全身脱毛の場合は、広範囲な部位はレーザー脱毛機を使用し、細かいデザインの部分で電気針脱毛と併用していく脱毛法がオススメです。

注意!脱毛サロンでの針脱毛はかなり危険!

実は、脱毛サロンでもこういった針脱毛を行っています。しかし、針脱毛もまた、厚生労働省により医療機関以外での施術が禁止されています。
針脱毛で起こり得るリスクに対して、脱毛サロンでは対処しきれないというのが現実です。

血液感染のリスク

針を直接毛穴に刺す施術であるため、院内や機器を清潔な状態を保つことはもちろん、患者様ひとりひとりに対し血液検査を行い、異常のある方に対しては施術はお断りするなどの対応を徹底していないと、肝炎などの感染のリスクが存在します。
専用の針の購入はもちろん、こういった管理を徹底的にできる医療機関での針脱毛をおすすめします。

痛み軽減の取り組み

針を刺す施術となっているため、電気針脱毛はレーザー脱毛よりも痛みを伴うことが多い施術です。医療機関であれば麻酔の処方が可能となり、痛みを軽減した状態で施術を行っていくことが可能です。

やけどや炎症のリスク

電気を流し、毛乳頭を熱破壊する針脱毛では、やけどや炎症のリスクが少なからず存在します。万が一やけどが起こってしまった場合でも医療機関であれば、すぐに医師の診察、薬の処方が可能となります。また、医療機関では施術後の炎症止めの薬が処方されますので、術後のアフターケアも安心です。

乳輪脱毛は美乳への近道

マシュマロバストを目指すためには乳輪の毛なんてもっての外!カミソリや毛抜きでの自己処理は肌トラブルのリスクがあるので、針脱毛でトラブルなくキレイな美乳首をめざしてみましょう♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
乳輪のムダ毛、なくしたい!乳輪部の脱毛はキケンってほんと??

この記事が気に入ったら
いいね! しよう