美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

【お医者さんから学ぶ】やさしい脱毛教室
2016.06.10
Loading

レーザーは効かないってホント?産毛・薄い毛の脱毛

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    80
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
レーザーは効かないってホント?産毛・薄い毛の脱毛

顔や背中などの産毛が気になることはありませんか? 普通の毛ならまだしも、産毛の処理にまではなかなか気が回りません。「産毛なんて、いっそ無くなればいいのに…」と思うこともあるでしょう。 実は、産毛の脱毛は可能ですが、いくつか注意点があります。正しく知って脱毛しましょう。ここでは、産毛がなくなるメリットをご紹介します。

明るく見える?顔の産毛の脱毛効果

まず、顔の産毛を処理した場合、産毛が生えている時と比べて顔が明るく見え、若々しい印象を与えることができます。また、肌に当たった光を反射できれば、毛穴や肌荒れが見えにくくなります。産毛がない方が光を反射しやすくなるため、肌を綺麗に見せることができるのです。


ムダ毛がなくなることで雑菌の繁殖が抑えられ、ニキビができにくくなることもあります。最近では男性でもファンデーションなどを使ってメイクをする方が増えてきましたが、顔の産毛がなければメイクが肌に密着するので、化粧のノリがよくなります。

産毛はレーザーで脱毛できる?

産毛を脱毛することは可能です。しかし産毛といっても色の比較的濃いものから赤ちゃんの毛のような白いものまで様々あり、それぞれ脱毛施術の効果が変わってきます。 まず、レーザー脱毛はエステでの光脱毛よりも効果が高いです。しかし医療・エステ問わず、光線を使用して行う脱毛は、黒い細胞に作用して脱毛を行います。そのため、産毛に対する脱毛効果は黒い濃い毛に比べて低くなってしまいます。そのことを念頭に、産毛の脱毛は行いましょう。

その他の方法

ここまで紹介してきた方法の他にも、ハイパースキン法ニードル脱毛という手段もあります。ハイパースキン法は、毛周期の休止期の間に特殊な光を照射して、発毛因子(バルジ)を減らします。ニードル脱毛は、毛穴1つ1つに針を刺して毛根に電気を流すため、どんな色の毛であっても脱毛することができます。


どうしても産毛は広範囲に生えているため、毛抜きで処理するのは大変ですし、カミソリで剃るのも不安です。カミソリで剃毛すると、毛の断面積が大きく見え、結果的に毛が太くなったような印象を受けます。また、間違った方法でカミソリを使い肌を傷つけてしまうと、肌を守るために毛が濃くなることもあるようです。

今では、顔にも使える脱毛のためのクリームやパックも売られているので、毛抜きやカミソリに抵抗のある人は、こちらも試してみることができます。

とはいえ、毛の処理が面倒だという方は、一旦専門家に相談をしてみては、いかがでしょうか。特に顔の肌には負担を掛けたくないと思いますので、少々面倒な脱毛とはいえど、慎重に行いたいものですね。

リゼクリニックでも顔の毛の脱毛を行っております。
気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。
♡リゼクリニックの顔脱毛について知りたい方はコチラ

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
レーザーは効かないってホント?産毛・薄い毛の脱毛

この記事が気に入ったら
いいね! しよう