美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.05.05
Loading

【2016最新】メイクが崩れない「潜水法」でこれからの季節を乗り切ろう!

編集部
オススメ度
  • 美容

    70
  • お役立ち

    60
  • トリビア

    70
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
【2016最新】メイクが崩れない「潜水法」でこれからの季節を乗り切ろう!

みなさんは、『潜水法』というメイクテクを知っていますか?夏の気温は年々右肩上がりで、メイクを直してもすぐに崩れてしまいますよね。外を歩けば照り付ける日差しで汗をかき、室内は冷房で乾燥する…。夏はメイクが崩れてしまう条件がこれでもかと揃っています。何度もメイクを直すのが面倒で、テカテカの顔のままになってしまうという人におすすめなのがこのメイク法です。これまでのメイクの常識を覆したメイク法「潜水法」をご紹介します。

『潜水法』でメイクを崩れにくくする??

15_1

潜水法とはズバリ、メイクの途中で水中に顔をうずめるというメイクカバー術です。詳しい方法は、後にご紹介いたしますが、この潜水法はそもそも、水分が蒸発する時に化粧品が肌に密着するという特性を活かした方法です。

一般的に販売されている化粧崩れ防止スプレーなども同じ原理ですが、スプレーと違い水に直接顔をつける事で全体にまんべんなく水分を行き渡らせる事ができ、より化粧崩れ防止の効果が高いメイク法とされています。

潜水法のやり方

15_2

それでは早速、潜水法のやり方をご紹介します。

1.下地を作る

まずはいつもと同じように下地を作ります。紫外線対策として日焼け止め成分が入っている物を使用しましょう。次にリキッドもしくはクリームタイプのファンデーションを塗ります。この時にいつもよりかなり濃いめにするのがポイントです。

べたべたになってしまうのでは?と思うかもしれませんが、潜水法は普段のメイクと比べて比較的乾燥しやすいためその心配はありません。しっかりと塗りこみましょう。

2.パウダーを塗る

ファンデーションを塗った後はパウダーをたっぷりと塗ります。手持ちのルーセントパウダーがない場合はベビーパウダーでも代用できます。顔が真っ白になってしまうくらいに塗りましょう。

ただし色付きのパウダーを塗り過ぎるとメイクが仕上がった時に顔の色だけが浮いてしまうので、透明か白、少しだけ青みがかったパウダーが良いです。ここまででベースメイクが完成。

3.水に顔を浸す

いよいよ水に潜ります。潜水!と言っても顔をつけるだけなので、特別難しい事はありません。

洗面器、または洗面台に水を張り30秒程潜ります。使用する水はお湯や冷たすぎる水ではなく、ぬるま湯で行いましょう。パウダーの付け方がムラになってしまうという人は水に顔をつけた後で塗っても大丈夫です。

潜水した後は、ティッシュなどで優しく軽く抑えるようにして水分をふき取ります。扇風機やドライヤーの冷風で乾かしても問題ありません。
いつものクセで、タオルで強めに抑えたり、こすったりしてしまうと折角のベースメイクがよれてしまうだけでなく、肌を傷つける事にもなってしまうので注意しましょう。

これで夏の強い日差しや、高温多湿な状況にも落ちにくいメイクが完成します。

潜水法にはデメリットもある?

15_3

夏場はぜひとも試してみたい潜水法ですが、実はデメリットもあります。

化粧品が肌に潜り込んでる…!?

潜水法はファンデーションやパウダーを肌に密着させるため、「化粧品が肌に入り込んでしまう」感覚が多少あります。

シワが気になる、という人だとシワの中に入り込んでしまう感覚があり、抵抗があるかもしれません。ただ、肌に入り込む感覚というのはそれ程肌に密着しているという事です。しっかりとクレンジングをする事で皮脂汚れは落とせます。

乾燥肌には不向き

また、テカり防止には抜群のメイク法なのですが、乾燥しやすくなってしまうので乾燥肌の人が普段のメイク法に取り入れるのは少し難しいかもしれません。

乾燥肌の場合はテカりが激しいTゾーンだけにしたり、保湿成分の入った化粧水を少し混ぜた水で潜水法を行ったりするなど、工夫する事で乾燥を軽減できます。顔に産毛がある人は事前に剃毛や脱毛しておく事で潜水法の効果がアップします。
産毛は肌と下地に挟まれるため、下地の密着度を下げてしまうからです。
産毛が薄く、気にした事がないという人も試してみると効果に違いを感じられるでしょう。

潜水法で、夏場のテカり対策!

これから暑い季節が始まってしまいますが、「テカりが気になる!」「何度メイクを直してもよれて困っている」という人は、自宅で気軽に始められるのでぜひ試してみてください。

去年大流行したこのメイクテクニックですが、2016年は「ラニーニャ現象でうだるような暑さ」と言われています。

暑くて顔のテカリやメイクの崩れが気になる今年も、この「潜水法」は大活躍してくれそうですね♡

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
【2016最新】メイクが崩れない「潜水法」でこれからの季節を乗り切ろう!

この記事が気に入ったら
いいね! しよう