美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.06.14
Loading

肌荒れでメイクできない・・・どうしよう!そんな時注意すべきことまとめ◎

編集部
オススメ度
  • 美容

    80
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    70
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
肌荒れでメイクできない・・・どうしよう!そんな時注意すべきことまとめ◎

肌荒れは体調が良くないサインなので、本来ならできるだけ肌に負担をかけずにそっとしておきたいもの。しかしながら、久しぶりに仲の良い友達と会う時や、彼氏とのデートの日はなんとか肌荒れを隠してカワイイ顔で会いたいですよね。 肌荒れがあるけどメイクしないと出かけられない!という時の、肌にあまり負担がかからないベースメイクにはどのようなものがあるのでしょうか?

そもそも肌荒れ時にメイクしてもいいの?

7_2

肌が荒れていたとしても、メイクはした方が良いと言えます。空気中には乾燥や紫外線、花粉、排気ガスなど、お肌に有害なものは蔓延しています。最低限、ファンデーションはしておいた方が、肌荒れを進行させずに済む場合があるのです。しかし肌荒れ時のメイクは、やはり軽めで肌に負担をかけないものにする方がベターでしょう。

肌に優しいファンデーションで挙げられるのは、オイルフリーのものです。油分は毛穴をふさいでしまい、肌の皮膚呼吸を妨げます。化粧落としをする時も強めのクレンジングを使わなければならず、ダブルでお肌に良くありません。

Fotolia_113404619_Subscription_Monthly_M

ファンデーションでオイルフリーといえばミネラルファンデーションですが、水と石鹸で洗顔するだけで落とすことができる優れものです。また、美容成分がたっぷり入った美容液型のファンデーションも、何層にもベースメイクを塗り重ねる必要がないのでお肌に優しいと言えます。その他、日焼け止めだけでベースを整えるなど、いつもより軽めのメイクが肌荒れ時のメイクとして適しています。

用途に合わせてコンシーラーをチョイスしよう

7_3

人に見せたくないものをうまく隠してくれるコンシーラーですが、肌が荒れている時は使わない方が無難です。コンシーラーのカバー力はとても優れており、その優れた力故肌に負担をかけてしまうからです。

しかし、どうしても肌荒れを隠したい時は、用途別や場所別に使い分けると余分な場所にもファンデーションを厚塗りしなくて済みます。
ニキビや小さなシミなど小さな箇所を効果的に隠したいなら、ペンシルタイプのコンシーラーを使うと良いでしょう。シワなど少し大きな範囲にはスティックタイプのコンシーラーが適しているかもしれません。

目の下のクマなどにはクリームタイプのものを選べばクマとそれ以外の部分の肌の色の違いがほとんどわからなくなります。 また、リキッドタイプのコンシーラーは、強力なファンデーションとして広範囲をカバーできます。いずれにしてもコンシーラーを使用した後は、できるだけ早くクレンジングで落とすようにしましょう。

肌荒れ時の「やり過ぎメイク」は絶対NG!!

7_4

コンシーラーや効果が高いファンデーションは、使用すると肌の問題を隠してくれるのでついつい多用してしまいがちですが、特に肌が荒れている時の塗り過ぎはNGです。

 

akiさん(@chu.0327)が投稿した写真

また、コンシーラーなどは使いすぎると肌に悪いだけではなく、自然なお肌に見えなくなるという視覚的にも良くない効果を発揮してしまいます。

私たちの目は自然のものと人工的で不自然なものがパッと見である程度分かるようにできています。メイクをしている本人は長い時間鏡を見過ぎていて感覚が麻痺してしまっていることが多く、なかなか自分で気づくことはできませんが、他人から見たらメイクのやりすぎは一瞬で厚化粧と思われてしまいます。厚化粧をすると年齢が上に見られてしまうこともあるので、あらかじめ注意しておきましょう。

肌荒れの時にはお肌を労わろう!

肌荒れが悪化すると隠したくなるかもしれませんが、やはり隠そうとすればするほど悪化してしまう傾向にあるようです。ミネラルファンデーションやコンシーラーなどのアイテムをうまく活用して、肌荒れの時にはお肌の負担を軽減してあげるように心がけましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
肌荒れでメイクできない・・・どうしよう!そんな時注意すべきことまとめ◎

この記事が気に入ったら
いいね! しよう