美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.05.02
Loading

結婚式のお呼ばれメイクは、最高の舞台を飾る“華やかメイク”で決まり!

編集部
オススメ度
  • 美容

    60
  • お役立ち

    60
  • トリビア

    60
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
結婚式のお呼ばれメイクは、最高の舞台を飾る“華やかメイク”で決まり!

たくさんの人が集まる結婚式。特別な日、おめでたい場所では華やかなメイクでばっちり決めたいですよね。 普段のメイクに慣れていると、いざ華やかなメイクをしてみたときに、色味を使いすぎてやりすぎ感が出てしまったり、逆にいつもと変わらないメイクになってしまったり、上手くできずに困ってしまうこともあるのではないでしょうか? 実はメイクが苦手な人でも、ちょっとしたポイントを抑えるだけで結婚式にぴったりの華やかメイクにする事ができます。

アイシャドーをドレスの色と合わせてみる

5_1

アイシャドーをドレスの色と合わせるとそれだけでも普段よりワンランクアップしたメイクになります。

明るい色のドレスの場合

ドレスがピンクやベージュなどの明るい色味の場合は、ただ色を合わせるだけだと地味になりがちなので、パールやラメの入った物で明るさをプラスするのがおすすめです。粉感の出にくいクリームタイプの物だとナチュラルで美しい目元になります。

ダーク系のドレスの場合

また、黒や紺のダーク系のドレスを着る人も多いですよね。その場合は色味を合わせると言ってもアイメイクが暗くなりすぎないようにしましょう。
アイホール全体に透明や肌に近い色のアイシャドーを入れて、普段アイラインを入れる位置に太目のラインをひくつもりでアイシャドーを入れます。アイラインの色自体を変えても可愛らしいですね。

結婚式ではついつい涙腺が緩むシーンも多いかと思いますので、下まぶたはウォータープルーフタイプのマスカラだけにするなどなるべく控えめにしておきましょう。
ドレスとメイクが合っているとトータルでコーディネートしている印象が強まり、よりパーティーシーンにぴったりなメイクになります。

チークは華やかメイクに必須

5_2

チークは健康的で幸せな印象を出してくれるので、結婚式のメイクには必須と言えます。

肌の血色が良く見えると全体的に明るい雰囲気となり、特に昼の式では写真の顔写りが良くなるだけでなく顔全体の印象が良くなります。ポイントは普段よりも少し高めのゾーンにピンク系の色を入れる事です。

チークは顔の下の方に入れる程大人っぽく落ち着いたイメージになり、高い位置に入れると可愛らしく華やかなイメージとなります。また、普段は顔馴染みがよくシャープな印象にしてくれるオレンジ系のチークも結婚式では少しキツく見えてしまう事もあるため、優しい色味のピンクが良いでしょう。

アイメイクを濃い目にしたい場合は引き算してチークを薄目にし、頬全体に広げるように塗るとバランスが良くなります。

キラキララメ効果でデコルテをキレイに見せる

5_3

肌にきらめきを与えてくれるボディ用のラメパウダーは素肌をサテンのように見せてくれる効果があり、ただドレスを着るよりも数段美しく見せてくれます。

ラメパウダーを使用する時は全身を化粧水、乳液、オイルで顔と同じようにケアしてから使うのがおすすめ。素肌にそのままパウダーをのせるよりもよれず、全体に行き渡らせやすくなります。

また、ドレスから出ている部分の産毛はきちんと処理しておきましょう。二の腕など普段注意して見ていない場所でも産毛を処理しておく事でパウダーがのりやすく、全体的に美しい仕上がりになります。
くれぐれも塗り過ぎてギラギラとテカった肌にならないように注意しましょう。

突然のお祝いの場で焦ることのないよう、普段から脱毛しておくと良いですね。リゼクリニックでも全身脱毛のご案内をしておりますので、ぜひチェックしてみてください。
♡リゼクリニックの全身脱毛についてはコチラ!

ちょっとした工夫で結婚華やかに♡

せっかくのお祝いの場ですので、普段とは違ったメイクを楽しみましょう。ドレスに合わせて使ったことのない色を試してみるのもいいかもしれません。

いつもよりも華やかな自分で、友達をお祝いしてあげてくださいね♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
結婚式のお呼ばれメイクは、最高の舞台を飾る“華やかメイク”で決まり!

この記事が気に入ったら
いいね! しよう